FC2ブログ
音楽:KEMURI
 去年の12月9日、KEMURIが解散した。夕べその解散ドキュメントが夜中フジテレビで放送されていた。なんとなくうっすらと知っていて、うっすらと好きだったバンドの、もう解散という節目でその生態を初めて見たわけです。
 
 いやぁ、後悔。レコーディングでも、ライブの映像でも、演奏の水準が高いと感じた。大抵のバンドはCDで無理をしすぎていてライブを見るとがっかりするものだが(本番というノリは楽しめたとしても)ここは違うなぁという感想。ボーカルの伊藤さんの一本筋の通った声。あくまで曲や音楽が中心でそれが損なわれる様ならパフォーマンスなんてなくてもいい、という感じ。
 
 いうまでもないけれど今の音楽はファッションとビジネス抜きには成り立たないというかもうそのものであるわけで音楽本体とは別の部分で人気を取る。だからラジオや何かで曲だけ聞いて(演者を見ない)本当に同じ評価が下されるかどうか想像してみると時間の洗礼に一ヶ月で消えるか一年は耐えそうか感じ取れる。だから少し時間が経ったところで(メディアやネットでの騒ぎがない状態で)改めて聴こうとするのが自分のスタンスなのだけれど、KEMURIに関してはリアルタイムで聴いていたかったという若干の後悔が生まれた。あの歌っている姿や表情やステージを見ないで、同じ様に好きにはならないだろうから。

 なんだか矛盾を抱えたままの様な文章になってしまったけれどもこのままにしておきます。安易なポピュラーミュージックに対する嫌悪というか何某かの疑念が拭えなくても、何とか希望を持ちたいというか、本物がどこかに偽者に紛れながらあってそれを何とか捉えたいという感情は常にあるんです。色んな音楽に色んな良い、があっていいと思うのですが。

 漂流は続く。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】
スポンサーサイト



テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

【2008/01/21 00:30】 | 音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<丸の内歩いてきました① | ホーム | 新聞の印刷>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kogumamonolog.blog107.fc2.com/tb.php/42-b9ecd990
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |