FC2ブログ
ピアノ・ノート
 ピアニスト、チャールズ・ローゼンの『ピアノ・ノート』を読んだ。


http://www.msz.co.jp/book/detail/07489.html

 


 みすず書房の案内レターでみた時から、すぐに読もう!と思わせる期待度大の本だっだけど、果たしてその内容はそれに沿う素晴らしいものでした。

 著者は有名なピアニストであるが、書く文章にも定評のある、あのエドワード・サイードをして「音楽について文章を書く人間で、ローゼンのような才能をもつ者は他にいない」と言わしめるほど(本書あとがきより)。サイード自身もバレンボイムと対話する『音楽と社会や』『音楽のエラボレーション』など佳作がある中でこのように言うのだから間違いのないことでしょう。


 ひたすらピアノについて書かれたこの本はピアノを取り巻くあらゆる環境、ピアノの生成の歴史、演奏の歴史、テクニックの進化、音楽業界の変遷、聴衆の意識の変化、をあまさず取り上げる。情熱的に、客観的な話を語る著者の話には単なる一面からみた浅い話ではなく、ピアニストとして、一人の聴衆として、一人のビジネスマンとしての長い経験に基づいた説得力に満ちた文章がちりばめられています。

 この本を読んで色んな意味で印象に残った文章をいくつか挙げますね。
 「モーツァルトのピアノ音楽で、ピアニッシモがフォルティッシモと隣接するのはただ一ヶ所しかないが(後略)」
 「(レコードの演奏について)こういう細部の特異性は最初聴いたときは新鮮だが、(何度も聴いて)その箇所が予測できるようになると力を失うからである」()内はこぐまの補足です
 「~少々説明が必要なのは、優れたピアニストが調子の悪い日に凡庸でパッとしない演奏をしても、それが完璧な演奏のときと同等の喝采をうけるのはなぜかという逆説的問題だ。 人の耳に聴こえてくるのは、大半が期待している音である(後略)
 
 ピアノのことのみならず、今日のコンサートや音楽のあり方についてもカバーする汎用性の高い文章で思わず線を引くところが沢山ありました。

 演奏の解釈と、コンサートについての箇所は特に興味深く、「演奏は、つねに音楽との新鮮な出会いを印象づけ、作品に対する尊敬に満ちた独創的アプローチをともなわなければならない」。
 なんどか批判的に書いているけれど、一年のうちに何十回もほぼ同じプログラムで演奏会をしまくり、海外から来るチケット代をボッてくる一流ピアニストと同額かそれ以上の支払いを余儀なくされる「日本を代表するピアニスト」フジ子のことがこの本を読んでいる間によく想像された。何も世に問うことができない意味のない音楽の一方、チケットがそれなりに売れるビジネスの成功という側面が、今日の音楽を考える上でいいサンプルになっている気がするのだ。

 暇つぶしでもファッションでもない、本当に音楽が好きな人ならばためになる上質の一冊です。
 

 ↓面白かった、という方はついでにポチ!お願いします。
スポンサーサイト



テーマ:オススメ本!! - ジャンル:本・雑誌

【2010/05/30 23:10】 | | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ハーバード白熱教室
 今更なんですが、NHK教育の『ハーバード白熱教室』がとってもおもしろい。

 http://www.nhk.or.jp/harvard/

 「門外不出」だった授業を、原則を変えてまで放送して、人気をとってしまうのだから、このサンデル教授の講義がいかに面白いものか想像できるというものだ。放送開始直後に、再放送を求める声があがりすぐに連続で再放送をしたというこのNHKでのエピソードも納得できる。
 この授業の中身については僕が偉そうにまとめるのも難なので検索してください。とても善い解説がいくらでも出てきます。
 
 といって何も書かないのもアレなのでちょっとだけ。

 この授業の面白いのは、固っ苦しい硬質の文章で書かれた本から出てくるのではなく、知的水準の高い学生と、それをまたまとめてしまうサンデル教授の対話によって織り成されるものだからだろう。鋭い質問、素っ頓狂な発言、的を射たようで射ていない意見、それら全てが一つの答えに向かって、道を絞り込んでいく要素となり(教授がやり込めてられてしまいそうな強力な意見も、予定通りのごとく取り込んでいく!)、最初はよく実感できなかった教授の提示する疑問も段々と(少なくとも僕の)先入観や無知な発想を吹き飛ばしてくれて、純粋な疑問の、思考の広場に立たせてくれるのだ。
 またもう一つのポイントはなんと言っても「今」な感覚が強いことだろう。先週はカントが出てきたけれど、やたら古典を引くもののその取り扱う問題は、「今・現在我々が直面しうる日常のもの」なのだ。だから、その個別・具体性を除いたピュアな表現である哲学チックな文章を(だからこそわかりにくいのだけど)考えることには汎用性の高い意味があるのだと自然と思わされる。

 
 大学時代に直にも暗にも、よく出てきたのが「株式会社の最も基本でかつ究極の目標は」というのがある。答えは勿論「利益の(永続的な)極大化」です。これに従い、資本主義が自由度を増し、拡大した先には「わかりやすさ」が間違いなくある。本で人をひきつけるには。テレビで人をひきつけるには。映画で10人いたら10人泣かせるには。利益を極大化しなければならないのだから、センシティブな人が数人だけ反応するような先取的なことは当然タブーとなる。自然と、言い方は悪いが「バカにもわかる」ようにすることが求められる。最大公約数を取るにはレベルを下げていくしかない。かくして「頭を使わせないようにする」努力が生まれる。
 

 こんなもの(今は特にテレビなどのメディアについて)はとうにもう飽きられているのだ。もうかなり前のプレジデントだったと思うけど、高所得層になればなるほど、テレビを見る時間が少ないというデータをみた覚えがある。まぁこんなデータ集計することも無駄と思えるくらい想像すれば当たり前なこと、、。

 こちらの知的好奇心をくすぐり、「考える」ことを要求するこんな番組を見ると、NHK受信料なんか安く感じるのになぁ。

 ↓面白かった、という方はついでにポチ!お願いします!

テーマ:NHK教育 - ジャンル:テレビ・ラジオ

【2010/05/20 22:52】 | 雑感 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
MOKICHI FOODS GARDEN @茅ヶ崎
 友人の家に、新しく買ったPCのセッティングに呼ばれ出張サービスをしてまいりました。

 Windows7を殆どしばらく触るいい機会にもなったのですが、XPよりやっぱりもさったい感じが否めないんですねー。まぁビスタとは比べるまでもないのですが。。

 さくっと終わらせて、お礼に近くのレストラン『MOKICHI FOODS GARDEN』に連れて行ってもらいました。

 http://r.tabelog.com/kanagawa/A1404/A140406/14004000/

 http://www.kumazawa.jp/
 ↑こちらがHP。

 もと精麦工場を再利用しているというこちらの敷地、都会では絶対に作ることのできなさそうな贅沢な造り。広々として、とにかく天井が高い。厨房の方を見るとピザを焼く窯がでん、と鎮座ましましている。
 
 入り口付近にはちょっとしたカフェ風味の板テーブルの席あり、こじんまりした二人席あり、テラス席あり、子供が遊ぶ部屋あり、貸切ができる大テーブル(130名!)のある大部屋あり、、。色んな趣向をもった席が全部用意されているんですね。しかしスペースはゆったりしているので、敷き詰めているような狭苦しさは全くありません。何とか牧場、に併設されているような巨大レストランのイメージです。

 
 

 地ビールも濃厚で美味しい。HP参照ください。料理も、ボリュームもあってかなりおなか一杯に。

100424_1426~0001

セットメニュー。具沢山のクラムチャウダー。何度も書きますが野菜の新鮮さだけでその店の姿勢というか意気込みが伝わってきます。普通のお店はなんでもない素材を工夫して値段を取っていると思います。写真ボケててすみません、、。

100424_1438~0001

 メインの牛挽肉ときのこのトマトピッツァ。生地の美味しさが違います。

100424_1447~0001

 同じくメインの4種のチーズのペンネ。ブルーチーズがいましたが、びっくりするほどまろやか!ブルーはダメ、と言う人もいけてしまうのではないでしょうか。

 
 茅ヶ崎には中々行く機会はありませんが、是非再訪したいお店です♪ご馳走様でした。。


↓面白かった、という方はついでにポチ!お願いします!

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

【2010/05/03 11:37】 | | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |