FC2ブログ
原因でなく結果を
 11月27日の朝日から。
 『受験生より卒業生で見よ』というタイトルのテンプル大学ジャパンキャンパス学長の記事。昨今の少子化による大学経営を取り巻く環境悪化に鋭い意見を述べられている。

 いや、鋭いと思うのは、わたしのようなものこそ学長氏の批判する日本の大学システムの中にいた最たる人間だからこそだと思う。

 以下引用。
 『(中略)それを見極める方法が小論文や面接試験だが、最終的な決め手のひとつは「この学生は4年間で卒業できるかどうか」であろう
 (中略)米国では、授業料という投資に見合った能力を一定期間内に身につけさせ、卒業させることが大学の責務とされている。「受験生の質」ではなく「卒業生の質」で判断される、と言い換えてもよい。
 (中略)卒業という目標を達成するのは学生の自己責任でもある。そうした責任をまっとうできるのが「質の高い学生」ともいえる。したがって、落第点を繰り返す学生を退学処分にするのは当たり前である。日本で、学業不振を理由に退学させられる学生がどれだけいるだろうか(後略)』

 引用終わり。

 残念ながら、私の卒業した大学と、自分自身には上記の様なポリシーはなかったと言わざるを得ない。日本の多くの資格も、一度取ればその後更新などという概念はない。入学時に優秀な人物を集め、偏差値を上げて、大学の優秀さを示す一つのバロメータとして成り立っている日本の大学は、確かに外部から見てその後の学業の優秀さを見る機会に圧倒的に乏しいことに今更気付く。一部理系の研究室などが発表の場を得やすい位だと思う。 

 犯罪者を国の恥、として排除を求めたのに対して、犯罪を見ればその国(の問題点や程度の低さ)がわかる、と言ったのは誰だったかしら(本当に忘れた、、)。ちょっと違う話だけれど、何となく思い出した。
 考えて見れば当たり前の話に目ウロコになるのだから、それだけ先入観というか原因と結果を正当に評価できていないのだな、と実感した次第。



banner2.gif

人気ブログランキング【ブログの殿堂】
スポンサーサイト



テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

【2008/11/29 16:40】 | 雑感 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
三ツ橋敬子さん:伊指揮者コンクール優勝!
 先日の日経に、三ツ橋敬子さんという方の、アントニオペドロッティ国際指揮者コンクールで日本人初、女性初(!)、さらに最年少(!!)の第一位優勝という記事があった。

 特に歌もの(オペラ)の造詣が深いという三ツ橋さんは、課題曲など選曲にも恵まれ、実力を発揮できた、という。

 昨今のクラシック業界を見ていると、仕方のない面もあるけれど、どうにもお涙頂戴だったり、美人だとかイケメンだとか、内容とは関係のないパーソナリティで売ろうとする(実際その方が売れる)ことが非常に多くて情けない。メディアの出ることもいいけれど、その上で着実にキャリアを積んでいってほしいと思うのは私だけか。
 ○○子とかみていると、スポンサーに課された活動ノルマを必死にこなして、大金を得ているという印象がぷんぷんする。同じコンチェルトを毎年何回やってるのよ、みたいな。
 
 ひっそりと、凱旋コンサートの告知を見る日を、楽しみにしております。

banner2.gif

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

【2008/11/28 00:11】 | 音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ピアノを聴こう
 ピアノを聴こう というジャパンアーツの広告を見た。

 23日に行ったツィメルマンのコンサートの時のチラシ、およびプログラムに広告があった。で、気になったのは、キーシンのチケットの価格(S席18000円)がツィメルマンよりも高い(S席16000円)こと。確かに若手・中堅どころで頭二つ位ぬきんでているキーシンの実力は言うまでもないところなのだろうけど、何が差なんだろうと考えてしまう。

 招聘元が同じだとすると余計に気になる。ツィメルマンは日本での活動を活発化しているので、そのことと関係あるのかもしれない。何度も足を運ぶ人が当然少なくなるので、徐々に調整が入るのか、、。どなたか教えてください^^
 
 余談で、“ホロヴィッツの再来”と銘打ったアレクサンダー・ガヴリリュクに至っては、S席5500円(笑)ホロヴィッツならもうちょっと取ってもいいんじゃない、なんて。

 
 すでにレコーディングの数もかなりあるキーシン、とりあえず、、十八番のショパンかしら。

banner2.gif

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

【2008/11/26 23:22】 | 音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ツィメルマン/約束のコンチェルト
 ツィメルマン/チョンミュンフン指揮のコンサートへサントリーホールへ行ってきました。オケは東京フィル。

 「約束のコンチェルト」という副題がついたこのコンサート、メインはルトスワフスキのピアノ協奏曲であった。若きツィメルマンのために巨匠・ルトスワフスキが書き下ろしたこの曲を、世界中で演奏していくらしい。

 ルトスワフスキという名前を聞いたとたんに予習は必須と思い、CDを購入。本番に備えた。
 
 ルトスワフスキとツィメルマンが録音した自演CD。現代音楽ということで身構えてしまいそうだけれど、そこまで難解ではなかった。全ての楽章がアタッカで演奏され、流れる様に、音を紡ぎながら音楽が進んでいく。ぼんやりと見えるモチーフが、形を作ったかと思えば離散しながら、終結に向けて流動する。

 演奏会の感想としては、チケットが高いという印象が拭えず、入りは7~8割り程度。二階のS席の空きかたはちょっとひどかった。ツィメルマンだから、というミーハーな理由で聞きに来てメシアンに続くこのコンチェルトに首を傾げる人もいた。
 個人的には、ツィメルマンという巨匠の技術と風格を、まざまざと見せ付けられたという感想。音が密になってもバランスを全く失わないで正確に並んでいく。一方そのテンションにオケがもう一つついてこない感じ。ブラボー隊が即座に仕事をしていましたが、拍手もそこそこ。曲の問題なのかなぁ。

 その点、帰る人もいるんではないかと思うくらい、期待のしていなかった運命が、良かった。概してアツくノリのいい演奏であったが、随所で伴奏とメロディーのバランスを見直し、新鮮な響きを表出していた。ベースは10本もいたのだからもう少し迫力が欲しかった、、。

 そして大団円。果たしてものすごい拍手が巻き起こった。はっきり言って目玉のツィメルマンの比ではない。アンコールがないと分かっても、止まない拍手。ついには引き上げるオケに逆らう様に再度チョンさんが出てきて、メンバーに戻って来い!と促して半分以上のメンバーが再度ステージへ引き返す。指揮台におもむろに上り、右手を振り上げるしぐさ。アンコールやってあげたいんだけど、っていうことか。

 しかし、チョン・東フィルがこんな人気があるとは知らなかった。今回の運命の良さだけではあるまい。思うように売れなかったのだろう、割引チケットまで出回っていた今回のシリーズだが、いいものが聴けた。それでも17000円は高いけど(笑)

 
 チョンさんで大好きな一枚はコレ。バスティーユ管とのシェエラザード。情熱的で、かつクリアな響きが魅力。学生の時聴き倒した。

 banner2.gif

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽

【2008/11/24 02:26】 | 音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
テレビの凋落
 ついに、テレビの減収減益が始まった。以下、日経ニューメディアから引用。

 『日本テレビ放送網は2008年11月13日,2008年度中間期(2008年4~9月期)の決算を発表した。連結の売上高は前年同期に比べて0.3%減少の1649億8600万円,営業利益は同87.7%減少の12億8600万円,経常利益は同74%減少の32億9200万円であり,減収減益となった。純損益は12億2000万円の赤字である』

 引用ここまで
 自分がテレビを見る時といえば、食事と、その後まったりしているときくらいのもの。特にお笑いは好きなので、録画しておいたものをCM飛ばして見る。マスコミの信用のならなさ、くだらなさは言うまでもないので殆どお笑いと天気予報くらいしか見ない。

 で、なぜお笑いだけを変わらず見るのか考えてみた。

 お笑いは、全部最初から嘘なんですよね。あってもなくても、そうであってもなくても構わないもので構成されていて、結果が面白いか面白くないかというだけで成り立っている。だから、迷惑など自分にはかからない(広い目で、いじめを助長、とかはあるかもしれないがここでは自分視点のみ)。一方、ニュースやドキュメンタリー番組や何かを紹介する情報番組などは、嘘でも本当のように流すことができてしまう。全てが嘘であるとは言わないけれど、確認ができない以上、疑われても仕方がない。

 ゴシップ紙やネットで当たり前の情報が、テレビを始めとする大手メディアで報道されないというのも、自ら首を絞める結果となっている。ネットはそれこそ嘘がはびこるので、ソースや証拠の確認をかなりの人が行っている。質問したり、ソースの提示を求めたり。同時に、大手が流せない情報を必死に流そうとする人が流れ込む。自らのアンテナを張ろうとしない人は、情報の難民となって、振り回される。

 昨今の国籍法改正案もホットなニュースだ。日経ネットから引用。

 『政府は4日の閣議で、日本人と外国人の間に生まれ日本人の父親が出生後に認知した子について、両親が結婚していなくても日本国籍の取得を認める国籍法改正案を決定した。今国会に提出し、成立をめざす。

 両親の結婚を国籍取得の条件とする国籍法の規定を違憲とした最高裁判決を受けた法改正。実子でない子を認知する不正行為を防ぐため、虚偽の国籍取得届を提出した場合の罰則(1年以下の懲役か20万円以下の罰金)も盛り込んだ。』
 
 引用ここまで。
 つまり、子の認知においてDNA鑑定など厳密な査定がなく、国籍を与えてから、見つかった場合においてようやく20万の罰金なんてものが課される。無茶苦茶だ。これでは、20万円で日本国籍売ります、というのと何にも変わらない。子供とは50歳でも子供なのだから。外国人が悪用するのは目に見えているのではないか。
 DNA鑑定の導入には、他の法律との兼ね合いや、家族とは血縁のみで判断されるのではないという考え方も考慮しないといけないはずだが、結果訪れるものが重大すぎる。今回の法案では。

 このニュースのみでは、単なる事実報道で、問題点が目立たないように書いている。権力の監視という素晴らしい「ジャーナリズム」を標榜する大手メディア様はなぜこの重要な問題をクローズアップしないのか。たった三時間で衆議院を通過したこの法案は、下手をすればこのまま深い議論もなく、三連休明けの28日にも、成立の見通しらしい。

 banner2.gif

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

【2008/11/22 16:17】 | 雑感 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
音楽の格?
 つい先日、かの坂本龍一教授が、新しい著作について、一言寄せている記事を読んだ(朝日だったと思う)。
 
 その中で、「クラシックが格上という認識は終わった(もしくは変えることができた)」(大意)という意味の文章があった。
 そもそも、クラシックが「格上」とか「敷居が高い」などと感じていたのはクラシックを解さない人々によるものであったわけで、その人たちがクラシックを格上と思わなくなった、ということに、何の進化らしい意味を感じているのだろうか。
 
 すでに歴史に名を刻み、風化せず再現され続けている、という意味において、当然それを格上と呼ぶこともできようが、それと現在世に問うている音楽と何をどの様に比べ様があるというのだろうか。単に小難しい音楽を解さない人々が、その代わりに聞くものを見つけたという程度ではないのか。現在の音楽をするために、オーケストラの形式をとらなければならないなどとは少しも思わないけれど、いわゆる「現代音楽」とクラシックの中でもジャンル分けされて敬遠されがちな部分にあってはそれはそれで、それが少しも取り入れられないというのも変な話だ。

 教授の話は要は今日ビジネスのラインに乗せるには、クラシックではダメだという意味合いでしかないのではないだろうか。確かに食べていける上に金がかかることを考えればその通りだけど。

 ところで、上記の教授の言葉は、新しい音楽百科のシリーズを紹介する際の言葉であった。「重要だから、バッハにはそれなりにページを割いた」らしい。浅田彰の名前もある。芸大を出ている教授のことだから、勿論に博学であるはず。批判するにもとにかく読まないと、って単価高すぎ(笑)CD一枚と本で、、。しかも第一巻だけ。音源別売りにして(こんなの買う人は有名な曲くらい持っていそうでしょう)ほしいな。
 


 banner2.gif

人気ブログランキング【ブログの殿堂】
【2008/11/19 23:59】 | 音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
エアコン戦争。
 少し前の『放送室』で、松ちゃんがエアコンのリモコンについて、文句を言っていた。

 概要はこう。エアコン本体と、リモコンは常に同期していないといけないが、何かの拍子にズレると、そのずれを戻そうにもうまくいかないというもの(本体は動いているのに、リモコンだけがOFFになったりすると、次の動作が素直に進まなくなる)。

 これを聞いて、突然思い出した。自分はこれを利用して、エアコンをいいように使っていたのだ。
 
 父親と、自分は暑がりで、エアコンガンガン派。なんだったらTシャツのままでクシャミするくらいの感じが理想だったりする。母親もどちらかというと暑がりだが、そこまでではない。
 我が家のエアコン戦争は、暑い寒いの争いではなく、完全に電気代に対するものだった。冷やそうとする父。それを阻止する母。せっかくエアコンをつけているのに、27度では使わない方がマシなのでは、と余計な疑念が浮かぶ微妙な暑さ。

 そこで自分は考えた。エアコンと、リモコンは同期しているという前提を崩せばいいのだ、と。母親は自分の暑さを多少解消しつつ、電気代を抑えたい27度ラインを目指す。我々は妥協しても26度、さらには25度でも当然だろうというスタンスだ。
 リモコンを見て、27度を一旦確認。そこから母親が近くにいない隙をついてピッと26度へ。25度へ飛ぶこともあった。そしてここがポイント、リモコンの電波発射部分を手で覆って(ボタンを押しても本体が反応しない)、もしくは電波が届かない様な角度へ向いて、27度へ戻す。これで、リモコンは27度を表示しているが、本体は実は25or26度。母親が確認するも、27度、となっていれば気がつかない。
 
 今更だけども、我ながら悪質だったなぁ(遠い目)。ごめんよ母さん。

 banner2.gif

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

【2008/11/15 00:55】 | 雑感 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
dolls:北野武
 今更、本当にいまさらながら北野武のDollsを見た。同僚がDVDを貸してくれたのだ。

 特別に避けているわけでもないのだけれど、キタノ作品を見るのはhana-biについでこれで二つ目。

DVDのパッケージを見ても、中のインタビューを見ても、ヨージヤマモトの存在感がデカすぎる。ヨージヤマモトという存在が、そもそもビッグで映画の中に入り込んでしまう。せめてクレジットも最後に出すとか、工夫してほしかったなぁ。いや、とても衣装は良かったと思う。
 衣装は四季と一体化していて、文楽人形である佐和子と松本が道標になるように幻想的に現実を舞って、それに他の二組の男女が磁石につられるように運命に翻弄される(佐和子も松本も翻弄されているはずなのだけれど)。

 映画を云々できるほど見ているわけではないけれど、よき時代のフランス映画を見ているようだった。無意味で、存在感のあるカット。話のつじつまを合わせないでそのまま進めてしまう(特に佐和子と松本)ところなどは、ポップコーンとSEXに洗脳された映画ばかり見ている多くの日本人には理解しにくい(良いと思えない)のではないだろうか。

 あれらは、ああいう風に撮ることでしか表現ができない(もしくはそうするのが最も分かりやすい)からその様に撮られるのであって、言葉で説明がつながらないから云々というのは、そもそも映画なんてものを見る必要もないし、誰かの伝聞で十分。だから、誰かの「泣いた!」とか「泣ける!」という究極に平準化された文字・言語表現が、今日の売上極大化のみを目指す映画呼び込みにおいては重要な意味を持つのではないか(もう一つ。だからこそ、マンガだったものを映画、ドラマ、小説、あらゆる形式に置き換えようという発想が出てくるのではないか。本来はそれそのものの姿でしか成立できないデリケートなものなはずでしょう?)。自分が泣くかどうかなどどうでもいいし、泣く、ではなくて、あるのは泣いてしまった、という事後認識だけなはず、、。よって、泣けたとか泣けなかった、とかあらかじめ設定されたチープなお題目に沿った感想しか持ち得ない。

 かくいう自分も邦画を見ている量が洋画に対して絶対的に少ないし、もっと入り込んで行かないといけない、。自戒を込めて、自分の感情の乏しさにムチを打つようにしてもっとアンテナを広げていようと思うのでありました。

 
 

banner2.gif

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

【2008/11/11 00:36】 | 芸術一般 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
お幸せに!カロンセギュール
 10数年来の高校時代の友人が、結婚する。部活の友達なのだが、未だに同じ学年は全員集まって飲む位仲がいい。女の子は全員すでに結婚してしまっているが、男はまだ二人目(笑)。一人目は式自体を上げなかったので、今回は皆お祝いに気合が入っている。
 
 で、自分はどうしても都合がつかず、出席できなくなってしまった。皆で買うプレゼントとは別に、何かしなければということで、ワイン会社に勤めていてワインを使わない手はございませんでしょう、早速思いついたご存知カロンセギュールの在庫をチェックして、年代を感じさせる99年が良さそうではないかということで同僚のスーパーソムリエ様にすぐに飲んでも楽しめるかどうかご意見を頂戴して、購入。んでもって調べてみたら二人の付き合い始めが何と99年、、。どんぴしゃだったのにも驚いたけど、結婚、待たせすぎw

 calon segur
 で、買った99年を一枚ぱしゃ。くぅ、自分が飲んでいないというのに人にあげるために買うとは、、。自分はセカンドのマルキ・ド・カロンで我慢します、、。

 banner2.gif

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

【2008/11/08 12:55】 | | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
時計が欲しい。
 とにかく時計が欲しい。

 今使っているORISはもう十三歳。大学1年生の時に使い始めて、故障などもせずにコツコツと時間を刻んでくれている。質の高い機械式時計の入門メーカーとしても名高い(ブランド価格を取らない)ORIS。いいものは壊れませんです、ハイ。
 
 自分の計画は、約15年タームで次のステップへ進むというもの。第一期は18~30までで帳尻を一旦合わせて。30~45歳が二期、45~60歳が最終第三期。道楽にするつもりはさらさらないので、その自分の年齢にふさわしいと思える大事な時計を慎重に選んで行きたいです。

 最終はもう決まっています。ジャガールクルトのレベルソ(グレードは未定)。今の自分にはまだ早いというか渋すぎるのですが、絶対これと決めています。
 で困っているのが第二期。今31歳ですから、もう次のを決めないといけない。今候補はIWCのポルトギーゼ(モデル未定)か、値段で40万くらいまでのもの。IWCははっきり言って見た目。価格が非常に高く、もうジャガールクルトが買えてしまう値段なのもちょっと困り者、、。かといってポルトギーゼに勝る欲しい時計が一向に現れず、、。何とか値段を抑えてしかも妥協のないものが、、あぁ今日もこうして眠れないのであります。
 
 皆さんはこだわり、ありますか?あると、生活が楽しくなります。色々頑張ろうという気にもなります。一点だけ問題があるとすれば、最後の時計を買うあたりまでに、結婚したとしたら奥さんには計画黙っておかないと大変なことになるよなぁ^^

 
IWCポルトギーゼ。

 
ジャガールクルト。渋い!
 
banner2.gif

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

【2008/11/06 23:59】 | 雑感 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ジャン・フルネ死去
 最高齢指揮者であった、ジャン・フルネ氏が11月3日、亡くなった。つい先日のガリー・ベルティーニの死去もまだ記憶に新しいこのごろ、東京都交響楽団にゆかりの深い偉大な指揮者がまたひとり。

 とにかく、牧歌的で、おおらか、清澄な響きというイメージが強く残る人であった。フランク、ショーソン、オネゲル、ファリャ、、この人のおかげでどれほどの人が鮮烈なフランス音楽について開眼させられたのだろう。

 日本を引退の地としてくれた氏。こちらが心配になるような足取りですぅっとステージに来て、優雅な音楽をさらっと奏でていく姿が印象的であった。

 心から、ご冥福をお祈りします。


 http://www.tmso.or.jp/j/topics/index.php#jean

banner2.gif

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

【2008/11/05 23:05】 | 音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
音楽選び。
 最近は知らない人がないくらいに有名な恒例行事ボージョレ・ヌーボー。何かと酒を飲む理由を探しているような民族、かつ新しモノ好きの日本人にはぴったりなのかもしれません。

 で、ウチの会社では毎年ヌーボー祭りなるものを催しており、内勤が主催で色々普段やらないことで頭を悩ますわけであります。

 自分は音楽と飾りつけをやることになっていますが、特に音楽についていつも悩んでしまいます。自分で勝手に課したルールは、
①雰囲気を壊さない
②多くの人が知っている音楽はかけない
③かと言って耳当たり?の悪い音楽は選ばない
④上記を満たせばジャンルは問わない

 です。去年はインストものが多かったのですがイマイチだったと感じたので、今年は歌モノ中心です。ややボリューム上げ目でかけると、音楽特にボーカルが会話を邪魔しますので、一段と声が大きくなって自然と場の会話が自然と盛り上がるというなんとも古典的な手法であります。

 曲順まで考えると夜も眠れないので、曲だけ選んで後はランダムでかけるつもりです。今年は、ポップス(US、UK、ブラジル)、ジャズボーカル、ハワイアン、ファンク何でもござれ。知ってる曲がかかるとそれはそれで盛り上がることもありますが、有名なものほどアンチな方も同時に多いので考え物です。それなら聴く気さえなければ気にならない知らない曲の方が「バックミュージック」としてはいい仕事をするはずかと。でも音楽が好きな人だったらなにコレ?って反応してくれないかなぁ、というひそかな期待も込めてしまいます。

 ついでにイチオシバンド
 ブラジルの超人気ポップスバンド pato fu (パト・フー)であります。言葉を解さない者にとっては、フランス語と並んで言葉の響きが素敵なブラジル語。フランスにはシャンソン、ブラジルにはボサノヴァ、どちらもとてもたまらない空気を生み出す魔法の装置であります。そんなブラジル語のポップスがまた悪く聞こえるはずもなく。日本人でもすっと入ることのできるキャッチーさが、歌詞がほぼわからないことでよりピュアな音楽として染みてきます。

 ちなみにボーカルのフェルナンダ・タカイさんは日系三世。日本でも人気がけっこうあるみたいです。

 http://www.hmv.co.jp/product/detail/2613439
 ↑特にオススメであります。

 banner2.gif

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

【2008/11/03 23:30】 | 音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |