FC2ブログ
コルティーレ茅ヶ崎:結婚式場
 友人の結婚式へお呼ばれしたので行ってきました。もう何日も経ってしまったけれど、とても良かったので書きます。

 場所は、神奈川県は茅ヶ崎にあるコルティーレ茅ヶ崎。
http://www.h-wedding.com/cortile/index.html
 送迎のバスが出ているというが、その後の予定を考えて車で行ってみた。茅ヶ崎駅から少しばかり離れていて、茅ヶ崎に住んでいる知人はあの辺はちょっと不便だねぇ、なんてことを言っていたので少し心配したのだけれど、案の定本当にここでいいのかという新湘南バイパスの高架下にもぐりこんでしいまった。恐る恐る進むと、あれかな?という建物を見つけると同時に、何も合図をしていないのに、傘を手にしたスタッフさんが近づいてくる。駐車場は向こうだ、というサインをするので、停めにいく。すると傘を持って車のそばまで来てくれる。これだけでずいぶんとサービスがいいなぁという気がしたものだ。

 これくらいなら、まぁどこでもやってる、という安易な感想でいたのだけれど、それはいい意味で裏切られた。ずぅっと、そのサービスの良さは続いた。今まで15回ほど友人の結婚式に出席してきたけれど、そのサービスでいうとトップ。今回で確信したのは、時間に追われるホテルは最悪で、こちらの様に独立して、ゆったりと過ごせる式場にすべき(する予定はないんですが。。)だということ。ホテルの式場は、一日に何組も相手にしていて、常に給仕も時間に追われている。料理一つ運ぶのにも、早く食えよ!という雰囲気が全身から出ているのを大抵感じる。席を外しっぱなしにしている人がいると、まだ手のついていない皿を押し込みながら次の料理を義務的にテーブルに乗せていく。こんな光景が今までは当たり前だった(桜木町の某○○、新宿の○○ホテルであっても!)。
 でも、ここは違った。茶髪の兄ちゃんだろうと、常に作り物ではない笑顔で、どんな質問にも物腰柔らかく接してくれる。これには、多少のサービス業の経験のある小生は、本当に頭の下がる思いがした。単純に、すごいなぁと思った。

 あいにくの悪天候で、綺麗な中庭?は使えなかったけれど、料理のおいしさに、そんなことはどうでも良くなった。自分で選べるメニューが豊富で(前もって葉書で指示する)、ビールからハイネケン、ヒューガルテン、ギネス、色々選べる。ブランデーやスコッチも(あったと思う)、給仕さんに言えば、笑顔で運んでくれる。これがホテルだと、急いで皿を下げたり料理を運ぶ人を捕まえて、注文することになるから、俄然ぶっきら棒な対応なんですよ、経験上。そしてほぼかしこまりました、といいつつ大抵一度は忘れられる(わざとだと思う)水ください、の注文。ここではそんなことはありませんでした。
 茅ヶ崎という土地柄からか、魚介類のまぁおいしいこと。大きなホテルでは解凍しました感たっぷりの食事も珍しくないが、ここは一品づつ作ったことが食べればすぐにわかる。

 挨拶をしている人が時間の関係で短くと言われている云々、と話していたのを聞いて、あぁ、ここも時間がしっかりあるんだ、と途中で気付いた。しかし、時間に追われるような感じは、少なくとも式場側からは全くわからなかった。かなり、余裕をとってやっているのではないだろうか。

 淡々と感想を連ねたけれど、自分がやるならば、本当にこういう所がよいなぁ、と思った次第。でも辛いのは呼ぶ仲間がかぶっているので同じところではしづらいところ。あーでもそんなことの心配の前に相手、か。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】
 
スポンサーサイト



テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

【2008/07/13 00:56】 | 雑感 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ドイツ料理屋 | ホーム | リーデル:ワイングラス>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kogumamonolog.blog107.fc2.com/tb.php/88-f2521dfb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |