FC2ブログ
パヴァロッティ氏死去
 テノール歌手の、ルチアーノ・パヴァロッティ氏が亡くなったというニュースが流れた。71才だったという。

 私は正直あまりオペラを聴かないのだけれど、やはり物心ついた頃にはすでに巨匠で、同時代に生きることができた数少ない歴史に残るであろう芸術家について、やはり感銘を受けざるをえない。この人については、芸術家の人気は死んでから、は通用しなかった。

 日本では、○○や○○などという胡散臭い「テノール」歌手が幅を利かせて中途半端なCDを出し続けているけれども、やるならこの人くらいにやってほしい。最後の方ははっきり言って金儲けとしか思えない三大テノールのコンサートに代表されるミーハーさ。あれで何万人も動員するのだからすごい。一度は生で、、なんて頭のどこかで思っていたら。

 数々の、とても追いかけきれない程の演奏を残した氏だけれど、やはり私は一番聴いた定番、イタリア民謡集を挙げて、再度聴きなおしたい。

 

 何度も何度も品番が入れ替わりながら、デッカのレパートリーから外れることのないマストの歌。パヴァロッティもそうだけれど、イタリア民謡に目覚めた人もきっと多い(と思う)。

 中学生の頃、音楽の時間に見た「アイーダ」は今も忘れない。あの体・声・迫力、外人てバケモノなんだ、、と思った記憶があります。

 謹んでご冥福をお祈りします。
 
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
 
スポンサーサイト



テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

【2007/09/07 00:41】 | ニュース | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<台風一過 | ホーム | 音①>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kogumamonolog.blog107.fc2.com/tb.php/24-6da7548e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |