FC2ブログ
ドンナ・セルヴァーティカ@渋谷
 渋谷にあるバー、ドンナ・セルヴァーティカに連れて行ってもらいました。

 http://r.tabelog.com/tokyo/A1306/A130601/13100624/
 
 いまや予約無しには入れなくなってしまった屈指のうなぎの名店、『かぶと』(池袋)の常連さんであった先輩が、やはりその常連であって一級建築士でいらっしゃるマスターがこのお店を開店されて以来ハマっているとのことで紹介してくれました。そういえばかぶとにもこの先輩に連れて行っていただいたのでした。


 渋谷からしばらく歩く。どこでも喧騒は嫌いだけど、特に渋谷のそれは好きではなく先日のコンコンブルのように特別な用事がなければこない。
 人が少なくなったかなぁ、と思ったところにある。タワレコを抜けて、消防署のすぐ先。エレベータで上がる。

 ぽつん、とした一室に広がる落ち着いた空間。お酒が棚に並んでいなければ、お洒落なセレクトショップかと思うような内装と家具。

 メニューを見るとコニャックがやたらと豊富。それもそのはず、マスターは日本コニャック協会の方なんです。僕の会社で扱うレローもあったにはあったが、1950年の超ヴィンテージもの。これもそうだけど、ショットで6000円を超える様な酒が普通にある。一方で1000円以下で楽しめるグラスものもしっかりあるので一応安心。

 お酒がありすぎて一先ずハイボール(笑)
 プロシュット・ディ・パルマ/イタリア マッシモ・スピガローリ氏謹製(確か)の溶けるような味わいを楽しみ、付け合せの『かいじゅうや』のぶどうパンやお店のウリであるチョコレートなどを頂きながらお酒が進む。

 美味しかったのはカルヴァドス。Victor Gontiez/Vieille Reseve。さっぱりと飲みやすく、重くなりがちなカルヴァドスを洋ナシの爽やかな香りがフォローする。AOCドンフロンテというらしく、30%は洋ナシを入れなければいけない製法だとか。

 そしてジャン・フィユーのレゼルヴ・ファミリアール。ぐわっと鼻を押す濃厚な香りとそれに見合う強いアルコール。安いのでよく飲むレローと全然違う、、。時間が経った時のまろやかさがまたたまらない。もっとうまく言葉にできたらいいな、、。
 
そしてちょっとびっくりしたのが『真澄』の七番酵母を使ったノルウェーのビール。ちょっとお高かったですが美味しかった。もはやこれはビールではない。エールっぽい色合いだが、ふわっと広がる甘さと高いアルコール感が不思議な味わいをもたらす。ビール酵母を使っていない関係で度数は17度。ゆっくりと飲んで味わうのが似合う高級ビールですね。なんと缶に入っています。
 
真澄


 あまり食事をするお店ではありませんので前もって何か食べておくことをお薦めします。今度はコニャックとチョコを目当てに再訪します!!

 ↓行ってみたいという方はぜひポチお願いします。。
   
スポンサーサイト



テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

【2010/07/20 16:39】 | | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<四つの最後の歌@サントリーホール | ホーム | ストーブス@横浜>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kogumamonolog.blog107.fc2.com/tb.php/260-a0e9d170
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |