FC2ブログ
DVDを借りてみた

 以前はレンタルでも週に一本は見ていたものだけど、ここ数年見ていないに等しいくらいだったので、友人が借りたDVDを見せてもらったことはとても久しぶりで新鮮な感覚でした。通販のレンタルでも始めようかなぁ。

 今回見たのは007の慰めの報酬。新作ですね。

 
 ダニエル・クレイグの007を見るのはこれが初めてで、実は今作を見るのに重要な前作を見ていなかったのですが、007はいつもワクワクさせてくれるので結構期待していました、、ハイ、ました。

 なんなんだこの暗さは、、人殺しまくりで、「仕方なく殺します」感がない。復讐というくらいだからしょうがないのかもしれないけど。特に、毎度今回の目玉アイテム、Qが、、いない!!出てこない!!奇抜だけれど、結構実現しそうなハイテク武器がたまらんのに、、格闘もそこまで強くないし、「必死」なボンドを描いたのだろうけど、颯爽としたボンドがいいよう、、。前作「カジノ・ロワイヤル」がストーリーとしては007の一昨目だということですから、新米の007であって、こなれたボンド君ではないよということなのかしらん?

 殺しに長けたツワモノなら、路線違いでジェイソン・ボーン(ボーン・アイデンティティ他)が既にいるじゃないか、、。ハイテクドンちゃんお祭り騒ぎにはミッションインポッシブルシリーズがあるし、。ちょっと立ち位置がふわふわしてませんか?独立した映画としてみるなら、これはこれで有りという見方もあるけど、007としてみるにはどうかなぁ。ルパン三世的な妙に明るい展開が嫌だったという人には嬉しい路線変更か。CIAも把握しない巨大組織の存在がほのめかされながら、この先のシリーズはどうなるのか。
 
 さてボンドガールは、ボンドガールらしい役割が薄い(下品ですみません)。とても綺麗な人だったけどさ。オルガ・キュリレンコ。でも、もっともボンドガールらしかったのは、サブ的に出てくるジェマ・アータートン。この人も素敵でした。全然知りませんでした。

 
 左がキュリレンコ、右がアータートン。

 ところで、キュリレンコの経歴を見ていると、2006年に「LE PORTE-BONHEUR」というタイトルで、ストリッパー役の映画があるんですね。
 
 これの邦版を、007にあやかって一稼ぎしようと「慰め報酬」というタイトルで今年4月にDVDが発売されてるんですねぇ。すごい商売です(笑)なんにせよ、ボンドガールとしての彼女が物足りなかった方は、私はまだ見ていませんがこちらの方が(以下略)


 色々文句書いたくせに、リンクだけは貼っておきます。それでは、また。

 


  banner2.gif

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

スポンサーサイト



テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2009/07/05 04:20】 | 雑感 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<富士山山開き | ホーム | 納豆とオリーブオイル>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kogumamonolog.blog107.fc2.com/tb.php/182-980889b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |