FC2ブログ
おでかけ

 先日、朝からお出かけしてきました。

 横浜でまだ行っていない店を探して、ア・マシケラ・ロ・プレチェネッラにしました。
http://r.tabelog.com/kanagawa/A1401/A140101/14008440/
 
 横浜西口から旧ハマボウルの前を通って、少し歩いたところにあります。
 HPはこちら http://o-pulecenella.com/

 前菜三品の盛り合わせと、ピッツァで1390円。まぁ安くも高くもない価格。モチモチのナポリピッツァは意外と腹が膨れて満足。定番のマルゲリータとトンノを注文して半分づつ。マルゲリータの美味しさは中々のものでした。また行きたいなぁ。11時半過ぎに行ったのですぐ入れたけれど、少ししたら小さめの店内はすぐ一杯に。店内が賑やかになって、自然と声も大きくなりました。ちょっとマダム達のダベリ場になってるのが気になりましたね。

 
 その後、横浜をぶらぶらとしましたが、ふと思いついて寄ったヤマハで、丁度買おうと思っていた『浄夜』のポケットスコアを見つけ、すかさず買ってしまった。横浜ヤマハには、六重奏版も弦楽合奏版も両方あって、びっくり。定番の在庫なのかなぁ?
 一応証拠。
 090727_2353~0001

 まだ勉強し始めですが、こんなにテンポ揺れまくりで、かつ拍が取りづらいとは。ベースはメロディーの動きより一拍ずれていることが多くて、メロディーの邪魔になりそうかと思ったら、カラヤン盤はやはり思いっきりアタックを殺していた。かといってレガート過ぎては、メロディックで特徴的なこの曲のベースラインが死んでしまうので、実際に演奏するには技術的には弾ける部分でもとても難しいものだろうと痛感。いやースコアはやっぱりすぐ買わないといけませんね。

 
 川崎に移動して、カラオケの流れ。綺麗なところが良くて、探してビッグエコーに入る。ビッグエコーは決して安いイメージではないけど、ちょっと立地が悪いせいか、午後はフリータイムが設定されていて、とてもオトクな感じ。ドリンクワンオーダー制ですが。

 一日出かけて、充実した一日でした。。


  banner2.gif

人気ブログランキング【ブログの殿堂】
スポンサーサイト



テーマ:美味しいもの - ジャンル:グルメ

【2009/07/28 00:09】 | | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
UOKIN報告

 またまた、ビストロUOKINへ行って来ました。何回食べても美味すぃ。

 今回は、
 
 ・ブルーチーズ入りポテトサラダ
 ・ツブ貝のエスカルゴ風
 ・パエリア
 ・枝豆(炒めたもの。名前忘れたorz)
 のメニューを初めてトライ。ブルーチーズのポテサラは個人的にヒット。ブルーチーズがダメだ、と言う人も、あの風味程度の味付けならば気にせず食べられると思いました。あと、ストウブで作るパエリアは米に魚介のうまさがぎっちり詰まってプリプリしていて、パエリア鍋で頂くいわゆるパエリアとはまた違った美味しさ。
 他には、定番のパテ・ド・カンパーニュ、生牡蠣のジュレを頼みました。牡蠣は時季がギリギリなのか、寒い時期に食べたのとは違ってさすがに濃厚さが薄れていた。残念。また冬に頂きたいです。

 ここはメニューが手書きで、いつもと同じように見えて、いつの間にか変わっているので要注意ですね。

 ところでやはり新橋の姉妹店に、イタリアンバルUOKINというのがあるのですね。

 http://r.tabelog.com/tokyo/A1301/A130103/13056544/
 
 食べログだとちょっと点数が落ちるけど、美味しいに違いなく。次はそこに行こうと話しをしているところでありました。ここならビストロよりも席が取れやすいかな?ちなみに今回のビストロは一ヶ月前に予約していたので前回同様テーブルで頂きました。しかしあれだけおいおしく食べて飲んで一人3000円だものなぁ。あんな店が最寄の品川にあったらいいとは思うけど、もっと混んだりして。



 banner2.gif

人気ブログランキング【ブログの殿堂】
 
 

テーマ:美味しいもの - ジャンル:グルメ

【2009/07/18 18:12】 | | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
気分がすぐれない時は
 学生時代ののんきさに比べて(それはそれで大変だと思っているものだけど)、仕事でのストレスやその他嫌な気分とはまるで別物だ。一年経ってもクラス替えがあるわけでもなし、二年経っても解決しなければいつまでものしかかったままだったりする。

 嫌な気分を無いものにするか、もしくはそれを仕事に生かすためにはどうすればいいだろうか。僕の好きなアランはこういう。

「「うまくいったからうれしいのではなく、自分がうれしいからうまくいったのだ」といつも考えねばならない。(中略)なぜなら、希望から求める理由が生まれ、吉兆から事が成就するのだから。だから、すべてのことがいい予感であり、吉兆である。「君がそれを欲するならば、カラスが君に告げているのはしあわせなのだ」とエピクテトスは言っている。」(『気分』より)
 
 エピクテトスの言葉は、この後に出てくるのだけれど何でもとにかく喜べばよい、といっているのではなく、あなたが本当に希望したなら、カラスの不吉な鳴き声さえ、本当に幸せなものになり得る、ということである。
 また、『幸福論』を読むと、何度もとにかく体を動かせ、という言葉が出てくる。「意思は情念に対してまったく無力だが、運動に対しては直接の支配力をもっている」(『こころのしぐさ』より)
 意思で嫌な気分を吹き飛ばそうにも、とても難しいものだが、運動することに対しては命令=動きというほぼ一対一の関係が持てるので、とにかくトイレにでもいって、体を無意味でもいいから誰にも気付かれない程度に大きく体を動かしてみるのはとてもいい気分転換になる、と僕は思っています。囚われていることから、一瞬でも離れることで、視野が広がるというメリットもあると思います。

 とりとめのない文章になってしまいましたが、最後にもうひとつ。「不幸なことに、絶望には確信がつきまとう」(『絶望しないこと』より)当たり前のことなんですが、ちょっと気付きにくいことだなぁ、といつも感心してしまいます。信じたくない、嫌なことのはずなのに、まず自分がそれを「確信」してしまっているという状況があり、「絶望」よりも一瞬先にそれが存在するという違和感。その状況はおろか自分の心さえもが、袋小路に入ってから、当然のように絶望してしまうという無力感。
 
 だから、始めに挙げたように、まさにその逆に自分の「希望」することが、実際に実現・達成させる前提とならなければいけないわけで、また意識してそうすべきだ、とアランは言うのでしょうね。

 
 折に触れて、気になるプロポ(短いテーマを持った文章)を一つか二つ、軽く拾い読みするのがとてもオススメです。その時々の自分によって響いたり、響かなかったりする。困っている時に感動したものが、困っていない時には素通りしてしまうような、まるで生きている様な文章。


  banner2.gif

人気ブログランキング【ブログの殿堂】
 

テーマ:思ったこと・感じたこと - ジャンル:日記

【2009/07/10 00:09】 | 仕事 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
富士山山開き
 富士山の山開きのニュースを見て、この季節がまたきたなぁ、という感じがします。自分が登ったのがもう二年前なのを思うと、あっという間であります。
 
 http://www.fujisan-net.jp/index.php

 友人も、今年初挑戦するということで、相談を受けました。何が必要か、とか。防寒に関しては重ね着できるよう、脱ぎやすいようにしておけば、そこまで気になることはないと思います。
 
 ただ、近年の富士登山人気で、登山者が非常に増えているとききました。ご来光を見に、夜中登る人と、前もってある程度登っていた人たちが頂上付近で合流して、頂上は一杯、日の出までは下りませんから、頂上直前の坂で吹きっさらしで立ちっ放しになるので、ここで風邪を引き易いかも、と思ったので、最近はこの傾向が更に強まっているのかもしれないと思うのであります。

 あと、ラフな格好で行っても全然問題ないと思いますが(皆さんショップで勧められて色々買うと思いますが後で使い道に困ります。私のように)、足元だけは、しっかりとしていってください。多くの人が砂走りで足をやられて、脇で休む姿を見ました。行きがただの砂利道なので、なまじなめてかかってしまうのだと思います。できればハイカットで、砂が入るのを防止するスパッツ↓が必要です。

 

 砂利に足が埋もれるので、ガンガン靴に入ってきます。粒のある石もあるのでそれだけで痛いと思います。おまけに、かなりの坂なので自然と踏ん張ってしまい、つま先がやられて、歩けなくなります。スパッツがあれば、とりあえず大丈夫です。
 そして、つま先に体重をかけてしまいがちなのですが、踵に全体重をかけて、すべるようにくだります。踵に体重をかけるので、砂走りの地面に対しては後傾の姿勢ですが、地球?に大しては垂直に近くなります。リズムに乗ると一歩でかなり進みますので、慣れてくるととても快適です。バスの時間を気にして、必死に顔を歪ませながら降りている人、(つま先が潰れたから)横向きになってカニ歩きの人、後ろ向きになって下る人、色々な人がいました。我々も頂上でゆっくりしすぎたため急いでの下山でしたが、ベテランに囲まれて初心者の私でも、二時間で下山できました。
 
 頂上の郵便局から郵便物を出すと、特別な消印を押してくれるので、これに並んで出すのもいい思い出になりますよ。安全に気をつけて、いってらっしゃいませ。

 

   banner2.gif

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

テーマ:思ったこと・感じたこと - ジャンル:日記

【2009/07/05 15:38】 | ニュース | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
DVDを借りてみた

 以前はレンタルでも週に一本は見ていたものだけど、ここ数年見ていないに等しいくらいだったので、友人が借りたDVDを見せてもらったことはとても久しぶりで新鮮な感覚でした。通販のレンタルでも始めようかなぁ。

 今回見たのは007の慰めの報酬。新作ですね。

 
 ダニエル・クレイグの007を見るのはこれが初めてで、実は今作を見るのに重要な前作を見ていなかったのですが、007はいつもワクワクさせてくれるので結構期待していました、、ハイ、ました。

 なんなんだこの暗さは、、人殺しまくりで、「仕方なく殺します」感がない。復讐というくらいだからしょうがないのかもしれないけど。特に、毎度今回の目玉アイテム、Qが、、いない!!出てこない!!奇抜だけれど、結構実現しそうなハイテク武器がたまらんのに、、格闘もそこまで強くないし、「必死」なボンドを描いたのだろうけど、颯爽としたボンドがいいよう、、。前作「カジノ・ロワイヤル」がストーリーとしては007の一昨目だということですから、新米の007であって、こなれたボンド君ではないよということなのかしらん?

 殺しに長けたツワモノなら、路線違いでジェイソン・ボーン(ボーン・アイデンティティ他)が既にいるじゃないか、、。ハイテクドンちゃんお祭り騒ぎにはミッションインポッシブルシリーズがあるし、。ちょっと立ち位置がふわふわしてませんか?独立した映画としてみるなら、これはこれで有りという見方もあるけど、007としてみるにはどうかなぁ。ルパン三世的な妙に明るい展開が嫌だったという人には嬉しい路線変更か。CIAも把握しない巨大組織の存在がほのめかされながら、この先のシリーズはどうなるのか。
 
 さてボンドガールは、ボンドガールらしい役割が薄い(下品ですみません)。とても綺麗な人だったけどさ。オルガ・キュリレンコ。でも、もっともボンドガールらしかったのは、サブ的に出てくるジェマ・アータートン。この人も素敵でした。全然知りませんでした。

 
 左がキュリレンコ、右がアータートン。

 ところで、キュリレンコの経歴を見ていると、2006年に「LE PORTE-BONHEUR」というタイトルで、ストリッパー役の映画があるんですね。
 
 これの邦版を、007にあやかって一稼ぎしようと「慰め報酬」というタイトルで今年4月にDVDが発売されてるんですねぇ。すごい商売です(笑)なんにせよ、ボンドガールとしての彼女が物足りなかった方は、私はまだ見ていませんがこちらの方が(以下略)


 色々文句書いたくせに、リンクだけは貼っておきます。それでは、また。

 


  banner2.gif

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2009/07/05 04:20】 | 雑感 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
納豆とオリーブオイル
 最近、少しでも時間を節約するために、やっていることがあります。

 あまり行儀がよくないのですが、キッチンで立ったまま食事をしております。。作るそばから食べて、片付けながら食べて、そろそろ最後だと思ったらコーヒーの湯を沸かす。その湯が沸くまでの間に食器を洗って、コーヒー飲む頃には全部終了。
 近くにテレビもないし、食べることにしか気が行かないから、普段は忘れる良く噛むという動作も意識的に出来る。まぁ一人だからできることなんですが。

 そこで晩飯の定番になっているのが大量のネギ(薬味)をぶっかけた豆腐に醤油・京の黒七味をかけて食べ、その残ったものに納豆投入。仕上げにオリーブオイルをばさっと。結構お腹が膨れます。

 で、この納豆にオリーブオイルというのが意外に美味で、納豆の臭いが和らいで、味もまろやかになり、すすっと食べてしまいます。我ながらいい発見だと思ったのですが、試しに検索してみたら、、出てくるわ出てくるわorz 納豆にオリーブオイルのレシピ。健康にいいだとか美肌だとかで。まぁ体に良さそうだということが確認できた気がするので、良しとしましょう。美肌を目指すわけではありませんが、、。

 そうそう、コーヒーといえば先日、転職の相談に乗った&その他もろもろのお礼に、ポットを頂きました。ていうかリクエストしたのですが。野田琺瑯の定番うさうさ印のコーヒーポット。

 

 わがままを言って、大きいサイズのを買ってもらいました。注ぎ口が細く伸びているおかげで、少しずつお湯を注ぐことができ、本で読んだ様な淹れ方ができます。「がわ」をそのままつたい落ちてしまう湯が圧倒的に少なくなったせいか、コーヒーの味もはっきりと出るようになりました。うーんおいしい。友人くん、ありがとう。

  banner2.gif

人気ブログランキング【ブログの殿堂】


 

テーマ:今日の夕ご飯 - ジャンル:グルメ

【2009/07/02 23:10】 | | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |