FC2ブログ
ハイティンク&シカゴ響来日!
 先ごろ、超ビッグネームの公演チケットが発売されました。いわずと知れた現代最高峰の指揮者、ベルナルト・ハイティンクとアメリカンオケの一つの極点、シカゴ響の来日公演であります。



 http://eplus.jp/sys/web/s/cso/index.html

 ハイティンク

 最近のインフレなのか燃料代高騰なのか、はたまた日本の足元の見られ方が半端でなくなってきたのかは知らないけれどこのコンビ、見逃すわけには、、いきません。たっけぇなぁと思いながら、プレオーダーは外れ、仕方なく残ったA席を購入。かぶりつきの席じゃないですか、、。普通ならこんな席が見えた段階で(オーダー前に確認できるシステム)止めるところですがもうお年のハイティンク師匠、こんな間近もアリかな、と思い購入。アンサンブルも堪能できることでしょう。せっかくの金管が頭の上を抜けていってしまうんではないかという懸念はありますが最高峰のオケの生音というのも、中々勉強になることも多かろうということで。
 行くのは、サントリーホールでの英雄の生涯の回。悲劇的とかなり迷ったけれど、この組み合わせでは英雄を聞いてみたい!という欲求の方が勝った。

 ハイティンクの演奏といえば、自分にとってはベルリンフィルとのマーラー/巨人。未だに巨人のベスト1はこの演奏だと思っている。

 

 透き通るように繊細な冒頭のフラジオレット、そして爆発するような輝かしい終結部。この曲全体が巨大な一つのクレッシェンドであることを痛烈に印象付けるダイナミックな演奏。抑えようとするハイティンクと、行こうとするオケが丁度良く拮抗している。地味な印象も強いハイティンクだが、この演奏はすごい。どの本でも取り上げられるバーンスタインの巨人は、感情任せで熱っぽい。それはそれで魅力だけれど最後の一音までクレシェンドしながら破綻しない前者の方が文句なしに素晴らしいと思う。
 
 35000円のチケットですから、期待してますよ、、。

banner2.gif
人気ブログランキング【ブログの殿堂】
 
スポンサーサイト



テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

【2008/10/06 00:30】 | 音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<実弾生活4 UFO ROCK in 笹塚 | ホーム | フィナンシャル・タイムズがあんなとこで>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kogumamonolog.blog107.fc2.com/tb.php/101-23a3c005
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |