FC2ブログ
アンリ・リヴィエール展@神奈川県立近代美術館
 浮世絵の影響を多分にうけ、『エッフェル塔三六景』を創ったアンリ・リヴィエールの初の大規模回顧展に行ってきました。場所は神奈川県立近代美術館の葉山館。本当に綺麗な美術館でした。
 画像はクリックすると大きくなります。。

 


 


 


 リヴィエールの初期のエッチングや、大小さまざまな水彩画など豊富にあり、ほとんどエッフェル塔三六景についてしか知らなかったので作家の全貌を見ることができました。ただ、木版については殆ど知識もなく、独学で道具も開発しながらの製作だったとのことで(日本の道具に驚くほど近かったらしい)暗中模索といった感の完成度の作品が多かった。またフランスの風景にあった感じがしなく、立体感にも乏しくリトグラフの方が圧倒的によかった(実際、現地でもらったチラシを見返してみると、リトグラフばかりが紹介されている)。徐々に木版からリトグラフに移って行ったというのも、避けがたいものだったのかもしれない。
 
 
 しかしそれでも、リトグラフで仕上げたエッフェル塔三十六景の存在感は格別だった。淡い色調で気分が統一された富嶽三十六景への素朴なオマージュは見るものを惹きつける。すべて無かったのが残念ではありますが(ペラ1でもいいから出品リストを置いて欲しかった。作品数のこれだけある美術展で、ないのは初めてでした)。
 実際に製作に使った写真なども並べて、実にわかりやすい展示でした。木版も、構図を明らかに模倣したリヴィエール所蔵の浮世絵も並べていたり。

 日本木版画の巨匠・吉田博の原版を同じくして時間の経過を断続的に描く帆船のシリーズは目を見張った。やっぱり生で見ないとダメです、なんて思うの何度目だろう、、。

 
 朝一で行って、ゆっくり堪能した後、併設のレストランへ。近かったはずのホテル音羽の森に行こうかと悩んだのですがスムーズに移動できなそうな感じがしたもので、次回のお楽しみに。
 その後は誰でも足を運びたくなる散策路を通って海へ。絵になるなぁ。
 
 
 トンビが休んでいて、思わず一枚。光の反射がもう少し右までと、太陽がチラッとはいっていたら良かったのに、。まぶしすぎて携帯の画面なんて見えないんですよね。。
 
 
  脇の小道から海まで一直線。
 
 平日の午前中に行ったので、人も少なく、本当にゆっくり楽しむことができました。鎌倉の方は行ったことがあるのですが葉山は初めてで、中で見た美しい版画の世界が、一歩出ると外にも広がっていて、天気と、作品と、会場の雰囲気と、全てがマッチした感があり、本当に素晴らしい体験でした。


 ↓面白かった、という方はついでにポチ!お願いします!
スポンサーサイト



テーマ:展示会、イベントの情報 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2009/09/26 12:36】 | 芸術一般 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ベトナム料理@キムタン | ホーム | 映画って、>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kogumamonolog.blog107.fc2.com/tb.php/207-39cf15d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |