FC2ブログ
地デジ化

 2011年に終了する、アナログテレビ放送。若者には割りと周知の事実なわけだが年配の方には中々広まっていないらしい。当然だわな、若い衆はPCやら液晶やら、それを見据えて色々な計画を立てないといけないわけで。
 でも、「これは、アナログ放送です」みたいなテロップを四六時中流すという方針はいかがなものか。というか大反対である。こんなもの、映画やスポーツを録画したって、ウザいだけだ。勝手に話を進めて、テレビの買い替えで生じるゴミ問題には触れず、特定業者を潤す新たな利権B-casカードやらなんやら、おかしなことばかりだ。
 
 しかしこれは、私はテレビを見るのをやめよう、という大きなきっかけになると思う。最低限のことは、ラジオや携帯のワンセグでどうにかなるし、自分にとってははっきり言ってお笑い番組以外は、なくなっても本当に後悔するものはそう多くない。
 
 もはや、視聴率だって眉唾ものだ。ネットを見ると、ニュースサイトがアンケートをとっていることがよくある。ワンクリックで回答して、画面の脇に進行形の結果が表示されている。しかし、当然ネットを見ている人しかこれには答えられないわけで、幼児ポルノ規制や青少年ネット規制法案などには当然のごとく反対に偏る。これには、年齢層の偏りが絶対にあると思う。しかるに、夜テレビを見なくなった若者が増えた今、テレビの視聴率も、年齢層が偏りだしているのではないか。
 旧来の視聴率調査では、テレビを見る、という行為そのものを、一般家庭ではなく視聴率調査に選ばれた、という一種の優越感に似た感情をして厳粛なものにさせているという部分は間違いなくあると思う。だから、もはや一般家庭のテレビを見るという動機と、視聴率調査に選ばれた家庭の動機は、差こそ同じであれ、質は変わってしまっているはずだ。
 
 だから、当然のように広告主は撤退するか価格を下げようとし、その代わりに今まであまり見なかった朝○玉いれのCMをやたら見るようになるのだ。そしてテレビ局は減収。
 
 もはや久しぶりに蓋をとってみた排水溝の外側からはそこまでとは思えなかった内側の予想外のなんだかわからない汚泥の集積のような行き着くところに行き着いてしまった感じのテレビは、見るのをなるべくやめよう、と思う。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】
 
スポンサーサイト



テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

【2008/04/27 20:16】 | ニュース | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
フライパン購入。
 家で使っているフライパンが古い、とのことで、これみよがしに「新しいフライパンほしいなぁ」と母親に言われたので嫌だ、なんて言ったものの最近はワインを使ったハンバーグソースなどで徐々に料理に興味が沸いてきたワタクシ、せこせこと検索しまくりまして。楽天はくらし屋さんで購入。自分ももう少し料理というものをやってみようかと思いセットをセットものにしてみた。

 

 ガラスが専用のものがあるものを、ということで選んだとても重宝するセット。
・フライパン22cm/26cm
・ソースパン 16cm/20cm
・マルチポット 26cm
・シールリッド16cm/20cm
ガラスぶた 26cm
・専用取っ手(ブラックファイヤー1本)
がついて定価は約18000円ですが相場は12000円~14000円みたい。まずは使用感想としては、鶏肉や、餃子などが、パリっとさせたいところだけパリっとさせて、それ以外は柔らか、みたいなことが簡単にできてしまう、、。油も少なく、洗うときもサッと落ちる感じ。調理を始めるのに便利な温度でお知らせマークも素人にはたまらない。あと、やっぱりぴったりハマるガラス、最高です。。

 色々な料理に手をだしたくなって楽しくなってきました。中々買い換えようなどとは思わないフライパン類。穴が開いたり変なものが溶け出す前に、新しいものに代えてみませんか?

人気ブログランキング【ブログの殿堂】
 

 

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

【2008/04/27 19:54】 | | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
AKG(アーカーゲー)を買いました
 AKGのK314Pを購入しました。

 HI380014-2.jpg

 以前使っていたK14Pが二年近く使い大分疲れている感じ?がしたので選手交代。珍しく家で、CDで聴かずにポータブルでジャック・ジョンソンを聴いていたら、右側に違和感が。特定の低音が鳴るとどうも共鳴しているのか音というよりも振動に近いはっきりしたものを感じる。翌日、通勤途中に同じ曲を聴くが、ボリュームを上限近くあげないとわからない。車とか低音成分が強くてかき消されているんですかね。
 気になるのは、いつからこうなっていたのかさっぱりだということだ。曲によって(クラシックとか)は、まったくこのような現象がないので、単なる故障なのか以前からこのCD・曲に対してだけこうなっているのか今もわからないが、通勤で歩きながら、時には小雨の中、酷使したのでお疲れ様。後輩に試したいという人がいたので、ゆずってみた。彼はいたく気に入ったらしい。

 さて、値段的にも少しグレードアップした314P。「ならし」であるエイジングをしないといけないらしいのだが、まぁ要は聴けばよいのだろうと、気にせず使う。
 現在20時間ほど使っているが、初期の感想としては、非常にいい。まず、よくAKGイヤホンによく言われる低音の物足りなさが、あまりない。K14Pではまったくあてにできないほどの低音だったのだ。エレキではなく、コントラバスの音は壊滅状態だったのだが、音量はそこまでではないものの、歯切れの良さを感じる。さほどボリュームを上げなくても、シンフォニーでの刻みがJR東京駅ホーム(東海道線)で聴こえてびっくり。
 また、全体のバランスはちぐはぐ・バラバラに聴こえる。慣れてくるとまとまるのかもしれないが、立体感・解像度が高いともいえるのかもしれない。特に金管の響きはよい。ブリブリした音圧の高い金管らしい音が、非常に鮮明に聴こえる。生演奏では金管は角度が合うと、客席にいて体に振動がくるのだが、それを思い出させる位のブリブリ感だ。ちょっと浮きすぎる位で金管が鳴ると音漏れがしまいかボリュームが気になる。
 音質に影響があるということで、途中についているボリュームコントロールを外す処置をする人がいるみたいだが、外で聴こうというのにどれだけの音質を求めるんだろう、、。私はこれ、相変わらず重宝してます。構内放送などがあると、サッと音量をゼロ近くにできる。MAXを基本にしておけば、すぐに同じボリュームに戻せる。

 K14Pの時はあまり気にならなかったが、このK314Pに関しては、スポンジをつけた方が具合がよい。(若干耳に合わないので、スポンジを付けた時にしっかりフィットしているだけ、という可能性も高い)低音に一層の締りが出る。

 残念ながら、ジャズやボーカルでは、さほどの違いというか、進化を感じられなかった。しかしそれでも、ピアノの音が肉感的に響き、粒に表情が出ていて、素晴らしい。やはり音が多いクラシックで、力を発揮するように思った。

 情報として載せると、現在はM1GB5という、ケンウッドでも一番下の旧モデルを使用してます、。まぁ少なくともipodよりはいい音がしますが、せっかくなら評判がいいというメディアケグシリーズにこちらもグレードアップしたいところであります。。あぁ年に一度の四月昇給、沢山して、、(切実)

 
K314P。私はブラック^^

 
せめて、、30Gでいいからほしい、、


人気ブログランキング【ブログの殿堂】
 

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

【2008/04/20 23:44】 | 音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
薀蓄本の中身
 
 最近、鹿島茂さんの「乳房とサルトル」を読んだ。いわゆる薀蓄本なのだが、単なる知識の披露ではなく、ある仮説に根拠を求める過程を披露し、通説とは異なる結論に導いていたり実際はこうだ、ということを取り上げていて結構楽しい。

 

 いや、ただ今日は本の紹介がメインではなく、こういう本を読んだ時に必ずといっていいほど自分に起きるもやもやな心についてがメインのお話。
 
 特に驚愕に値するほど価値観の転換を迫られたときほど、その著者に対する尊敬の念は生まれる。単純に、すごいなぁ、と。そこにいたるまで、色々な研究?をされたことの賜物だ、、と。しかし、ひねくれものの自分はいつもこの後疑ってしまう。本当にこの人が発見したのだろうか?と。特にその驚きの情報が、何かの文献に載っていた、とか誰かが書いた本で触れられているとかそこから導いた話であると、まさにその時自分が手に取っている「本」が、最初に指摘をした本なのだろうかと気になりだす。もう誰かが指摘した後なんじゃないの?とか。

 特に人生お悩み相談系の本にあっては、単なる人生訓の焼き直しであることが多い。その人の言葉で書いたようであっても、実際には1000年前の哲学者の言葉だったりする。でも、現在本を読む人がそれを知らなければ知らないほど、感心させるし、本も売れる。要は馬鹿相手の商売は儲かるということなんですかね。
 以前、柄谷行人(とその周辺)が必読書○○(○○は冊数)とか古典の紹介本を出していたとき、その中で「現在を批評するには、当然古典を知らなければいけない」(大意)というようなことが書いてあった。いくら古典が、現在通用しない内容を含んだものであっても、現在は古典を通じて成り立ったものなのだから、より正確に批評をするには、やはり古典を知らなければ、片手落ちなのだ。今を改革する政治家であっても、歴史を知らなければ話にならないし仕事もできないだろう。

 自分を含め大衆とは馬鹿の集まりと上層の人たちに思われて扱われているのだから、一刻も早くそれに気付いて自己防衛しないといけない。



人気ブログランキング【ブログの殿堂】
 

【2008/04/19 19:04】 | | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
アヴァンギャルド使用感想♪
 前回書きました、ステッドラー社のアヴァンギャルドの使用感想です。

 まず、総じて評判がいいです。会社ではボールペンにこだわっていると思しき人があまりいないので、クールなブルーが見えると、その人の目がぱっとペンに移るのがわかります。またペンに目もくれずに赤と黒のボールペンを使い分けた時は、普通のペンだと思った人には驚きだったみたいです。だって細いんだもん。

 出したい種類の表示を上にして、ノックするとそれが出るので、中に重りがあってペンを回すとどれを押し出すかそのつど重りが動いてロック?するのでしょう、カチャッカチャッと小さな音がします。それがやや気になりますがまぁこのペンの能力ですから仕方がない。気に入らないところをしいて言えば、ノックする部分が長すぎること。もう少し短かったら最高なんですが。バランス的に出すぎなんですよねぇ。

 
女性に人気だという、「アヴァンギャルドライト」(蛍光ペンがないだけ。3in1)も、写真はノック部分は短いですが、リンク先のペン先収納時の写真を見ますと、やはりやや出っ張っている感が否めません。でも多分ですが複数あるペン種を、確実に押し出して、また戻すには、必要な長さなんでしょうね。その辺はドイツのクラフツマンシップというものを何となく信頼してしまうということで片付けます^^


 そういえば、私は音楽(クラシック)もやはりドイツ好みだし、自分の楽器(コントラバスおよび弓)もドイツ(エマニュエルヴィルファー製)。何か重要なチョイスは無意識的にドイツを選んでいるようであります。

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

【2008/04/16 23:17】 | 雑感 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ステッドラー アヴァンギャルド
 日ごろ、中々よい筆記具に出会うことは少ないものです。特に気をつけなければ、会社で支給されているペンをそのまま使い続け、よいとも悪いとも感想のないまま、怠惰に過ごしていくことが多いのではないでしょうか。

 私は以前は、フランスのレシーフ社のレポーターシリーズを使っていました。
 
 レポーターⅡグレー 

 決して安くはないけれど、高くもないほどよい値段に、確かな高級感があります。表面のマーブル模様は、手作業で塗られており、一本として同じデザインはないのだそうです。万年筆と同じデザインですがボールペンとしての使い勝手も追求されており、書き味もよく、会社では常に胸ポケットに挿していたこともあって、ちょっと貸して、と使った人がその具合のよさに驚くこともしばしばで、ちょっとした自慢のたねでした。ペンの上方を捻るとペン先が出る仕組みですが、この捻るときのかすかな抵抗が、たまらないのです。カチッカチッと品のない動きではなく、ツーッと動く感触がなんともいえません。見た目も非常によいですしね。ただ、インク漏れをするようになり、替え芯もストックと入れ替えたのですが収まる気配がなく(特に夏の時期)、シャツについては困るので会社で使うのを控えるようになりました。使用頻度も高くどんどん表面が傷ついていくのも気になっていたのでいい頃合だったのかもしれません。家でたまの出番を待っています。

 それ以来、仕事にもガンガン使える堅牢さと、適度な上品さがあって、更に書きやすいペンを探していましたが、中々これが出会えませんでしたが、ようやく見つかりました。名門ステッドラーの『アヴァンギャルド』です。

 有名すぎるのと、製図など、専門性の高いイメージの同社なのできちっと見ていなかったのです。灯台下暗しというやつですね。ボールペン黒・赤、シャープペン、蛍光ペンと4 in 1の多機能ペン。普通の500円くらいのやつなら、壊れやすそうだし敬遠するのですが、非常に丈夫だという感想を確認。また4in1とは思えない細さで、なおかつカッコいい。途中、グリップの辺りでアルミのボディが膨らんでいるというちょっとすごいデザイン。なんか技術的にもすごいらしいです。
 
 HI380012-2.jpg

 専用ケース付き。質感がよい。わざと光に当ててみました。
 
HI380013-2.jpg

 外箱とケース。ケースは仕切りをとれば、そのままペンケースとして使用可能。 

 三色あって、断然ブルーだろう、とネットショップを探したら、ブルーだけ無いことないこと。割引をしている店にあっては、三色ともない。オーダーして、結果三店舗で入荷未定だったので全部キャンセル。ほぼ定価の店に在庫があったので、ようやくゲット。4月という時期なのか、売れているんですねぇ。

 届いてから、明日月曜がデビュー。こんな日はめちゃめちゃ会社が楽しみ^^


 
 みなさんもぜひ


人気ブログランキング【ブログの殿堂】
 

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

【2008/04/13 19:36】 | 仕事 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
スコット・ラファロ
 誕生日を迎える今日、なぜか仕事から帰ってきて、ビル・エヴァンスのことを思い出した。続いてワルツ・フォー・デビィを思い出し、この永遠に輝き続けるベタな一枚を無性に聴きたくなった。
 時間がないのでPCを開きながら聴いている。相変わらずロマンチックで、どこかはすっぱな、気分をゆっくりさせる音楽だ。

 さらに、ベースのスコット・ラファロに思いを馳せる。ビルの一つ一つこちらの秘孔?を突くような刺激的なのに軽やかに跳ねるピアノに、この人の高音を厭わない美しい対旋律が綺麗に交差する。
 ワルツ・フォー・デビィのCDはジャズを聴かない人にとっても、非常に人気のあるものであり、超ロングセラーを続ける怪物なのだが、僕は2,3トラックに同曲の別テイクが並んでいることに一々感心するのだ。きっと門外漢に聞かせるには別テイクなんてむしろない方がよいのではないかとすら思えるが、ジャズを学ぼうとするものにとっては、これほどジャズとは何か、インスピレーションのすごさ、インタープレイの神々しさをはっきりと感じさせてくれるニュアンスのあるテイクはそうそうあるまい。初めて聴いた時には、本当に同じ曲かどうか、思わずジャケットを確認した覚えすらある。

 そんな相性のトリオが、ラファロの急死によってあっさりと終わりを告げる。たった5~6年のキャリアだったが、エディゴメスなどの才能たちに大きな影響を与えた。この人がもっと生きて、もっとビルエヴァンスらと演奏をしていたら、といつも考えてしまう。実際には存在しない運命だった、あったはずの生まれなかった名演。そんなやり場のない切ない願望も、このアルバムをまたよく響かせる。

 
 最高のピアノトリオ


人気ブログランキング【ブログの殿堂】
 

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

【2008/04/11 00:39】 | 音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
遺憾、の使われ方

 最近なんにも珍しくなくなった謝罪会見。少し前までは、浮気やら不倫などで痴態をさらす芸能人のためのものだった気がするけれど、このところは不祥事を起こした企業のものだらけ。なんとも嘆かわしいばかりですが、よく耳にするのが、「遺憾です」。

 一言でいうと「(問題が起きて、もしくは起こしてしまい)残念です」てことだけど、これは不祥事を起こした方も起こされた方も両方使うし、使える。また第三者も、例えば批評する時に、遺憾である、と使える。もし不祥事を起こした方が「残念です」と言えば、残念とはなんだ残念とは!とお叱りを頂戴するに違いない。しかしここで、神妙な面持ちで「誠に遺憾であります」なんていうと、「そうだ、わかってはいるんだな」という雰囲気でもって受けとめられる。

 そしてこれを現場で受け取るマスゴミ崇高な職務を遂行せんとする各メディアは、これを報道する。というか、こんな単語を言うのを待ってるふしすらあるんではないか。とりあえずその単語が聞こえれば、記事にできるし報道もできる。実に不思議な意味を持つ単語ではないですか。で、まずいことを報告する側としては、この「遺憾の意」を最大限に利用する。
 
 非常に多用されるため、使って当然なのだけれど、本当に謝罪をしている感に欠けると感じるのは私だけか。日常、頻繁に使用する言葉ならばまだわかる。申し訳ありません、とかお詫び申し上げます、とか。でも「遺憾です」なんて日ごろ使うか?使わないだろう。
 
 「このたびは、リース車の納入が遅れ、御社の営業を妨げる結果となってしまいました。誠に遺憾であります」
 「ふざけてんの?ずいぶん他人事だな」
となりそうです。とすると、やはり遺憾の意は、よそ行きのおべべなのだ。そんなときだけ使う、便利でみんながあぁ、ちゃんとよそ行きの格好で出てきたじゃないか。仕方ない許すか、みたいに一先ずその場が取り繕われるために使われる言葉。普段身にしみて使っている言葉でなきゃ本当の謝罪の響きなんてしっこない。本当の謝罪はそれなりの覚悟がないといけないものだが、申し訳ありません、なら本心が見えやすいはずだ。本当はその人にとっても謝罪しないと、と緊張しながら使うものだから、心から謝罪する気がないときには、気の抜けたものになる。心と言葉はセットになっているんだ。だから見抜かれる。東横インの社長の、スピード違反みたいなもんよ発言の後の謝罪なんてうそ臭すぎて笑ったものだ。申し訳ありません、と連呼するが、ずっと目は開かない。ひたすら目を閉じて繰り返すだけ。そしてずっと半笑い。きちんと向き合わずに謝罪したふりだけ。目を開けるとなんでお前らに謝罪しなきゃなんないんだという表情が出てしまうからだろう。一種の心理的な逃避をしている。

 だから、よそ行きの遺憾は使いやすい。普段使わないから、心がセットになっていなくても、普段テレビで見ている、アレを真似ればいいのだ、と感じる。演技すればいいのだ。英語でごめんなさいはI'm sorry.。日本語でゴメンナサイを言うのは癪だと思うとき、I'm sorry.で済んだら、と思いませんか。何か謝った感が薄いことに気付くでしょう。英語の能力がネイティブに近い人ほど、この効果は薄いでしょう。もっとなじみのない言葉ならなおさらです。とりあえずロシア語で謝って、といわれ、プラスチーチェ Prostite と教わったら、演技簡単にできるでしょう?だってプラスチーチェなんて私はまったく使ったことがないから、英語以上に心が入らない。

 意味は大体知っているけど、普段使わないから気軽に使える謝罪の言葉がある日本語。他国にもこういうのはあるのかしらん。


 
本文とは関係ないです^^

人気ブログランキング【ブログの殿堂】
 

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

【2008/04/06 01:34】 | 雑感 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
★サウンドハウス情報流出☆

 楽器などの専門販売で有名なサウンドハウス通称「音屋」が個人情報(クレカ)流出です。

 http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2008/04/04/19101.html
ネットニュースのリンク。

 2ちゃんねる等の掲示板では、被害報告が集まり、具体的なカード会社の対応がUPされています。またどのような人が被害にあっているのかの参考にもなりますので検索してみるのもよいと思います。普段2ちゃんねるを使わないという方は、文中にあるリンクを踏まないようにすればそれ以外は特に普通の掲示板ですのであまり神経質になる必要はないと思います。

 クレカ情報が流れていますので、一定期間にサウンドハウスでカードで買い物をした人は被害にあう可能性があります。サウンドハウスではここ最近カードでの購入ができなくなっていましたがこういう理由があったのです。当然管理体制を整えて、再開するのでしょうが、カード情報が漏れたことはとめられません。サウンドハウスやカード会社がいくら対応しても、個人でカードをとめたり、再発行手続きをしませんと、最終的な被害は終わりません。心当たりの方はすぐ連絡を(もっともカード会社の対応は始まっているので、登録の電話番号に電話が来ていると思います)。
 ※サウンドハウスからも、登録のメアドに被害対象者に連絡が入っているようです。

 サウンドハウスで買ったイヤホンの使用感想を近々書こうと思っていたらびっくり。専門店として有名でも、いわゆるロングテール理論で成り立つサイトは、世間でいうと当然マイナー店舗なんですよねえ。あまり大手メディアでの露出がないようなので(個人的感想)取り上げてみました。何かの一助になればと思います。

テーマ:みんなに知ってもらいたい - ジャンル:日記

【2008/04/05 13:41】 | ニュース | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |