FC2ブログ
アヴァンギャルド使用感想♪
 前回書きました、ステッドラー社のアヴァンギャルドの使用感想です。

 まず、総じて評判がいいです。会社ではボールペンにこだわっていると思しき人があまりいないので、クールなブルーが見えると、その人の目がぱっとペンに移るのがわかります。またペンに目もくれずに赤と黒のボールペンを使い分けた時は、普通のペンだと思った人には驚きだったみたいです。だって細いんだもん。

 出したい種類の表示を上にして、ノックするとそれが出るので、中に重りがあってペンを回すとどれを押し出すかそのつど重りが動いてロック?するのでしょう、カチャッカチャッと小さな音がします。それがやや気になりますがまぁこのペンの能力ですから仕方がない。気に入らないところをしいて言えば、ノックする部分が長すぎること。もう少し短かったら最高なんですが。バランス的に出すぎなんですよねぇ。

 
女性に人気だという、「アヴァンギャルドライト」(蛍光ペンがないだけ。3in1)も、写真はノック部分は短いですが、リンク先のペン先収納時の写真を見ますと、やはりやや出っ張っている感が否めません。でも多分ですが複数あるペン種を、確実に押し出して、また戻すには、必要な長さなんでしょうね。その辺はドイツのクラフツマンシップというものを何となく信頼してしまうということで片付けます^^


 そういえば、私は音楽(クラシック)もやはりドイツ好みだし、自分の楽器(コントラバスおよび弓)もドイツ(エマニュエルヴィルファー製)。何か重要なチョイスは無意識的にドイツを選んでいるようであります。
スポンサーサイト



テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

【2008/04/16 23:17】 | 雑感 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<薀蓄本の中身 | ホーム | ステッドラー アヴァンギャルド>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kogumamonolog.blog107.fc2.com/tb.php/71-95f9dca5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |