FC2ブログ
うるさい検定
 
 よく、このブログを見に来てくださるゴマさんのブログにあったネスレのうるさい検定をやってみました。



  一家言あるという意味でのうるさい、と言う意味です。質問に答えるとうるさいタイプを判定してくれます。ちなみに私は風流人タイプだそうです。

 
http://urusai.jp/kentei/index.html

 皆さんも是非どうぞ。


 ↓面白かった、という方はついでにポチ!お願いします!
スポンサーサイト



【2009/10/17 22:16】 | 雑感 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
手紙
 
 遠藤周作の『十頁だけ読んでごらんなさい。十頁たって飽いたらこの本を捨てて下さって宜しい。』を読んだ。「人間」を愛した優しい、遠藤先生からの天国からの最新刊。



 手紙をいつもうまく書けるようになりたいものだと思いながら、書こう書こうと思いながら、つい先延ばしにしてしまう手紙。そんな手紙が皆さんもありませんか?最近は特にメールがあるものだから余計に後回しにしてしまう。
 この文章は勿論携帯などない時代に書かれているので、ちょっとそぐわない部分もあるのだけれど、それだけ、手紙の持つ大切さは、メールが出せるのに敢えて書いて、時間をかけて届けるという行為に、むしろ心を伝える手段として現代に際立っているとも言うことができると思います。

 様々な実例を挙げながら(少々都合よくチョイスしすぎなところも^^)例を並べていってくれます。中でも悪筆は気にするな、という段と、オリジナルの形容詞を生み出す練習とテクニックを述べる段は膝を打った。文章を書く人は当然のことなのかもしれないけど自分にとってはかなり目ウロコで、あぁこういう努力をされているんだという感動と共に、私でも文章を磨くのにまだまだ気軽にできることがあるんだと実感させられました。

 筆不精から逃れるために勧められている、葉書や、切手を常に鞄に忍ばせておいて、旅先などで「貴方の事を思い出しました」なんつって葉書をさらっと出したらなんと格好いいんでしょう。届くまでの時間は、もう読んだかしら、まだかしら?ともどかしい時間を与えてくれ、そのまま遠くへ来ていることの証となります。メールでは当然ですが、近くにいても、遠くにいますと書いてごまかしたりできますねそういえば。またその逆も。
 
 さっそく、家で眠っている封筒や便箋などを思わず確認してしまいました^^ でも、いきなり出したらなんだと思われそうだなぁ、、。


↓面白かった、という方はついでにポチ!お願いします!
   
 
 

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

【2009/10/07 23:05】 | | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ベトナム料理@キムタン
 川崎はベトナム料理のキムタンに行って来ました。
 
 友人が生春巻きが食べたいというので、川崎で評判のいいこちらのお店に決めました。

 http://r.tabelog.com/kanagawa/A1405/A140501/14004321/

 駅から5,6分歩いたところにある、ちょっと入り口はいかがわしい感じがなくもない感じですが中は全くなんともない、簡素なレストランといったところ。

 やっぱりその辺のアジアン料理屋とは味が違うのですね、びっくりしました。生春巻きの素材のジューシーさ、またそのライスペーパーのモチモチ感といったら。かぶりついても皮が伸びて具が全くはみ出ないんですね。しかも薄くて、具にぴったりと巻きついているので、食べた時の食感も○。タレをつけ、全て一体となって味わえる。ちなみにクーポンを携帯で見せると生春巻きが一皿サービスになるので、これまた美味しいソーセージ生春巻きも頼んで両方楽しめました。

 今ひとつの印象的な料理はフォー。一番オーソドックスな鶏肉のフォーを注文。パクチーを入れるかきかれたけれどもちろんなるべく本来の味を楽しみたいので入れてもらう。
 スープのおいしいこと美味しいこと。本当に美味しいものは、味がよくわからない、というのが個人的な感覚です。苦みとかうまみとかすっぱさとか香ばしさとか、個別に感じることがうまくできなくて、全部混ざって感じてウマー!となる感じ。ここのフォーがそんな味でした。

 まだまだ食べていない料理が沢山あるのでまた行きたいと思いました。。

 ↓面白かった、という方はついでにポチ!お願いします!

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

【2009/10/03 15:17】 | | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |