FC2ブログ
やっぱり、くだらなく
 由緒あるピアノコンクールの一つであるヴァン・クライバーン国際ピアノコンクールで、金賞を受賞した辻井伸行さんのニュースがやたらと目に付くので、どれほどのものか気になってちょろっと調べてみた。今、古館が番組で紹介している。

 コンクールとはプロの演奏家を目指す者にとって、登竜門であり、いち早くキャリアを積むためには検討しなければならない重要な活動の一つだ。音楽に点数を付けること自体には批判も多く、その意味するところは良くわかるけれど、それが一先ず存続していられるのは、その優勝や入賞によって、著名な指揮者やオーケストラとの共演の機会を得て実際に大家になる人がそれなりにいるからだろう。

 だから、コンクールの優勝とは若手のこれからを意味するのであって優勝したから何でもよいわけではない(年をくっても名声が欲しくて参加し続ける人ももちろんいる)。強引に例えればインターハイで優勝、という意味であって、全日本選手権でのそれとはまったく意味が違う。そこで目立った活動が出来た人は、スカウトの目にとまり、プロの道に入っていく。

 今回のヴァン・クライバーンコンクールのHPを確認してみると、金賞は二人いるとなっています(tie for first)。
 http://www.cliburn.org/index.php?page=cliburn_competition

中国のチャン・ハオツェンさん(Haochen Zhang)だ。はて、日本のありがたいマスゴミの報道を耳にする限りは、優勝は一人しかいないかのような報道ぶりだ。十数秒ネットを叩いてみたらわかることなんだけれど。そして、CDがバカ売れして、コンサートチケットは完売だそうな。いくらクラシックブームだとか、のだめだなんだと言っても、大勢(たいせい)の日本人の音楽を聴く姿勢とはこの程度である。盲目、というハンディのことなど無視するような態度で報道されるところを見てみたいものだ。すなわちそれが、純粋に音楽を問うているということになるのだから。
 もうちょっというと、アジア初とかなんとかいっているが、最年少(19歳)で一位となったチャンさんの方が、ピアニストとして注目するならば重要でしょう。

 僕はこのニュースを聴いた時、上原彩子の時と同様に感激しました(チャイココンクールで日本人初の優勝さらには女性初のおまけまでついたこちらの方が騒ぐなら大きい騒ぎのはずだが,,,)。周りの大人に流されず、一先ず目の前の収入のためにリサイタルや録音などをしすぎて、ピアニストとして研鑽が積めないようなことがどうか、ありませんように。


 
 今売れているという、辻井さんのCD
 
http://www.bbcmusicmagazine.com/feature/meet-artists/haochen-zhang
 BBCMusic は辻井さんよりもむしろチェンさんのインタビューを単独で載せている。リンク先には、まとめのページに辻井さんが映る。

 banner2.gif

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

 
スポンサーサイト



テーマ:思ったこと・感じたこと - ジャンル:日記

【2009/06/29 23:48】 | 音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<納豆とオリーブオイル | ホーム | アフターダークを周回遅れで読んでみた>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kogumamonolog.blog107.fc2.com/tb.php/179-f52bb4ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |