FC2ブログ
エアコン戦争。
 少し前の『放送室』で、松ちゃんがエアコンのリモコンについて、文句を言っていた。

 概要はこう。エアコン本体と、リモコンは常に同期していないといけないが、何かの拍子にズレると、そのずれを戻そうにもうまくいかないというもの(本体は動いているのに、リモコンだけがOFFになったりすると、次の動作が素直に進まなくなる)。

 これを聞いて、突然思い出した。自分はこれを利用して、エアコンをいいように使っていたのだ。
 
 父親と、自分は暑がりで、エアコンガンガン派。なんだったらTシャツのままでクシャミするくらいの感じが理想だったりする。母親もどちらかというと暑がりだが、そこまでではない。
 我が家のエアコン戦争は、暑い寒いの争いではなく、完全に電気代に対するものだった。冷やそうとする父。それを阻止する母。せっかくエアコンをつけているのに、27度では使わない方がマシなのでは、と余計な疑念が浮かぶ微妙な暑さ。

 そこで自分は考えた。エアコンと、リモコンは同期しているという前提を崩せばいいのだ、と。母親は自分の暑さを多少解消しつつ、電気代を抑えたい27度ラインを目指す。我々は妥協しても26度、さらには25度でも当然だろうというスタンスだ。
 リモコンを見て、27度を一旦確認。そこから母親が近くにいない隙をついてピッと26度へ。25度へ飛ぶこともあった。そしてここがポイント、リモコンの電波発射部分を手で覆って(ボタンを押しても本体が反応しない)、もしくは電波が届かない様な角度へ向いて、27度へ戻す。これで、リモコンは27度を表示しているが、本体は実は25or26度。母親が確認するも、27度、となっていれば気がつかない。
 
 今更だけども、我ながら悪質だったなぁ(遠い目)。ごめんよ母さん。

 banner2.gif

人気ブログランキング【ブログの殿堂】
スポンサーサイト



テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

【2008/11/15 00:55】 | 雑感 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<音楽の格? | ホーム | dolls:北野武>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kogumamonolog.blog107.fc2.com/tb.php/116-c4b4f327
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |