FC2ブログ
阿修羅展

 先日お休みをいただいて阿修羅展を見に上野へ行ってまいりました。
 
 平日だというのにものすごい人。待ち時間チェックのサイトを見ると、最大で90分待ち。遠方の人や年配の人が多いだろうということであえて先に早い昼食をとって12時過ぎに上野へ向かう。案の定並んでいるうちに若干すいて、60分待ちとなっていました。

 HI380078.jpg

 木像の類には何となく興味がありながら中々足を運ばない自分でしたが、八部衆に加え十大弟子までが揃うなどという空前絶後(言いすぎ?)の企画は、やはり行ってよかったの一言。
  本当に1500年も前の銅像の表情なのだろうかと不思議ささえ感じる奥深いお顔。どうとでも取れそうな微妙なニュアンスの表情は、こちらの心持ち一つで諫めるように見えたり、慰めるように見えたり。だから仏様に心を見透かされる様な気になるのかもしれません。有名で人気のある仏像とはこういった表情をしていることは一つの条件なのでしょうね。

 阿修羅展、というネーミングは本当にうまくつけたものだと感じました。ブランド好き・ミーハーな日本人をひきつけていると思った。館内での他人の会話などを聞いて、本当に阿修羅意外なにも知らなそうな人の多いこと多いこと。八部衆はもちろん十大弟子も知りません、なんですかこれみたいな事を大声で話していたりする。こういう人たちをも呼び込むには『興福寺宝物展』では確かに集まらない感じがします。

 気になったことが二つ。八部衆も十大弟子も皆ほぼ直立なのです。膝から上は非常に凝った造り、表情は既に述べた様、とても充実しているのに、単に立っているだけなんですね。とても変哲の無い立ち方。立像という条件を満たすのには技術的な制約があったのでしょうか。もっと後の時期の四天王像は、ずっと大きいにも関わらずダイナミックなポーズを決めていたりする。邪鬼を踏んだ格好でうまくバランスをとりながら。 
 今ひとつは、阿修羅像の腕が、やたらただの棒に見えることなのですが少年の相をしているという設定上のことなのかと思っていたら、迦旃延もやはり似たような節のない腕をしている。手首や肘など違和感たっぷりなんですね。これも技術的な問題なのかしらん。

 ガラスケースにも入っていないのもよかった。図録の作りもしっかりしていて思わず購入。とても充実した一日でした。

 


 banner2.gif

人気ブログランキング【ブログの殿堂】
スポンサーサイト



テーマ:展示会、イベントの情報 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2009/05/27 22:11】 | 芸術一般 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
曽根麻矢子/バッハ連続演奏会

 曽根麻矢子のJ.S.バッハ連続演奏会の最終回、ゴルトベルク変奏曲に知人と行ってまいりました。

 カレッタ汐留で軽い昼をとって、浜離宮恩賜庭園を散策。初めて行ったのですがとてもよいところでした。静けさが好きな僕にはうってつけの場所。
 あいにく時季と時季の間らしく、自慢の花を堪能することはできませんでしたが、圧倒される300年松に感動。枝を横に広げて魅せるためでしょうけれど、触手の様にうねる幹は一種異形とも呼べる迫力でした。

 楓と言えば紅葉ですが、緑の葉もとても可愛らしく、思わず一枚。
 090523_1241~0001

 時間まで喫茶店で一息ついて、いよいよリサイタル。 

 連続演奏会の最終回はゴルトベルク。オーソドックスにリピートをする。集中していたつもりなのですが、恐らくリピートを省いたのは締めのアリアのみだったと思います。
 この曲を聴くとき、いつも始めのアリアは希望に満ちて明るく、終わりのアリアは物悲しく冷たい印象があるのですが今日もピタリとその様に感じた。輪が閉じて行ってしまうことに対する郷愁なのだろうか。

 このコンサートで一番強く実感したのは改めて録音とはインチキなものだということです。生のチェンバロ、拘り抜く一流プレイヤーが用意するチェンバロとはこんな音がするものかという殆ど驚きだった。CDで聴く音も好きで、ざらっとした質感は特徴だと思っていたけどむしろそれは遠く聞こえて、豊かな倍音に伸び上がるサスティーンと急速にしぼむ儚い音色はやはりこの場でしか味わえないものだと。
 
 かなり後ろの方だったので、半ばあきらめていましたがそこまで不満な音(距離感が)でもありませんでした(いやそう思い込みたいのかも)。左手の粒の揃い方にはたまげました。響きのあるホールでもって、別の奏者が弾くものと聞き比べたいという欲求が、、。
 一度目は標準的に、リピートはかなり華やかに彩って弾いていました。テンポは細かく揺らさずに大きく捉えてダイナミックにうねる。バッハはテンポはなるべく動かさないものかと思ったけれど、いやらしくならない程度に動かすのですね。ちょっと気になったのはミスタッチの多さ。前半15変奏までで一度休憩が入るが、ここまででも10回はあったと思う。後半は前半ほどではなく、集中度が増した様に見えた。
 
 休憩時間にガタン!という大きな音と共に蓋が落ちる(閉まる)というハプニングがあり(その瞬間は休憩に出る人の列で見えなかった)、大丈夫かと思ったけれど、熟練そうな調律師さんが手際よく蓋を修復。チューニングを休憩時間一杯にやっていたけれど予定通りのものか、不測の事態だったのか。演奏に影響があったようには見えませんでしたけれど。
 「LEY PARIS」と楽器に書かれているのを覚えて帰宅し、調べてみるとDAVID LEYという人の製作の楽器なのですね。フレンチタイプのチェンバロのようなのですが、柄がとても日本ぽく見える。植物の種類までわからなかったけれど。まるで蒔絵の様な美しさで見とれてしまいました。

 都合良くチラシがかなっくホールでのチラシが見つかりました。まさにこの楽器。


 前回のルイジでも感じたことですが、この種(「マイナー」扱いされそうな、という意味)のコンサートは本当に聴きたい人が集まるということを本当に実感するし、とても気持ちよく聴くことができる。物音を立てる人もなく、しゃべり声が聞こえるようなこともなく、咳が数回あった程度。まぁチェンバロソロなんて大音量のオケものと違い聞くこちら側もかなりの集中を求められもしますが。

 今度はバッハ以外の作曲家のものも入ったチェンバロコンサートに行きたくなりました。。

 
 二度目のゴルトベルク、最新録音。


banner2.gif

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽

【2009/05/24 01:58】 | 音楽 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
洗顔フォームが、、
 最近、個人的に大ヒットな商品に出会いました。。

 The body shopの洗顔フォームです(女性用です)。ディープクレンジング フェイシャルウォッシュ SW(seaweed)。
http://shop.the-body-shop.co.jp/ec/html/item/001/006/item5141.html

 美容云々という視点で書いているわけではありません。ただ、肌が弱いのかなんなのか幼少から母親が使う女性用の石鹸でも、男性用のものでもなんでも、とにかく洗顔後に蝋を塗り固めたようにパサついて耐えられないという性分なのでした。多分取れてはいけない油分まで一緒に取れてしまうからではないかと勝手に解釈していますが。汗をよくかくので、それで汚れが落ちて代わりになっている部分もあってほとんど水(お湯)洗いで済ませてきました。

 先日ひょんなことから友人が持っていたコレを試しに借りたのです。頭を洗った時についでに洗い流す程度のことしかしなくても肌がツヤツヤでキショいと言われる位なので本当に洗顔フォームで洗うなど何年ぶりのことだったか。ちょこんと手にとって、予想外に良く泡立ったところを撫でる様にしてただ流す。

 そしたら、、まぁ風呂上りのさっぱり感といったらなかったです。カサつく感じなどなく、とてもしっとりしていて(これが保湿というんですか?)、具合がよいなぁ、と。
 
 ううむこれはいいものに出会った。美容のための出費などない男性にとっては1890円は非常に高いのですが価値大の逸品です。私などは深刻な悩みの方と比べればまだ敏感肌などとはいえない部類かもしれませんが、かといって普通の洗顔用品は耐えられないという方も結構多いのではないかと思います。是非一度お試しを。。

banner2.gif

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

テーマ:いいもの見つけた! - ジャンル:日記

【2009/05/19 00:33】 | 雑感 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コンセルトヘボウ/マーラー・チクルス
 アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団のHPを見ていて、ため息が出ました。

 http://www.concertgebouworkest.nl/page.ocl?pageid=1

 2009-2011シーズンに企画されているマーラー・チクルス(!)のインフォメーションが出ていました。
一番/ダニエル・ハーディング
二番/マリス・ヤンソンス
三番/マリス・ヤンソンス 
四番/イヴァン・フィッシャー
五番/ダニエル・ガッティ
六番/ロリン・マゼール
七番/ピエール・ブーレーズ
八番/マリス・ヤンソンス
九番/ベルナルト・ハイティンク
十番/エリアフ・インバル
大地の歌/ファビオ・ルイジ

 なんなんですかこの顔ぶれ、、。当然ですが誰も彼もマーラー演奏に一家言ある猛者ばかり。インバル・ハイティンク・ブーレーズ・マゼールは現在のマーラー演奏を築いた大家、ヤンソンス、ガッティは新時代のマーラーを提示しているところでいずれも評価の高い指揮者ばかり(ガッティは止まっている感があるか)。フィッシャーもチャンネルクラシックスでシリーズを着実に充実させている(ものの、不勉強で申し訳ありませんがまだ聴いたことがないです、、)。
 
 先ごろまでコンセルトヘボウを率いてDECCAで見事なチクルスを完成させて、今ひとつな評判だった自身の評価を数段高めるに至ったリッカルド・シャイーがいないのは敢えてでしょう。

 「音のコラージュ」とも言われるマーラーを、シェフを代わる代わる用いてコラージュ風に並べ、しかしそれによって現代最高のチクルスを成し遂げようとする同団の意気込みは半端なものではないでしょう。本当にため息が出ます。

 2011年の8番、「千人」だけでも聴きに行きたい。今から準備すれば色々クリアできるような気がする、、。

 以下、各指揮者の印象深い演奏のCDを紹介します。



  ヤンソンスの一番「巨人」 正に新時代
 
 
 インバルのマーラー五番 もはや古典的ですらある、、

 
 ハーディングのベートーヴェン・序曲集(マーラーじゃないんですが、、)

 
 マゼールのマーラー三番 マゼールワールド全開!

 
 ブーレーズのマーラー9番 透徹の響き、、
 
 
 ハイティンクの1番「巨人」 未だ私の巨人のベストであります

banner2.gif

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽

【2009/05/09 20:51】 | 音楽 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
さやえんどうと豚肉の和風パスタ
 いただきもののさやえんどう(無農薬^^)を、ただの野菜炒めで終わらせるのもなんだと検索した末目に留まった『さやえんどうと豚肉の和風パスタ』を作りました。。

さやえんどう

 元サイトはhttp://recipe.suntory.co.jp/10100/000627.html

 すりごまだけありませんでしたが後は良く家にあるものばかりで簡単で美味しい。。鶏がらスープもなかったのですがチキンスープの元で代用。考えてみれば味覇使えばよかったのか、、?

 無農薬だからかどうかわかりませんしこれがいいのか悪いのかもわからないけどとにかく中の豆がプリプリでデカい。ヘタを折っているだけなのに豆が飛び出して転がっていったりして、、。
 出来上がりは醤油+バターの時点で想像していましたがラーメンスープみたいなんですよね(笑)とっても美味しいのでどうでもいいのですが和風っていうか、、ラーメン風パスタ?
 
 ちょっと豚肉多すぎに映っていますが実際多いです(笑)使い切りたくて、、。そうそう、遂に包丁で手を切ってしまいました。不器用なんでいつかさくっとやるんだろうな~といつも思いながら調理していたんですが。まぁ勲章だと思ってめげずに頑張ります。。

 
 ベランダ菜園やってみたい…

banner2.gif

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

【2009/05/06 21:49】 | | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
インティ・ライミ(ペルー料理)

 今日は川崎のペルー料理の店、インティライミへ行って来ました。

 川崎駅周辺はなぜかペルー料理の店が数店あるみたいで、なんとも不思議な感じ。現地の方が多いのでしょうかね。

 もう昼時を過ぎていたせいか、店内は客がいない(笑)やや不安を覚えつつ、ネットでの評判を信じて席に着く。
 メニューを見ると、意外にも日本風な名前で分かりやすく載っているのだが、逆にそれがペルーっぽいのかどうか判断がつきかね、店員さんに相談しながらメニューを決定。量が多いというのもリサーチ済みなので、二人で分けることを前提に頼む。

ソパ メネストロン
インティライミ2

 バジル中心のさらっとした舌触りながら濃厚な野菜スープ。とっっても美味しい。掬うと分かるのだけれど、野菜スープながらスジ肉やマカロニ、豆などが柔らかく煮詰められている。カレーの味がちらっとしてみたり、やはり味付けが新鮮。スペインによる統治や中国からの移民、アフリカからの奴隷流入など様々な歴史を経て、多種多様な文化を併せ持つペルーならではの印象。洋風の様で洋風でなく、アジア風かと思えばそうでもない、しかし洗練された味。うぅむ、気になる。


 ロモ・サルタード
インティライミ3
 
 ネットでも散々評判を見ていたこのロモ・サルタード。ステーキ肉に玉ねぎやじゃがいもなどと炒め、さらには何とフライドポテトが一緒になっている(!)んです。しかしこれが、、合うんです!!バーベキューソースの様に一瞬思える脂っこい汁が、全体に行き渡っていてこれがポテトと他の食材を繋いでいる感じ。胡椒?醤油?酢?ウスターソース?何が入ってあぁなるのかわからないけどとにかく初めての美味しさ、、。脇にはご飯が乗って、けっこうガッチリ。写真を撮り忘れて取り分け後になってます(笑)

 白身魚と魚介のピリ辛ソース(うる覚え)
インティライミ4

 これも取り忘れて若干崩れてしまいました。店員さんに魚介でオススメ、と聞いたらこちらが。とろっとろのチリトマトソースに、殻まで全部溶け混んでいるかの様な濃厚な海老の香り。カリっと揚げられた白身魚が合う、、。

 
 変に洒落た洋風の店よりも、お得感が高いのは気のせいではあるまい。。あぁメニュー制覇したい。夜はきっと混んでいるんだろうなと思いました。本日お会計は一人2100円也。

 
 ペルー産ミックスホットペッパー。こういうのがロモサルタードとかの味を左右していそう。向こうでは牛丼的な扱いだという国民的な同メニュー、調べて作ってみたい!!

 banner2.gif

人気ブログランキング【ブログの殿堂】


【2009/05/03 00:11】 | | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |