FC2ブログ
AKG(アーカーゲー)を買いました
 AKGのK314Pを購入しました。

 HI380014-2.jpg

 以前使っていたK14Pが二年近く使い大分疲れている感じ?がしたので選手交代。珍しく家で、CDで聴かずにポータブルでジャック・ジョンソンを聴いていたら、右側に違和感が。特定の低音が鳴るとどうも共鳴しているのか音というよりも振動に近いはっきりしたものを感じる。翌日、通勤途中に同じ曲を聴くが、ボリュームを上限近くあげないとわからない。車とか低音成分が強くてかき消されているんですかね。
 気になるのは、いつからこうなっていたのかさっぱりだということだ。曲によって(クラシックとか)は、まったくこのような現象がないので、単なる故障なのか以前からこのCD・曲に対してだけこうなっているのか今もわからないが、通勤で歩きながら、時には小雨の中、酷使したのでお疲れ様。後輩に試したいという人がいたので、ゆずってみた。彼はいたく気に入ったらしい。

 さて、値段的にも少しグレードアップした314P。「ならし」であるエイジングをしないといけないらしいのだが、まぁ要は聴けばよいのだろうと、気にせず使う。
 現在20時間ほど使っているが、初期の感想としては、非常にいい。まず、よくAKGイヤホンによく言われる低音の物足りなさが、あまりない。K14Pではまったくあてにできないほどの低音だったのだ。エレキではなく、コントラバスの音は壊滅状態だったのだが、音量はそこまでではないものの、歯切れの良さを感じる。さほどボリュームを上げなくても、シンフォニーでの刻みがJR東京駅ホーム(東海道線)で聴こえてびっくり。
 また、全体のバランスはちぐはぐ・バラバラに聴こえる。慣れてくるとまとまるのかもしれないが、立体感・解像度が高いともいえるのかもしれない。特に金管の響きはよい。ブリブリした音圧の高い金管らしい音が、非常に鮮明に聴こえる。生演奏では金管は角度が合うと、客席にいて体に振動がくるのだが、それを思い出させる位のブリブリ感だ。ちょっと浮きすぎる位で金管が鳴ると音漏れがしまいかボリュームが気になる。
 音質に影響があるということで、途中についているボリュームコントロールを外す処置をする人がいるみたいだが、外で聴こうというのにどれだけの音質を求めるんだろう、、。私はこれ、相変わらず重宝してます。構内放送などがあると、サッと音量をゼロ近くにできる。MAXを基本にしておけば、すぐに同じボリュームに戻せる。

 K14Pの時はあまり気にならなかったが、このK314Pに関しては、スポンジをつけた方が具合がよい。(若干耳に合わないので、スポンジを付けた時にしっかりフィットしているだけ、という可能性も高い)低音に一層の締りが出る。

 残念ながら、ジャズやボーカルでは、さほどの違いというか、進化を感じられなかった。しかしそれでも、ピアノの音が肉感的に響き、粒に表情が出ていて、素晴らしい。やはり音が多いクラシックで、力を発揮するように思った。

 情報として載せると、現在はM1GB5という、ケンウッドでも一番下の旧モデルを使用してます、。まぁ少なくともipodよりはいい音がしますが、せっかくなら評判がいいというメディアケグシリーズにこちらもグレードアップしたいところであります。。あぁ年に一度の四月昇給、沢山して、、(切実)

 
K314P。私はブラック^^

 
せめて、、30Gでいいからほしい、、


人気ブログランキング【ブログの殿堂】
 
スポンサーサイト



テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

【2008/04/20 23:44】 | 音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<フライパン購入。 | ホーム | 薀蓄本の中身>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kogumamonolog.blog107.fc2.com/tb.php/73-529f0dc2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |