FC2ブログ
夏休み②
 前回の続き。メインは横浜アリーナでの小田和正「今日もどこかで」。

 14時頃店を出て、徒歩でアリーナを目指す。今回、初めての小田さんのコンサートということで、気合を入れてアリーナ近くのダイワロイネットホテルを取ってしまった私。だって、その帰りに電車に揺られて、現実に戻るのなんか絶対嫌なわけで、、。

 七時の開演まで時間があって、その間喫茶店で時間をつぶしてだべったりしたけれど、ここは中略。

 18時半頃、アリーナ入り口へ向かう。クラシックやジャズのコンサートはよく行くけれど、こんなに大きなホールでコンサートを聞くのはまだ二回目。なぜか緊張する。でも、客の年齢層が高くて、妙に安心する。馬○なガキ共がぎゃーぎゃー騒ぐようなのは一番避けたいところであるが、さすがの客層。落ち着いてて、マナーがいい(と思う)。たまに、自分と同じ位の若者もちらほら。中学生くらいの人もいて、妙に微笑ましかったりもする。

 入り口で、「カメラはありませんか?」と聞かれ、全くそんなこと聞かれるとは思わなかった自分は「はい!あります!」と素直に答えてしまいました。半券をもらって帰りに取りに行くことに。

 中に入ると、シンプルなステージ。モニターが円形に並んでいるのは、こういった大きなホールには必須なんだろう。しかし、なんと用意された席は、アリーナセンター席16ブロック。モニター無しで顔まで見える、、。先輩ありがとう!!!

 曲は、恥ずかしながら3分の1位わからない、もしくは何となく聞いたことあるかなぁ、という感じ。のっけはメドレー調に始まったのだけれど、『こころ』からピンとこない。何よりも、生の小田さんが近くで動いている!という感激で耳に歌があまり入らない。大きなスピーカーを通じた小田さんの声は、もちろん、全部その場限りの、生の声なのだけれど、正直にいって特に感動するわけではなかった。それはあのサイズの空間の端のお客さんをも楽しませなければという当然の設定であって、バックとのバランスも曲によってははっきり言うけれど良くない部分もあった。
 それは、たまたまだろうけど途中のトークにも表れていた。「本当はもっと小さいところでやりたいんだけれど、、」あぁ、そうだろうなと思った。でも次の瞬間、「だって(小さいところだと何度もやらないといけなくなるから)疲れちゃうんだもん」(括弧内は筆者の予想で補足)。爆笑。小田さんの毒気のあるトーク、とても楽しかった。

 中央のステージから、こちらから向かって右側に伸びる脚のような花道を通り、さらに折れる節の様な場所で二曲、歌ってくれた(その後反対側でも)。本当に、目の前だ。その間、わずか2・5メートルくらいだろうか。カトゥーンの話をしたり、トークも。あまりにも近いから、無意識だったろう、右に思いっきり体を向けているわけだけれどせっかく目の前にいるのに左上に聳えるスピーカーから来る声が邪魔に思い左手で耳を覆って、小田さんの生の声を必死に聞こうとしていた。実際、ところどころでだけど、聞こえた。本当にわずかだけどディレイがあって、CDで聞くよりも、スピーカーを通すよりも繊細な声が聞こえた(周波数の関係で高い部分だけが聞こえたのだと思う。それよりも低い声は聞き分けられなかっただけと思われ)。しかしあのサイズの音響設備であると、生声があの距離であの程度聞こえるということが、果たして声量があるといえるのかいえないのか、スケールの非日常さに全く答えが自分の中で落ち着かない。

 小田さんは、よく走る。本当に60か。『キラキラ』で一階フロア上層席に乱入(笑)歌いながら一周する。道はあらかじめ想定しているのだろうけど、通る道筋のお客さんがよけなければならないほど、道なんかなかったりする(ように見えた)。間近の人は、皆小田さんに触っていた。最初のメドレーが終わった辺り、トークの第一声に「己の配席を呪い、、(中略)来てくれてありがとう!(以下略)」という言葉があった。皆笑っていたけれど、やっぱり遠くの席の人に、一万人の人のなるべく多くに顔を見せたい、という思いがあるから無茶に見えることもするんだろうな、と思った。

 残念ながら知らない曲も多かったけれど、とても楽しかった。アンコールも何回も出てきてくれて、コミコミで22時位よ、と言っていた先輩(何回もコンサート行ってる)の言葉をうれしく裏切り、アンコールを6曲(確か)歌ったら、22時をすでにまわっていた。

 あっと言う間の三時間を堪能して、ぼんやりと外へ。自分はすぐのホテルだけれど、先輩を一応駅の方まで見送る。こんな良い席を自分になんて他に行く常連さんがいたんではないかと勘ぐったけれど、ひょっとしたら思いがけず余ってしまっただけなのかもしれないけど、この恐らく一生忘れない一日をくれた先輩に言葉にできない感謝。どんなお礼をしたら見合うんだろう、そんなことをずっと考えています。

 クリスマスの約束、みたいなライブがあったら行きたいなぁ(誰だってそうだわな)。 
 
  

人気ブログランキング【ブログの殿堂】
 
スポンサーサイト



テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

【2008/08/16 23:51】 | 音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<音楽の聴き方 | ホーム | 夏休み① >>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kogumamonolog.blog107.fc2.com/tb.php/93-b598f942
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |