FC2ブログ
曽根麻矢子:ゴルトベルク変奏曲
 曽根麻矢子の、浜離宮朝日ホール・ゴルトベルク変奏曲のチケットを買ってみました。

http://www.asahi-hall.jp/hamarikyu/event/2009/05/event159.html

 日本人のチェンバロ奏者の中ではもちろん、世界で活躍する日本人の中でも“スコット・ロスの衣鉢を継ぐ”頭一つ抜けた活動を展開する曽根麻矢子。一連のJ.S.バッハの連続演奏会の存在は、広告をしょっちゅう見るのでしってはいたものの、結局重い腰があがったのはこの最終回のゴルトベルクになってようやく(笑)

 曽根さんはもちろん、ゴルトベルクのコンサートも始めてで、今からとても楽しみなのです。

 チェンバロによるゴルトベルクは、やはり鋼鉄のレオンハルトの演奏が真っ先に挙がりますが、

 私のお気に入りは、カレル・アンタイのもの(MIRAREの二回目の録音のもの)。



 ゴルトベルクといえば、言うまでもなくグールドの演奏が、今も足枷となっているという印象が強い。そこから離れるようと必死に抵抗する人もいれば、素直にその地に定住しようとする人もいる。ピアノで弾いたグールドだけど、チェンバロの演奏にもやはり影響がある。
 
 二回目のアンタイの録音は、グールドのそれから、自然と遊離していると第一印象を持つ。全てのリピートを繰り返し(グールド他逐一現れるリピートを省く人が多い)、曲間の余韻、間隔まで研ぎ澄まされた計算をし、それによってこのミクロコスモスとも呼ばれる偉大なゴルトベルク曼荼羅という閉じた世界が厳密に構成される。
 それでいて、演奏は極めて感性の閃きによって蝶のごとくヒラヒラ舞い、ほとんど変態的でもある(ヴァリエーション1とか)。各ヴァリエーションが、与えられた時間の中で奔放に振舞い、その時間が来ると、また厳密な宇宙の運行にもどって行く。93年のOPUS111に入れた一度目の印象とは全く異なり、10年の歳月を感じさせるレヴェルの高い演奏だと思う。


 さて、二重三重の楽しみがある曽根さんのゴルトベルク、一体どんな素敵なコンサートになるだろう、今から本当に楽しみ。


banner2.gif

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

 
 
スポンサーサイト



テーマ:音楽 - ジャンル:音楽

【2009/01/31 10:47】 | 音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
くまのプーさん

 1月15日の朝日コムからの引用。

引用ここから
 

 森で暮らす、はちみつが大好きなクマと少年の触れ合いを描き、世界中で親しまれる絵本「クマのプーさん」の正式な続編が今年10月、約80年ぶりに出版されることになった。発売する英米の出版社が発表した。

 ロイター通信などによると、続編の題名は「リターン・トゥ・ハンドレッド・エーカー・ウッド」。物語は、プーさんの音声CD版などの制作にかかわったデービッド・ベネディクトゥス氏、挿絵はマーク・バージェス氏が担当するという。トラのティガーやロバのイーヨーも登場し、計10話に150の挿絵が盛り込まれる予定だ。

 原作者側の代表者は「長年、いつか原作の輝きをそのまま引き継いだ続編を世に出したいと思っていた。ベネディクトゥス、バージェス両氏の続編は、原作の精神と質を保ったものになると信じている」と話している。



引用ここまで

 プーさんというとディズニープーの方が圧倒的に有名というか、存在感があるわけですが、もともとはA・Aミルンの原作 「クマのプーさん」「プー横丁に立った家」の二作のみがオリジナルのプーなわけです。
  最近では、有名なディズニー側との泥沼著作権料裁判に心を痛めてきた人も多かろうと思います。そんな折のこのニュースだと、オリジナル側が、その復権を狙っているのか、とか余計な大人の事情を勘ぐってしまいます^^


 いやいや、そんなことは忘れて、愛らしいオリジナル・プーの世界を素直に待ちましょう。そこで、CDを一枚紹介。
 スイスのアヴァン・ポップバンド、ランサンブル・レイエ『くまのぷーさん -ゆかいなパーティーー』です。オリジナル・プーのなんともいえない素朴な味わいを、そのまま音楽にした、秀逸な一枚。ギター、テューバ、ウクレレ、テルミン、クラリネット、様々な楽器を用いて、このすっとぼけた世界をじんわり表現しています。
 
 http://www.locus-solus.co.jp/catalogue/raye.html
 ルクス・ソルスのサイト

 もう、ジャケットみるだけで楽しくなってきませんか?ランサンブル・レイエ、とは縞柄のアンサンブルという意味だそうです。ネット上の各ショップ、在庫あんまりないなぁ。売れてるのか相手にされてないのか、、。
 ランサンブル・レイエ

 安易に言葉なんぞ使わないイマジネーションをくすぐる音楽に、触れてみませんか。お子さんやにはもちろん、友達へのプレゼントにも喜ばれたりします。オススメ。


 banner2.gif

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

テーマ:音楽 - ジャンル:音楽

【2009/01/19 00:07】 | 音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コントラバスの名曲って

 コントラバス(以下CB)の名曲、って言われて何か思いつきますか?
 
 よほどのCB好きでないと、なかなかこれっていうのを持っていないことが多いと思うのです。世の多くのCB弾きは美しい高音域も出しながら魅力ある低音までカバーするチェロに永遠の憧れを抱きながらギコギコしているのです(と勝手に思っている)。

 そして、無理に高音域に手を出して、どうよ、チェロの曲弾けるんだぜ、って頑張っているプロの演奏を聴いても、すげえ!と思う一方、なんだか虚しい感じも私は覚えてきました。
 そんな折、このご存知廉価レーベルナクソスの、ボッテジーニ作品集を知ったのです。

ボッテジーニ

 エレジー第一番ニ長調。 こんなにCBの魅力を備えながらしかも旋律が美しく、聴きやすい曲が他にあるだろうか。高音から、腹が震えるような低音まで、ふんだんに使う。そしてこの奏者ジョエル・キャリントン。トロント生まれの熟練奏者の泣きの節回し。ダンカン・マクティアやシュトライヒャー他6~7人の奏者を聞いてきたけれど、これが一番だと思う。音程と、技巧でやや劣るものの、どうせ作品集に入れる小品だから、と手を抜いたかの如く練習曲の様に淡々と弾く他の演奏と異なり、“悲歌”と訳されるこの曲を表現しきっていると思うのです。

 某レコード店でバイヤーをしていた頃は、勝手にCBコーナー拡充して(100~150枚くらい)、コメントを一々包装の中に突っ込んでいた。故シュトライヒャー氏のお弟子という方から激励の言葉を頂いたり(アホみたいに力いれたコーナーに対してだと思う)。このボッテジーニ作品集Vol1は確か60~70枚位累計で買っていただいた。まぁ、妙に張り切っていたもんです。

 コントラバスってどうもなぁ、という貴方。騙されたと思って是非。練習すれば何とか弾けそうな所も親近感があります。

  banner2.gif

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

テーマ:音楽 - ジャンル:音楽

【2009/01/14 00:46】 | 音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ワインギフトボトル:モールドパコ

 パーティーとまでは行かなくとも、家で飲み会なんていうときにワインを持ち込む人が珍しくない今日この頃。そんな時に確実に注目を集めるギフト包装を発見。

 新聞古紙100%を再生利用しているというモールドパコ。

 モールドパコ

http://www.aura-collection.com/top/index.html

 見ただけで、成型された紙の独特のごわごわしてそうな質感が伝わってきます。どこか、特別な場所から掘り出された宝物のように、懐かしいようでいて異質というか独特の存在感があります。

 一度だけでなく、何度も使える様です。特別に古いワインなんか、僕はぴったりだと思うなぁ。真新しい包装紙や、そのために一緒に買った紙製の袋なんか、似つかわしくない、と気付いてしまった。せっかくの特別なワインのお披露目も、厳かに華を添えてくれること間違いないでしょう。


 banner2.gif

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

 
 

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

【2009/01/12 23:34】 | | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
『独白する~』文庫化!

 平山夢明『独白するユニバーサル横メルカトル』が文庫化!

  

 いやぁ、待ってました。読みたいという期待だけが異常に高かったこの本。相当な話題をさらったわけですが「このミス」のカテゴリーかとかなんとか言われもしましたねそういえば。文庫化を待ってた人は意外にいるんではないかなぁと思ってそこだけで今日のこの文を書いています。

 まだまだ買ったままの本が順番を待つ中、飛び級扱いになりそうであります。


banner2.gif

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

【2009/01/10 01:31】 | | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
お盆セット:obon
 また素敵なモノを見つけましたので急いでメモ代わり。

 チェリーテラスのobon という商品。


 これ、三種七枚のお盆が、収納された状態みたいです。お盆て、規模というか状況が変わっても、そのあるサイズで運ぶしかなくって、かといって複数バラにあると、収納がすごく無駄なスペースが生まれがちなんですよね。
 ところがこのobonセットは、全部きれいにまとまるのでかなり重宝しそう。SMLで構成されているので人数に合わせて、選ぶことができる。お盆自体はやや地味だけれど、統一感があってなんかこういうもの惹かれます、、。

 読んだ記事によると、枚数が多い場合は三枚セットのものもあるみたいですよ。。


 banner2.gif

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

【2009/01/07 00:20】 | | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
初映画:ブリガドゥーン
 会社の上司に借してもらったDVDをようやく見る。これが今年初映画。




 この上司はスコットランドの方で、アメリカ映画だけれどスコットランドの伝説を元にして作られたこのミュージカル映画が子供の頃から好きで、彼の重要なアイデンティティーの足場となっている模様。

 自分はあまりミュージカル映画は見ないのだけれど、これは良かった。音楽の完成度が高く、歌曲として通用すると思った。プロットは実に古典的だけれど、あくまで現実的な実写でもって、幻想的なイメージを植えつけることに成功していて、「異邦人」である現代人の二人が自然に「浮いて」いる様である。悪態をつく親友も現代によみがえる伝説を退屈なものにさせずにうまく場面をつなぐ。
 また歌は何でもかんでも、ではなく人物の自己表現にうまく使われていて白々しさもなく自分も抵抗なく見れた。現在であれば、もっと感傷的に撮っているはずだけれど、とても控えめで大げさでなく、やはりこの時代の映画は好きだなぁ。
 歌名までは調べられていないけど、二人が互いの気持ちを確認する場面(ヒース摘み)の歌は美しかった。そういえばこの時代の映画のカラーは所謂テクニカラーなんですよね。そのせいかわからないのですがパンしたりすると背景(特に山とか草花)の色彩がぼやけたりするのが印象的でした。

 それにしても、リヴァーダンスも向こうのステップダンスですが彼等の膝から先ってなんであんなに軽々しくコントロールできるんだろう。映画見ながら真似てみた(笑)んですが全くリズミカルにできない。簡単そうなのに、、。

 ディ○ニー見るよりずっと良かったです。古きよき時代の「音楽」映画、オススメでございます。



 banner2.gif

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2009/01/03 00:37】 | 芸術一般 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
新年の音楽:無伴奏チェロ組曲(Br.Sax)
 新年は何をしても、これ初○○だな、、とか未だに子供じみたことを考えてしまうのですが私だけでしょうか?逆に暮れは○○収めだなといちいち思ってしまいます。初通話初トイレ初靴下。

 さて意識してやることとしては多少考えてしまうといいますか無駄に意味のあるものにしようなどとあがいてしまうものです。 
 
 そんなこんなで今年の初音楽は、バッハの無伴奏チェロ組曲のバリトン・サックス版と相成りました。年末にタワーに寄って購入。1000円を切っていたのも印象的でした。発売は大分前のものの様です。恐らくは通常のレーベルで出ていて、その後例によってブリリアント・クラシックの激安ラインナップに並んだものでしょう。

 

 ヘンク・ファン・トゥイラールトはアムステルダムのスウェーリンク音楽院で学んだ後、アムステルダム・サクソフォン四重奏団の一員として活動、ソロでも活躍するベテラン奏者。

 サックスによる無伴奏といえば日本では清水靖晃のものがCMでも使われたことでかなり有名なものとなりましたが、このCDはテナーではなく、バリトンサックス。もう一段音域が低いことで、野太い豊かな低音が原曲のチェロを彷彿とさせる。楽器の制約や演奏上の技術的困難は当然つき物で、バリサクに無伴奏としての良さを求めたわけではなくBGMとして良さそう、と買ったのは当たりだった。
 
 バリトン・サックスのソロを聴いたことがないからだろうが、こんな滑らかに音が出せるのだなと驚いた。また解決できない跳躍やブレス時のある種のたどたどしさも妙な温かみを添えている。手軽に「音のある静けさ」を求めたい時にはぴったり。
 HMVのサイトでは全曲(二枚とも)試聴が可能になっていたのでぜひお試しください。オススメです。検索は twillert で。 

banner2.gif

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

テーマ:音楽 - ジャンル:音楽

【2009/01/01 18:41】 | 音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
あけましておめでとうございます
 
 新年明けましておめでとうございます!
 
 例によって年末年始の雰囲気もないまま年が明けてしまいました。今年は引越しをすぐに控えて忙しい年になりそうです。

 さて黙っているとぐうたらな性格の自分なので、ここに今年の目標を書いてしまいたいと思います。後で忘れたとか言い逃れ(自分に)できないように。
 
 ① TOEIC800点を取る
 ② 国家資格を少なくとも一つ取得する

 目標は高くないといけませんしね(汗)頑張ります。

 皆さんも、良いお年をお迎えください!今年もよろしくお願い申し上げます。


banner2.gif

人気ブログランキング【ブログの殿堂】


テーマ:年末年始。 - ジャンル:日記

【2009/01/01 18:40】 | 雑感 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |