FC2ブログ
進歩?退歩?
 小田急線内で、朝日新聞の広告を見た。家で読んでいるのだけど、先に電車で紙面組みを変更することを知った。内容は大体以下の通り。文字を大きくして、読みやすく。読みやすさの目安として、ページあたり15段→12段へ変更。それによって、より読みやすい新聞に変わるのだとか。

 http://www.asahi.com/life/update/0217/TKY200802160252.html

 しかし、売り文句はこうだ。「文字を大きく 情報たっぷり」
 最近は春からの紙面のお知らせが一面に出ており、上記のキャッチコピーが印字されている。はて、「文字を大きく」して、「情報たっぷり」とはこれいかに。明らかに情報量は減るだろう。ページ数を増やす、とあるなら別だけど、そんな案内はない。一段11文字を、13文字にするといっても、単純計算で上端から下端までの一列が11×15段=165字から13×12段=156字になるわけで、幅は変えないとのことで約5.7%、ページあたり情報量は減るわけだ。今まで40ページとして、2枚と少し分、文字が減る。
 
 文字が減るとは、記事が減るということだ。その分、浮くモノがあるということで、流行りの実質値上げとしか思えない。



 一方で、昨今の新聞を取り巻く環境は悪化するばかりだ。若者の新聞購読率は1%という。確かに、似たニュースはほとんどネットで見られる。ためしに新聞で見た記事を検索すると、関連記事がわんさと出ることもある。いつだかのテレビで見たが「ネットで見れるのになぜ新聞がいるか」ということを新聞を読まない若い人が言うのはもっともだ。

 しかし、だ。そのネットで見られるニュースを、君が判断して必要な分を本当に選択しているのか。できているのか。これは想像だが、トップニュースをみて、気になる記事をクリックして、あとは芸能ニュースとかを見ているだけではないのか。独禁法改正案が云々、などと容易に表に出ない記事をいちいち検索して探しているというのか。
 少なくとも、それを生業にしているプロの編集者が、恐らくはその社のポリシーに照らして必要な情報を取捨選択しているのが、私も含め大多数の人のそれと比べて劣っているとは思えない。たまに突っ込みを入れたくなる記事もあるけれど、少なくとも頭を使わず(使えず)ネットで十分とのたまう連中とは大分差があるんじゃないか。
 もちろん、情報の選択が出来る人は、ネットほど便利なものはあるまい。特にトレーダー屋さんなんかは情報の選び方、買う先も違うだろう。

 だから、何事にも上達、深化するにはある種の強制が必要だと思う。自分ではそもそも現状以上のことができないのだから、理解できないまま取り組む部分が多数あるのは当たり前なのだし。よくわからなくても、今使えなくても、後でようやく実を結ぶことは本当に沢山ある。楽器でも、スポーツでも、基礎をおろそかにする者に先はない。練達の域に達しても、基礎練習は欠かせないものなのは枚挙に暇がない。後でやっぱり辞めた、とはいつでもできるのだから、少なくとも今は準備だと思って勉強しよう。

 と、自分にも言い聞かせて。放浪は続く。 

人気ブログランキング【ブログの殿堂】
スポンサーサイト



テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

【2008/03/09 01:05】 | 雑感 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<松本人志の放送室 | ホーム | キャラクター考補足。>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kogumamonolog.blog107.fc2.com/tb.php/56-f63ee7bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |