FC2ブログ
松本人志失言問題

 松っちゃんのアホが死んでも構わないという趣旨の発言が波紋を呼びました。土曜深夜のラジオ「放送室」での発言で、私も録音して毎週聞いています。
 実際のところは、おかしいのは最初に報じたJ-CASTだ、との批判が飛び交い、逆にJ-CASTが祭られるという事態に発展した。マスコミの部分だけを切り取って悪く、もしくは意図的に誘導しようとする姿勢は今に始まったことではないけれど、ここまでひどいのは珍しいのではないか。

 放送自体は、チューリップ花壇荒らし事件から始まり、一貫して「メディアはこういうのを報道する必要ない」(そもそも騒がれて楽しみを感じるのだから)「アホが真似をする」という論調で話は進みます。このメディア・アホ批判は10分近くあったと思いますが、序盤から模倣したりする人を「アホ」と呼んでいます。硫化水素自殺に話は及び、やはりメディアがなぜ一々報道するのか、疑問であるという話が続く。ここで松本は「(前略)アホが死んだら別に俺はええねんけど(後略)」と発言。これがJ-CASTに批判される。

 放送をきちんと聞いたまともに日本語がわかる人なら誰でも読み取れることであるが、松本のスタンスとして、自殺をする人がいるのは仕方がなく、いくら止めろといったり、このように放送で呼びかけても、無駄(ゼロにはならない)である、というある種の諦観がある。そして、自殺そのものが罪深いもので、そんなことをするのは「アホ」だと断ずる。どれだけ本人が小さいことで悩んでいようが、下らないことでくよくよしていようが、自殺をしてしまったら全て終わり。自殺をするのは下の下だと。
 
 だから、松本本人としては、自ら「アホ」に成り下がる人は、個人対個人として関わりたくもないと思っているんだと思う。実際に自分のこととして考えた時、自分の友達がそんなことを考えていれば、止めもしよう。しかし積極的に自殺の名所やらに暇さえあれば行って、自殺を止めることなんてするだろうか(そういう活動をしている人は実際にいる)。皆どこかで無関心なんではないか。
 だからそんな「アホ」が死んでも構わない、のだ。死んでもいい、と言うのではなく、そいつの勝手だ、という意味だ。でも、死ぬな!なんてアツいメッセージだけを流すなんて松本の性分には全く似合わないことは知っている人も多いだろう。どうしても問題となったような言葉を前置きしたくなるのは彼にとって自然だ。個人的にはどうでもいいんだけども、という。

 「自殺する人はアホで、すべて止められるものではない。が、しかしなぜメディアは煽るような、知識や、ヒントを与えるようなニュースを流すのかわからない。止めるべきだ」がこの一連の会話の趣旨。もちろん批判的な感情を覚える人もいらっしゃると思うが、その時はどうか全文を聞いてから行動されて欲しい。青山学院の入試問題批判を思い出すなぁ。


 人気ブログランキング【ブログの殿堂】
 

スポンサーサイト



テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

【2008/05/25 19:07】 | ニュース | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
大統領候補指名戦線。

 日を空けてしまいました。あけないようにしようと思ったのに、、。
気を取り直して頑張ります。

 まず、ヒラリー・クリントン。


【ワシントン=山本秀也】米民主党の大統領候補指名を争うヒラリー・クリントン上院議員は23日、劣勢の選挙戦を継続する理由として、同党の候補指名を目指したロバート・ケネディ元司法長官が1968年6月に暗殺された事件を挙げた。ライバルのオバマ上院議員が“不測の事態”に見舞われることを期待したともとれる極めて不穏当な発言で、同氏は「遺憾だった」と陳謝した。

 来月3日に予備選を控えたサウスダコタ州スーフォールズの地元紙オーガス・リーダーとのビデオ会見で、クリントン氏は、「私の夫は92年、6月半ばのカリフォルニア州予備選で勝つまで活動をやめなかったでしょ。ボビー(ロバートの愛称)・ケネディがカリフォルニアで6月に暗殺されたことは、みんな覚えているわよね。だから(選挙戦撤退の要求について)私は理解できないわ」と語った。



MSN産経ニュースから。
いや、この発言そのものが理解できないわ、でしょう。意図は恐らく選挙戦は何が起こるかわからない、以前こういった例もあるのだから、最後まで可能性に賭けよう、ということではないか(一万歩くらいゆずって)と思っている。しかしこの立場の人の発言としてふさわしいものかどうか考えればわかりそうなものだが。結果的に民主党そのもののイメージも低下させかねないこの無能発言は自爆以外の何ものでもない。
 ヒラリーのヒステリック顔が当初から生理的に受けつけなかった私としては、ようやくか、というところ。

 表情豊かなヒラリー女史のご尊顔集を堪能してお別れ。しかし本当にすごい顔だ。

hillary-clinton-faces-vertical.jpg

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

【2008/05/24 17:58】 | ニュース | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
パスタを作る!
 
 先日母の誕生日やら母の日やらをごちゃまぜにしてプレゼントしたティファールのセットを使ってパスタ作りに挑戦しています。
 過去記事 http://kogumamonolog.blog107.fc2.com/blog-entry-74.html

 まずは、パスタの基本中の基本、オイルベースのパスタを勉強しようと思い、これまた基本中の基本であるペペロンチーノを作っています。

 当たり前のことみたいですが、本で見ても、ネットで見てもほとんどレシピが変わらないんですね。非常にシンプルで短時間に作れてしまうんですね。逆にイタリアではパスタのメニューに載っていないんですって、、!びっくりしました。ここから色んなパスタを作るのだから納豆ご飯、とか卵ご飯、とかそういう存在なんですか。

 食材も限られるため逆にやることなすことがいちいち味に反映してしまい、同じことをしているつもりなのに味が毎回ちょっとづつ違う。よくなっているのならいいんだけど必ずしもそんな感じが、、。しかし思いだすのは、横浜駅地下にあったパスタ屋のチャオ。チェーン店で改装とともになくなってしまった。あすこのぺペロンがめっちゃ大好きだった。特に濃い顔の外人さんが作っている時のがうまかった。彼がいないで日本人が厨房にいたりすると、がっかりしたり。でも今自分で多少作るようになってみて店のレシピがいくらあっても、個性が出てしまっていただけなんだなぁ、と思うようになった次第。
 おかげでパスタ屋に行くとぺペロンばっかり頼んでしまいますね。そして味が全然違う。特においしいと思えないぺペロンを出す店もあったりして面白い。他のパスタを頼まなくても大抵一番安いぺペロンを頼めば少なくともオイル系のレベルはわかってしまうのではないだろうか。なんて今更わかった気になっている自分。

 チャオのことを書いたら、牡蠣のぺペロン(風)を思い出した!牡蠣がおいしい時期に絶対やろうっと。
 →チャオ運営のトリコロールはこちら   http://www.tricolore.co.jp/

 人気ブログランキング【ブログの殿堂】
 




 

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

【2008/05/11 01:31】 | | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
のだめ:ツィメルマンのラヴェル
 のだめの最近読んだコミックスで、ラヴェルのピアノ協奏曲ト長調が話の中心になっていた。ムチから始まる曲で、のだめが実演に触れて触発されるのである。

 自分の聴いた同曲を考えると、このブーレーズ/ツィメルマン盤が今のところ好みだ。


 ブーレーズのシンフォニーとかはどうも好きになれない。クールすぎるというか、その透徹した響きがどこかグロテスクな感じがしてしまい、、白河の清きに魚もなんとやら、か。しかし、ブラームスでもそうだけれど、コンチェルトになると俄然プラスな作用が働いている気がする。至高の音楽の高みを目指すツィメルマンのピアノにしっくりはまる。常に「完璧」を準備してからでないと演奏しないというツィメルマンにぴったり。
 温かみのあるアナログ映像もいいのだけれど、細部までがくっきりと浮かび上がるデジタル映像のようなクリアさも瞠目に値する。ラヴェルのような「色彩感」の代名詞のような曲にあってはなおさら。日本ではなぜか認知度は高いのに人気が今ひとつ(個人的感想)なロンドン響も冴えています。

 この二人のコンビでもっと出して欲しいなぁ。あ、近々ラフマニノフも書こう(片割れが違うけど)。


人気ブログランキング【ブログの殿堂】
 


テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

【2008/05/09 00:57】 | 音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
真面目にやってほしい
以下日経新聞のサイトから。


 自民、外国人定住へ基本法・「移民庁」設置など検討
 自民党は外国人の定住を推し進めるための基本法制定の検討に入った。日本で一定期間働く外国人の受け入れや管理政策を担う「移民庁」を設置するほか、不当な低賃金労働などが問題となっている外国人研修・技能実習制度を抜本的に見直す。少子高齢化による人口減少の流れを踏まえ、海外からの人材確保体制を強化する。来年の次期通常国会への提出・成立を目指す。

 自民党の国会議員約80人で構成する外国人材交流推進議員連盟(会長・中川秀直元幹事長)が今月中旬に提言をまとめる。ただ、政府・与党内には治安や国内労働問題から慎重・反対論もある。 (11:10)




 いや、もちろん大事な話なんですよ。国の存亡に関わる話ですから。ただ、当然だけれど日本人には非常に抵抗のある話だと思う。第一に、日本人の子供を増やすことを本気で、死ぬ気で考えているのだろうか。いろいろな問題数あれど、最重要問題だと思うのだが。少なくとも自分の身の回りで、国の子供を増やそう、という政策は感じられない。自治体によって生むたびに手当て、なんてのは前からあるし、そもそも子供を生もう!という動機にはさほど影響しない。子供を生もう、と思うのは自分の生活、子供の生活、家族の未来が考えられる時だと思う。何万円かのために家族の将来を悲観しつつも生もうという人がどれだけいるというのだろう。

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

【2008/05/06 01:05】 | ニュース | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
千人の交響曲聴いてきました
 以前のエントリーで紹介していたマーラーの第八交響曲を聴いてきました。
 http://kogumamonolog.blog107.fc2.com/blog-entry-49.html
 ↑エントリー
 http://www.tmso.or.jp/j/concert_ticket/detail/index.php?id=3179
 ↑都響へのリンク

 三夜連続で演奏される(!)この一連のコンサート、私は中日である29日に。もう、ただただ感動であった。これは初めて8番を生で聴く、という要素も大いに手伝っているとは思う。フィナーレでは、泣きそうになっていた。いや、ほとんど泣いていたような、、。

 一部冒頭から、予想していたテンポよりも数段速い。呆気にとられるうちにあれよあれよと進んでいく。音響はピカイチとの評判のミューザ川崎、数百人の合唱に最大級編成のオーケストラ、パイプオルガン、バンダ全部が鳴っても聞き分けられる響きのクリアさ。特に驚いたのは、二階のステージ向かって左サイド、ベースがほぼ正面の位置だったとは言え、あんなに低音がくっきりと聴こえたことはなかった。テュッティになっても、聴こえるとは都響が恐るべしなのかインバルの手腕かはたまたミューザの尋常ならざる音響のせいなのか。

 私はベース弾きなのであえて言及させてもらうと(したいだけ)佐野さんの演奏が好きだ。都響唯一の女性奏者にして、日本ベーシスト界のホープの異名をとる(らしい)。直接彼女の音が聞こえることはないけれど、休みの間であっても決して表情の緩まない、ずっと音楽に集中しているところ、小柄な体で五弦をゴリゴリ弾く姿に、どうしても目が行ってしまう。

 さて、第一部はこれまた予想以上のテンポの速さで終結。生の演奏機会の少ない八番、俄然ホールの期待は倍加した印象。唯一の休憩と呼んでもよいこの部間?に間に合わなかった客がダッシュで入ってくる。あぁ、こんなコンサートに遅れてしまうなんてなんて不幸なんでしょう。ふと会場に目をやると空席の少ないこと少ないこと。今まで行ったコンサートの経験では(自主運営も含めて200回位)チケットが完売しても、一割~多くて二割は当日これなかったのか空席になることが多いのだが(海外有名オケであっても)それに比べて非常に少ない。やはり注目度が高いのか。

 心なしか恐る恐るチューニングをすませて(そのように見えた)第二部へ。あまり細かく書けないので省くけれど、二部はテノールの福井敬さんが圧巻であった。マーラーというと何かと福井さんが歌っている印象がある。もちろん役回りが良いというのもあるが気迫が漲っていた。
 合唱については、弱音部が苦手のように感じた。静謐な音作りはインバルの得意とするところだが、合唱は少し勝手が違うのだろう、神秘の合唱でも、小さく、それでいて張詰めた荘厳な表情を求めたが、やや節操がなかったように感じた。金管は日本のオケの中でも安心して聴ける同響、今回も良かったと思う。が昨年末の悲劇的のラッパ、今回のコルネットと気になる外し方をしていたのが残念。

 私はサイド席でやや横を向いているので、バンダやソプラノが右上方から降り注ぐように聞こえ、前方のステレオに加えサラウンドサウンドとなり、音に包まれる演出は素晴らしかった。どの席にいても最適な音響が楽しめるというミューザならではの楽しみであろう。正直初日の東京文化では、階層も幅があり分離して聴こえたろうと思う。

 そして大団円、私は次の音が追いかけられなくなっていた。もう終わってしまうという寂寥感とクライマックスへもう一段大きく音が鳴って欲しいという欲望とで今どの辺りか、あとどれくらいで終わりかわからなくなってしまった。正直、うるさい演出ではあったと思う。これが○○オケだったらもっと、、とか不謹慎なことも考えてしまう。しかし生で、日本にいながら水準の高い千人に触れられた機会と感動は何にも替え難い。


インバル・DENONの全集は傑作


人気ブログランキング【ブログの殿堂】
 

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

【2008/05/04 03:03】 | 音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |