FC2ブログ
7歳のピアノ・マン
 
 ピアノマンを聴きたくて、youtubeを検索していたら、7歳の男の子が歌う動画を見つけました。
 うまく貼れないのでリンクだけ貼ります。

http://www.youtube.com/watch?v=Xh9amUgJxVk&feature=related

 なんて素敵な演奏なんでしょう、、!僕は思わず泣きそうになってしまった。ややはにかんで、でも堂々と、かわいいアクセントでもって歌います。愛嬌のあるリズムのハーモニカが、一段とこの歌を良く聞かせてくれます。
 多分学校の学芸会のような場所で、最前列にはファンらしき女の子が三人、陣取っています(動画の終わりで、そそくさと離れるのが映っているのでそう考えてもあながち外れではないでしょう。終演とともにすごい絶叫しているし(笑))。歌い終わると、ものすごい拍手を受けて、うれしそうに照れています。
 うまく説明できないのだけれど、この動画から音楽の楽しさというか素晴らしさを改めて感じるわけです。ビリージョエルという才ある人が曲を書いたからこの演奏は生まれたかもしれないけれど、ごく普通の人たちが集まって、ごく普通に演奏をして、それを楽しむという純粋な形がここにはあります(ごく普通といっても、演奏するわけだから何某かの努力や工夫はもちろん必要ですが)。 

 あぁ、自分も早く演奏する場所へ行きたい、、。7歳の子を見てひとりごちるおッさんでした。 
 

 banner2.gif

人気ブログランキング【ブログの殿堂】
  
スポンサーサイト



テーマ:お気に入り&好きな音楽 - ジャンル:音楽

【2009/09/23 03:36】 | 音楽 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<映画って、 | ホーム | またもや、時計が欲しい。>>
コメント
少年の独唱というのが微笑ましいですね。ハーモニカ(ハープ?)を吹く直前に歌いながら穴の位置を確かめるものだから、一瞬マイクで声がひろえなくなる。そんなところもご愛嬌といった感じで。

 ビリー・ジョエルのこのバラッド、リズムはワルツですね。歌詞の中に売れない時代のビリーの鬱屈した心境もうかがえて、ちょっぴりシニカルな内容の歌です。少年が演奏するからそんな毒気も感じさせないんでしょうね。聴衆が暖かく迎えているのもいい感じです。

 高校生の頃にボクもピアノ弾き語りでよく練習してたので、とっても懐かしく心温まるVでした。特に最初のピアノイントロからハーモニカの旋律が入るところ。
【2009/09/24 23:44】 URL | ゴマ #rB5t.UAI[ 編集] | page top↑
 ゴマさんこんばんは!

 コメントに誰かが天は二物を云々と書く人がいましたが決してハーモニカも歌も特別に上手いということは無いと思うのですがなんか聴かせるところがあるのが、僕はギフトだと思います。

 弾き語り、素敵ですね!ピアノ弾かれるんですか。。僕も実はピアノ復活しようとしてまして。好きな曲を習いつつ、コステロのSHEとか、このピアノ・マンとか弾き語ったらモテるだろうななんて下ゴコロ丸出しでなんであります(笑)
 
【2009/09/25 01:20】 URL | こぐま #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kogumamonolog.blog107.fc2.com/tb.php/205-d35738d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |