FC2ブログ
雨の日は
 暑い時にラーメンやカレーを食べたくなるのと同様なのかどうかは知りませんが、落ち込んでいる時や物憂げなとき、ぼんやりと出口が見つからずぼうっとしてしまう時はやはりわざと落ち込んでいく様な音楽を聴くのが自分は大好きです。

 そんな状態から早く抜け出しても、問題は勝手に解決したりはしませんし抜け出したいと思うことは正確に自分と対峙することにならないと偉そうに書いてみます。いわば内省へのお供・道しるべとなるのです、、。

 
 

 
 絶対に手放せないそんな気分を最大限に照らしてくれる一枚。マルタ・アルゲリッチのバッハ集。80年の一つの最盛期、唯一と言われるバッハ録音は彼女の情熱が熱した鉄よろしく見かけ以上に滾っている。過剰の表現には陥らず、しかしバッハに似つかわしくないほどに艶っぽく熱がほとばしり、バッハのクールさとアルゲリッチの情感がぶつかる。 

 トッカータハ短調・パルティータ2番ハ短調・イギリス組曲2番イ短調と短調だけで構成されていて、飛ばして聴いても気分が損なわれなく、曲集を聴き続ける様な窮屈さは皆無。誰にでもお薦めできる絶対の内容です。

 あ、雨の日に聴くのも、とてもスキです。オススメです。ピアノの音の粒が、雨音と並んでハモってくれる様で、雨足が強ければ強いほど、一緒にボリュームを上げて、楽しくなってきます。最終的には雨音だけでも聴いていられるようになってしまったのですが、ちょっと危ないですかね(笑)

 
 banner2.gif

人気ブログランキング【ブログの殿堂】


スポンサーサイト



テーマ:自分に力をくれるもの - ジャンル:音楽

【2009/06/18 00:16】 | 音楽 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
<<トスカニー@楽天 | ホーム | 繰り返すこと>>
コメント
 アルゲリッチはボクも大好きなピアニストの一人なのですが、彼女に関しては、その情熱的かつエネルギッシュな演奏から、ロマン派や印象派のピアニストといった固定観念がボクの中にはあって、バッハとは意外でした。これは早速購入しなければなりませんね。

 で、ビックリしたのは、たまたまボクも彼女のアルバム(「ショパン・ピアノ・ソナタ第2番(葬送行進曲)」)を聴きながら、パソコンを立ち上げたところなのですが、いきなりこの記事を目にしてビックリしてしまいました。

 ボクも落ち込んでいるというか、疲れきって放心状態のときに、アルゲリッチのピアノ曲をよく聴きますよ。

 ショパンもいいですが、彼女が弾くラヴェルの「夜のガスパール」や「水の戯れ」は、頭の中をリセットするにはとても良いと思っています。
【2009/06/21 21:52】 URL | ゴマ@日の出工房 #rB5t.UAI[ 編集] | page top↑
 
 ゴマさん、コメントありがとうございます!

 シンクロニシティというにはちょっと「幅」?がありますでしょうか。それでも何か、感激するものがありますね!

 アルゲリッチというと若輩者の自分にとっては、クラシックにハマった時にはすでに協奏曲など定番となる演奏を残しまくったどちらかというと教科書的な存在の人で、一先ずこのCD聴かないと、みたいな感覚で聴く機会が多かった気がします。そんな中でバッハとしても、アルゲリッチとしても特別な一枚が今回のものです。

 もしご購入されるのであれば、多少被ったとしても、

http://www.hmv.co.jp/product/detail/2740701

 というCDが発売されるようで、このCD7が丁度同じCDですので、こちらの方がお得かもしれません。安い分にはもちろんうれしいのですが八枚組みマルチバイ特価で3000円だなんてこの業界大丈夫、、?

 僕もラヴェル、引っ張りだして久しぶりに聴いてみます!
【2009/06/21 23:45】 URL | こぐま #-[ 編集] | page top↑
 こぐまさん、こんにちは。

 以前、HMVのアルゲリッチ・コレクションのことを教えていただき、マルチバイ特価で注文しておいたものが、先日ようやく届きました。EMIで出してるドビュッシーとラヴェルのオケもの8枚組、アルゲリッチのコレクション1・2をまとめて買いました。都合23枚、かかった費用は1万円弱。

 いやぁ、これはお得でした。情報ありがとうございました。今、ひと晩1枚ずつ大事に聴いているところです。

 
【2009/09/01 00:19】 URL | ゴマ #rB5t.UAI[ 編集] | page top↑

ゴマさん、こんにちは!

 コメントありがとうございます。

 三点セットで購入されたんですね~豪快!お役に立てたようでなによりです!

 



 
【2009/09/01 22:58】 URL | こぐま #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kogumamonolog.blog107.fc2.com/tb.php/176-eb69751c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |