FC2ブログ
コンセルトヘボウ/マーラー・チクルス
 アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団のHPを見ていて、ため息が出ました。

 http://www.concertgebouworkest.nl/page.ocl?pageid=1

 2009-2011シーズンに企画されているマーラー・チクルス(!)のインフォメーションが出ていました。
一番/ダニエル・ハーディング
二番/マリス・ヤンソンス
三番/マリス・ヤンソンス 
四番/イヴァン・フィッシャー
五番/ダニエル・ガッティ
六番/ロリン・マゼール
七番/ピエール・ブーレーズ
八番/マリス・ヤンソンス
九番/ベルナルト・ハイティンク
十番/エリアフ・インバル
大地の歌/ファビオ・ルイジ

 なんなんですかこの顔ぶれ、、。当然ですが誰も彼もマーラー演奏に一家言ある猛者ばかり。インバル・ハイティンク・ブーレーズ・マゼールは現在のマーラー演奏を築いた大家、ヤンソンス、ガッティは新時代のマーラーを提示しているところでいずれも評価の高い指揮者ばかり(ガッティは止まっている感があるか)。フィッシャーもチャンネルクラシックスでシリーズを着実に充実させている(ものの、不勉強で申し訳ありませんがまだ聴いたことがないです、、)。
 
 先ごろまでコンセルトヘボウを率いてDECCAで見事なチクルスを完成させて、今ひとつな評判だった自身の評価を数段高めるに至ったリッカルド・シャイーがいないのは敢えてでしょう。

 「音のコラージュ」とも言われるマーラーを、シェフを代わる代わる用いてコラージュ風に並べ、しかしそれによって現代最高のチクルスを成し遂げようとする同団の意気込みは半端なものではないでしょう。本当にため息が出ます。

 2011年の8番、「千人」だけでも聴きに行きたい。今から準備すれば色々クリアできるような気がする、、。

 以下、各指揮者の印象深い演奏のCDを紹介します。



  ヤンソンスの一番「巨人」 正に新時代
 
 
 インバルのマーラー五番 もはや古典的ですらある、、

 
 ハーディングのベートーヴェン・序曲集(マーラーじゃないんですが、、)

 
 マゼールのマーラー三番 マゼールワールド全開!

 
 ブーレーズのマーラー9番 透徹の響き、、
 
 
 ハイティンクの1番「巨人」 未だ私の巨人のベストであります

banner2.gif

人気ブログランキング【ブログの殿堂】
スポンサーサイト



テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽

【2009/05/09 20:51】 | 音楽 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<洗顔フォームが、、 | ホーム | さやえんどうと豚肉の和風パスタ>>
コメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2009/10/11 01:44】 | #[ 編集] | page top↑
このコメントは管理者の承認待ちです
【2009/11/28 17:15】 | #[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kogumamonolog.blog107.fc2.com/tb.php/167-d71c94d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |