FC2ブログ
音①
 今日、仕事帰りに住宅地を歩いていたら、一時停止したプリウスが横からすうっと十字路を横切っていった。もう21時半ころで人通りもあまりなく、車もたまに通るくらい。だけれど、初めてあんな静かな場所で遭遇したプリウスは、車が横切ったとは思えないほどの静かさで視界からゆっくり消えていきました。低速なら電気で動くというのは知っていたけれど、あんなに静かだと困りますね。本当に気付かなそうで。

 音といえば昨日、リース会社の営業さんと応接室で話しをしていたら、それまでずっと鳴り続けていた空調の音が突然ぴたっと止んだ。それまでなにも意識していないのに、ああやって止まられると、もう音がしないのにその音の大きさが却って強調されて奥ゆかしい。ただ、いっしょに空気が一瞬固まってこれは困る。

 何かで読んだのですが、人は始めから「鳴っているはず」の音には、驚く程気をとられずにいられるのに、予想外の音が鳴ると、耳障りに感じるらしいのです。まぁなんか当たり前のように聞こえるのですが電車のことを考えると納得させられるのですね。ガタンゴトンいう音がきっと一番うるさくてしかもずっと続くのに、無視して本を読んだりできます。が、とても小さいのにイヤホンからもれるシャカシャカという音は一度聞こえるととても気になるものです。

 話はそれますが最近防音のマンションや、ヤマハから出ている後付設置の防音部屋が人気だそうです。楽器を心置きなく弾いたり、映画や音楽を大音量で楽しむのにもってこいだそうで。お父さんは静かな書斎を手にして悦に入るのだとか。私も楽器を気兼ねなく弾くこんな部屋がほしい、、
 で、最近の技術では、中からみての「完全防音」は可能なんだそうです(逆の、防音室の外にいる人が中の音が聞こえない「完全防音」は私が知らず、不明)。ただし、これはわざとレベルを落として完全にはしないのだとか。あまりに静かすぎると、自分の呼吸音や、鼓動が気になりだして、逆に集中できないのだそうです。安心・リラックスを求めたのに落ち着かなくなるなんて、、。わずかな生活音、騒音というのが余計な音を消してくれているのですね。普段は気にならないけれど。

 音についてだらだらと思いつくままに書きましたが音っておもしろいですよね。また書きたいので①、としておきます。それでは、また。

 人気ブログランキング【ブログの殿堂】
 興味もたれた方は、ぽちっとお願いしますです。
スポンサーサイト



テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

【2007/09/05 00:48】 | 音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<パヴァロッティ氏死去 | ホーム | カラマーゾフの兄弟>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kogumamonolog.blog107.fc2.com/tb.php/23-fbed6b6f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |