FC2ブログ
インバル@みなとみらいホール
インバル・都響のマーラーチクルス、第一期最後の第五番をみなとみらいホールに聴きに行きました。

何という演奏に立ち会ってしまったのか、というのが感想です。

冒頭のTp、指揮をするインバルと完全にシンクロしている。ここから、予感はあった。金管はすこぶる好調、統一感のある、力みのない八分の三連符が曲を推進していく。二楽章、四楽章はテンポが早め、アダージェットは人によっては物足りない感じもあるかもしれないが私には丁度よい。演奏はほぼ70分だったように思う。感動し過ぎて終わりで時計を見た記憶が曖昧なのです、、。

前半のリュッケルトでもオーボエダモーレの演奏は抜群だったが、後半の五番でも印象的なソロを聴かせる。演奏会を通して私がブラボーを贈りたいのはオーボエグループ。

しかし何と言っても五楽章。ここまでの楽章のエネルギー感からすれば一段の盛り上がりを期待するも、疾走感のある実に軽快・軽量なもの。あれ、、と思っているとどっこい、徐々に疾走感は増しつつ質量が増大して行く。もう崩壊が頭をよぎるテンポですらある。しかし、ぶれない。圧倒的な勢いのまま、いつもの唐突なほどの終結が我々を直撃する。

これは、ひょっとして数多の演奏の中で決して埋もれることのない、歴史に残る演奏だったのではないだろうか。言い過ぎてしまっているとしたらこれを生で聴いたことの衝撃が自分には多分強すぎることもあるのかもしれない。


このチクルス、みなとみらいは初日でないことが多く、両方聴いている人からは二日目の方がよい、と毎回聞く。明日の芸劇は行けないが、初日がこれでは一体どんなことになるのか、、。このチクルス毎回録音しているオクタヴィアさんには期待寄せざるをえない!


曲が終わったとき、感動で涙が少し出ました。音楽を聴いて泣く、というのは人生で二度目。一度目はやっぱりマーラー(笑)バーンスタインの三番でした。

こんな風に感じ入れる曲がもっと増えたら嬉しいのに、鈍い自分はなかなか広がりません。いや、少しでもあることは幸せと考えるべきでしょうか。



シリーズ後半も期待している!という人はポチお願いします
 
スポンサーサイト



テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

【2013/01/19 23:27】 | 音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<しじみ汁 | ホーム | 買い物>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kogumamonolog.blog107.fc2.com/tb.php/299-a7255a7e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |