FC2ブログ
3000万冊デジタル化!?

 いやはや。びっくりしました。(リンク参照)
http://www.nikkei.co.jp/news/seiji/20080107AT3S2803907012008.html
http://www.ndl.go.jp/jp/aboutus/digitalguide.html

 国会図書館にはISBN番号が付与され発行される全ての書籍が保存してあるのは周知の事実ですが、おそらくこれらを指して、デジタル化してネットを介して読めるようにしよう、というびっくりニュース。今まで通わなければ見られなかった本が、特に地方の方にはたまらないでしょう。

 しかし、著作権類はどうなるのでしょうか。またこれらを例えばPDFやBMPで提供するにしても、本から起こす作業は誰が、、。もうマイクロフィルムとかにしてあるのかな。さすがにこれは支持率の高い事業でしょうけれど、また天下りやら、なんやらしっかり監視していかないと大変なことになりそうな気が。なんだか利権の臭いがどこからともなく、、、

 これを書いていてぱっと思い出した。確か日経ではなかったかと思うのですが(ソースがはっきりしなくてごめんなさい)マイクロフィルムの表面が溶けるという事故が発生し、重要情報の管理に重大な危険が迫っている、ということでした。日本は現在主流のPETベース?に転換するのが遅れ、大部分のフィルムが古い型なんだそうですよ。その記事では確か表面に傷がつかないようにとビニール袋に入れたのが致命的だったとかなんとか。
 CDも、発明時の経年記録用の盤から記録部分である膜が剥がれたとかいうニュースも去年あたりあったような。まだ30年位でしょ、、。メディアの耐用年数はまったくあてになりませんね。非常に怖いです。
 
 個人のデジカメ写真ならまだいいけれど国家に関わる様な情報が読み出そうとしたらダメでしたなんて洒落にならない。情報保存研究は1970年頃にはアメリカではもう始まっていたとかで、日本は本当大丈夫なんでしょうか。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】
スポンサーサイト



テーマ:みんなに知ってもらいたい - ジャンル:日記

【2008/01/08 01:16】 | | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<クラシック音楽 | ホーム | STACEY KENT>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kogumamonolog.blog107.fc2.com/tb.php/38-98a59379
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |