FC2ブログ
ノアの箱舟
もう二月の話なのですが、こんな記事が日経にありました。
「北極に種子の大冷蔵庫」と題したもので、種子を保存するための天然の巨大冷蔵庫の完成予想図とともに掲載されていて、ノアの箱舟を思い出した。

 後者では、作物ではなくて、生き物そのものを箱舟で大洪水から守ろうとしたわけですが、これはその生き物を助けるために危機的状況にある(らしい!)世界の貴重な「遺伝資源」を守り、将来の環境変化に備えよう、というもの。あ、結局人を守るために種子を守るのだから同じなのか。

 で、こんなページがトップに来たのです。
http://www.juno.dti.ne.jp/~tkitaba/agrifood/agriculture/news/06062001.htm

 農業情報研究所という(初めて知りました)機関のHPで、同じ内容を報道しているものと思われるのですが、これ、2006年の6月の記事なんですよね。いろんな理由や事情があってのこととは思いますが、すでに去年の6月に新聞よりもずっと詳細に、アップしているHPがある一方で、約10ヶ月後にようやく全国紙が報道している。

 ある種当たり前なのだけれども載せる情報はつねに限られるし追いかけきれないのだけれども、持っているネットワーク、ニュースソースによって、情報の伝達が同じ日本国内にいても、これだけ違ってくると思うと、常日頃思い続けていることだけれど情報の鵜呑みは怖いなぁと改めて実感するのです。新聞読んでれば新しい、なんて嘘っぱち。もはやネットが進化した今、「新」という単語は訴求力を急激に失っていますね。「遅聞」であっても異論はないでしょう。厳しいか。。

 戻りますが、前述のような箱舟を作らなければいけないことがすでに嘆かわしいことなのですよね。ひとつひとつ、環境改善に努力しましょう。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】
スポンサーサイト



テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

【2007/09/11 02:00】 | ニュース | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<BMW | ホーム | Mustafa Ozkent>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kogumamonolog.blog107.fc2.com/tb.php/27-5060d539
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |