FC2ブログ
ピリス来日中止。
 今年上半期で一番楽しみにしていたコンサートであり自分にとってGWの目玉でもあったピリス(Maria Joao Pires)の来日が中止となったそうです。

 自分が買った神奈川県立音楽堂のHPではまだですがすみだトリフォニーのウェブサイトでは既に発表されています。いてもたってもいられなくて音楽堂に電話したところ返金等の手続きの準備も含め、発表はもう少しお待ちくださいとのこと。

 すみだトリフォニーの発表分(部分)は以下。

 お客様各位

東日本大震災に被災された皆様に、謹んでお見舞い申し上げます。
この度、5月9日、27日、28日、6月11日に予定しておりました《マリア・ジョアン・ピリス・プロジェクト in Triphony Hall 2011》につきまして、震災の影響でスイス外務省が東京以北へ渡航すべきでない旨警告を発していることなどによりピリスの来日が断念され、誠に残念ながら公演を中止させていただくことになりました。
チケットをご購入いただいた皆様には誠に申し訳なく、お詫び致しますとともにご了承いただきたく、よろしくお願い申し上げます。

 引用ここまで。

 東京以北ならば神奈川は大丈夫じゃないかと言いたくなるのはきっと僕だけではないはず。数多くの演奏家が来日し続ける中で、この選択は本当に残念です。

 
 ↓もっと日本を盛り上げてほしいなぁ、と思った方はぜひポチお願いします。。
 
スポンサーサイト



テーマ:つぶやき - ジャンル:日記

【2011/04/10 00:20】 | 音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
選挙に行こう。
 横浜市は、市会、県会、県知事のトリプル選挙。さっそく、期日前投票に行ってきました。

 以前にも書きましたが、選挙権があるのに、投票しない人には文句を言う資格がないと思っています。会社や、コミュニティで皆で責任を共有していることに非協力的な人が、自分の感じた文句だけは言っていたら、どう思いますか。何も手伝わずにご飯が不味いとだけ言う人がいたらどう思いますか。たとえその指摘が正しかったとしても、信頼してもらうこと、また説得力を持つことは難しいでしょう。

 投票したい人がいない、という気持ちには賛同します。なので、自分もこの人に入れたい!と思って投票しないことが多いです。どちらかというとよりましなことをしてくれるのはこちらだろう、絶対に入れたくない人を除いた消去法です。また正直、自分には政治や行政についての知識があるとはとてもいえません。

 しかしそれでも少なくとも文句を言う資格を得るために、自分は参加します。

 
 ↓選挙について考えてみようと思った方はぜひポチお願いします。。
 

テーマ:つぶやき - ジャンル:日記

【2011/04/09 14:24】 | 雑感 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
落胆。
 ニュースで見た人も多いかと思います。ミューザ川崎の天井崩落の件です。 


 会員なのですが、ニュース後どの様なアクションを取るのか気になっていました。 しかし、今日案内が届けられているのを見て、がっかりしました。

 会員を是非更新してください、だと。

 被災した当事者であることは勿論間違いないが、利用ができなくなったことに対して、会費を払え、とは。私の知る限り、神奈川、東京にある主要な音楽ホールは間違いなくミューザより古い。そして天井が崩落だなんてニュースはついぞ聞かない(「ホール」についてニュースで聞いたのは九段会館のみ)。利用できない間は月割りで会費をお返しします、の間違いではないかと少しでも思いたかったが、たった四行のお詫びと事故の概要を一瞬で読み終えるにつけ怒りがふつふつと沸いて来る。
 しかもその謝罪とは、「チケットをご購入され、公演を楽しみにされておられたみなさまに、深くお詫び申し上げます。」どうやらキャンセルになったことについて謝罪しているらしい。

 その様な危険なホールで、公演を運営してきたことに対して、謝罪、反省の言葉は一切ない。「天井仕上げ材等が」落下したので公演ができなくなりました、という書き方で事実が書かれているだけ。この日客を入れるコンサートがあったらどうするつもりだったのか(オルガンの松居直美はリハ中だったが舞台側にいるので無事だったらしい)。

 案内によると、「友の会」はなんと「復旧までの間、ホールを支えるサポーター組織として存在することとします」だと。勘違いも甚だしい。会員に意など問わなくても、言われるがままに存在意義が変えられたとしても、自主的に運営する会ではないから仕方がないということか。

 耐震設計だった「はず」、で運営を進めてきた欠陥ホールを、「今度は耐震設計になりました!どうぞ!」と言われたところで誰が信用しようというのか。実に馬鹿にしている。

 他ホールに比べ、見劣りするプログラム-割引が大きな加入の動機であるのに著名なものほど主催ではないためまず定価で購入-、送られてくる同じ内容のチラシ。
 もとより不満はいくつかあったが、通低するものがなかったか。本当に音楽の公演について考え、ホールの将来を考え、音楽の発展を考え、全身全霊を傾ける人が運営に携わっていたのか。今更ではあるが疑問に思えてくる。

 
 ↓おかしい!と思った方、ぜひポチお願いします。。
 

テーマ:なんとなく書きたいこと。。 - ジャンル:日記

【2011/04/05 22:46】 | 音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |