FC2ブログ
奨学金報道に思う
奨学金の返済が、低収入のため滞る人が増えており、現在学生である人達が信用情報などが傷つくことを問題視し行動を起こしたりしている、というニュースを近年見かけます。

数百万にも上るカネを、何の財力も無い学生に貸してくれることの有難さが理解されていないことにまず驚きます。返せない、と思うのならば借りなければ良いだけ。海外では「学生ローン」という名前で同様の問題が起こっているわけですが、内容を把握せずに「奨学金」という名前だけで後先考えずに金を借りているのだとすれば愚かとしか言いようがありません。返済方法は明示されているし、借りたものは返すということなどは、大学に進むべきオツムのある人間なら当然に踏まえておくべき常識でしょう。
それが無ければ大学に進めないというのであれば、違う選択肢を検討すべき、ただそれだけ、、。なぜ、こんなニュースが成り立つのか全く不思議でならない。


私が就職活動をしたのは、「就職氷河期」が当たり前すぎてもはや誰も氷河期などとは言わない2000年だった。特にこれと言った目標も持たずに学生時代を過ごしてきたツケが回り、就職活動は失敗。思うような結果を得ることはできなかった。
結局、最初に就職したのはレコード会社で、バイヤーだった。(強味が生かせる職場ではありましたが)

当時は全員がアルバイトで、時給は850円。六大学を出ようが、一流企業で働いてきていようが全員850円。フルタイムではあり、残業も数時間までは出ていたが、手当が付き手取りで13万程度。生活はもちろん楽ではないが、数百万の借金を、金利1パーセント台で月額14000円程度で返済させてくれることはとても有り難かった。もし、「お前が返済する金をすぐに後輩たちの奨学金に回すから同額(月額45000円程度)ずつ返せ」、と言うルールだったら、まったく困窮していたと思う。

就活に失敗すれば、私の様に次を狙いながらでもバイトをしたりするしかないでしょう。でも実際その程度の収入でも返済は可能です。
またバイトをしまくったり、夜間学校や新聞奨学生を選択するなど手はいくつもある。結局、苦労をしないで通いたい、バイト代は遊びに使いたいと言いたいのか、、と勘繰ってしまう。

大学全入時代だからこそ、入る大学の選択はこれまで以上に重要になっている。自分にとって、相対的に競争力のある大学に進めそうにないのであれば、先に仕事を始め一歩先を行く(自分に対し、遅れをとらない)という発想は決して間違ってはいない。

社会に出る前も、出た後も競争相手は自分です。
スポンサーサイト



【2016/01/18 23:19】 | 仕事 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<オケに入ろう、、! | ホーム | 日本の企業と外資系の考え方の違い③>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kogumamonolog.blog107.fc2.com/tb.php/323-bfe0548b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |