FC2ブログ
衛生管理者
 現在、日本では一事業所につき50人以上の従業員が働いている場合、全て衛生管理者を配属、任命しないといけないのはご存知でしょうか。

 500人までの場合、二人というように人数に合わせ衛生管理者も増えますが、50人の営業所が10箇所ある会社ならば、一事業所につき、なので衛生管理者は10人必要になります。おそらく任命していないと、産業医と同じで指導が入るのですよね。

 先日私の会社でも不在なことが問題となり、一番若い私が試験受けて来い!となり受けてきました。結果的には、会社の業種の問題で簡単なほうの「第二種衛生管理者」を取得すればよいことになり、勉強の結果合格しました。

 が、気になるのは試験の方法です。私は神奈川在住なので関東安全衛生技術センターで試験を受けるのですが、

http://www.cc.rim.or.jp/~kanto3/

 1都9県(東京・神奈川・千葉・群馬・山梨・埼玉・栃木・茨城・長野・新潟)がここで試験を受けなければならないのです!千葉の能満という、交通機関も通常ない(試験の日に臨時のバスが出るがすし詰め状態)ところで、、。全国のあらゆる会社が対象のこの資格、こんな融通のきかない方法でとらせようなんて納得がいかない。事実、私が行った時(七月)には、もう9月の試験の申し込みがいっぱいになっていました。月に3度も試験があるのに、です。そして出張試験があるのですがそれは年に一度だけ。申込書を見ても出張試験のあることはわかりません。民間もしくは公的機関の実施する資格取得講座(5~10万!!)に出れば、おそらくそういった情報も得ることはできましょう。しかしちゃんとした案内を見たのは、その能満のセンターに行って初めて見ました。しかもその出張試験、申し込み期間がわずか数日しかない。

 もうね、国家資格試験とは思えないマイナーさです。私は神奈川だからまだしも(それでも自宅から三時間半)新潟とか長野から来る方の苦労といったら。どうせ会社命令が多いから自己負担はないだろ、って思ってるのかもしれんが冗談じゃない。どれだけ民間に負担をかけるのだ。非常に特殊な試験ならば人数も少ないし会場が多くないとか年に数回しかないとか理解できるけれども。

 愚痴ってしまいましたがぜひ改めてほしいものです。

スポンサーサイト



テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

【2007/08/12 23:49】 | 仕事 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<機知 | ホーム | ドイツ居酒屋>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kogumamonolog.blog107.fc2.com/tb.php/15-179bdc12
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |