FC2ブログ
仕事の安定感とは
先日、久しぶりに高校の同級生たちと飲んできたのですが、そこで私の転職に話題が集まりました。

そこで、どのように転活をしてきたか、ポイントや苦労した点などを話しました。みな自分の現在に満足していないようで転職したことが無い友達は興味津々の様子でした。

その中の某国策企業に勤めるIが、「俺は安定を選んだからなー」とうそぶくのです。コネ入社が何をいうか。。

ところで、安定とは彼の場合、「箱」(会社)の安定を指して言っている様です。しかし、本当に安定を目指す時安定とは会社の安定でしょうか。会社の安定であるべき、でしょうか?

答えは全くNOです。安定すべきなのは自分の「仕事」であり、「仕事への評価」であるべきです。いつ何時会社がつぶれるかわからないご時世、安定しているはずの箱がつぶれた時、いったいどうするというのか。その間に身に着けるスキルがあればいいけれど、箱の安定を目指した人の仕事の中身などしれたものです(少なくとも私の身の回りの経験では)。

一方で自分のスキルに自信があり、常に「成長」を目指した人にとっては、チャンスはいつでも広がっています。なぜなら、少なくとも以前のレベルにおいて転職を成功させているはずなので、そこから更に経験を積んだ人は再び成功させる可能性が高いと感じませんか。
少なくとも自信は相当に付きます。

私も、現在の会社に入って私からみて明らかにプロフェッショナルといえる人がゴロゴロいることがわかりました。ここで喰らいついて、大きな資格の一つか二つを取りながら給与の大台を目指したい。






スポンサーサイト



【2015/10/03 16:55】 | 仕事 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |