FC2ブログ
ゲーム脳

 最近よく、凶悪犯罪(割と若手による)が起きると、その動機の薄さや身勝手な犯行内容から、ゲームや映画からの影響を見てそれらを規制しようという動きが活発だ。
 つい先日の「8人切り」の犯人宅からもマンガ本などが押収されたとか。

 その中でもゲームに関しては、「ゲーム脳」と専用の名前を冠されて少し別格に扱われている感もある。これは、ゲームという内容が、オンラインも含め自由度の高い高度なゲームが開発されるようになってから確かに、引きこもりがちな人の重要な暇つぶしコンテンツになっていると思う。そう簡単にクリアできないし、オンラインゲームは終わりがないものもあるのでいつまででもできたりする。

 そこで、詳しく本など読んだことがないけれど、脳がやられて現実世界で犯罪を犯しやすくなるというようなことだと思う。日常とゲームの中との区別がつかなくなるみたいな。
 でもどちらかというと、ゲームをすることで脳に変化が起きておかしくなるというよりも、一日中引きこもって、ゲームやネットをしていて生活が完結できる、またある程度の満足感を得てしまう生活に慣れた「脳」が危ないんじゃないかと思うんだけども。だって、ゲームやネットがなければ、やることがすぐになくなってしまい、本屋に行くとか、レンタルビデオ屋に行くとか、外に出て新たなコンテンツを入手してこなくてはならないわけで、以前あった引きこもりとは肉体的よりも精神的に引きこもり度が深いと思う。

 以前大学時代に、三年生までで単位をとり終え、あとは部活しかない状態になった四年の時、日中昼まで寝て、夕方朝昼兼用の食事をとって、それから部活に行って、かなり忙しい部活であったため10~11時頃まで練習があって帰り、もう晩飯を食べないといけなくてそんなことしていると夜中になってそれから部活の連中と遊んだりして明け方寝るなんて生活がしばらく続いた。
 2、3ヶ月くらい(だったと思う)したある日、漢字が読めなくなった。新聞は毎日読んでいたのだけれど、ありえないほど簡単な漢字の、読みすら出てこない事が週に数回は起こり、本当に戦慄が走った。そしてすぐに悟った。正解かどうかわからないけどこの何にも頭を使わなくてもすごせているこの生活が問題だと。それからというもの、卒業して10年経った今も、必ず本を最低一冊は常に読み進めるようにしている。

 要するに、脳が働かなくてもいいんだと思って、退化を始めるんじゃないかと思う。「ゲーム脳」も自分の体験からするとゲーム自体の問題ではまったくないと思う。頭を使わない(特に言語活動はやばいと思う)生活が、脳の機能を間違いなく萎縮させる。 



人気ブログランキング【ブログの殿堂】
 
スポンサーサイト



テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

【2008/03/30 05:31】 | ニュース | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
今日の、『ひと』
 今日の朝日新聞の『ひと』欄から。
両腕がないハンデを克服し、足を使って板書をするという学校の先生、小島裕治さんの話。
 
 事故で腕を失って、失意の日々を送る。4歳の頃の事故だそうなので、新しくやることなすことが周りの友達と違っていたのでしょう。しかし、自分にもできることがることを見つけて、やがて先生を目指し、三回目の挑戦で合格したとのこと。

 内容はここまでにします。一番感銘を受けたのは、最後にあった言葉「成功の反対は、失敗ではありません。何もしないということです」。
 
 別の角度から同じようなことを言う言葉は恐らく他にもあると思います。(今ぱっと思いついたところではボードレールの「この世で殺人よりも放火よりもレイプよりもっとも恐ろしいのは『倦怠』である(悪の華序文からの大意)」) が、実にストレートな、意味明白な言葉ではありませんか。また自分にもよく当てはまるところのある身につまされる部分があるからこそこう思いもするのです。小島さんは教訓としてこの言葉を上から言っているのではなく、何もする前から腕を理由に逃げ回っていた自分から導いたのです。

 失敗ですらない人生なんて、意味がない。死ぬときそう思わないように、努力します。

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

【2008/03/25 23:38】 | 雑感 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
スピーカーの音
 映画館で聴く映画の音、日常的に触れるスピーカーとはやはり差があるなぁと感じます。始めに流れるドルビーのアレが好きだって言う人も結構いたりします。

 映画によっては、非常に細かい音を拾ってそれを生かすものがあります。息遣いとかソファーに座る音とか衣擦れの音とか。音に焦点を当てているのがわかるものは大抵音楽がないか非常に静かで、見ているこちらも音を立てないようにとなぜか緊張したり。

 でも、何か変だと感じることがある。大体、こんな音してないけど?ってことが多い。ため息とか耳の近くの設定で聴くだれかの吐息、あんな重低音が鳴っているのだろうか。鳴っていたとしてもあんなふうに現実の世界で聴こえることなんてないような気がする。
 隅から隅まで意図して創られる映像なのだから、音だってそのように聞こえるように入れているはずだ。だとすると、何がリアルなんだといいたいのだろうか。ああいう風に普段聴こえない音を強調するように入れて、やっぱり映画館で見ないとこんな風には聴こえないよ、どう、リアルでしょ?ってリードしようとしているのかしら。あんな虫眼鏡で拡大したような音、本当に「いい」のだろうか。

 どうでもいいけど、プレーヤー+アンプ+スピーカーで50万くらいのセットが欲しい。これ以上は求めません。。LINNなんかカッコいいなぁ、、

 

 人気ブログランキング【ブログの殿堂】
 

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

【2008/03/22 22:11】 | 雑感 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
なんだこりゃ

 なんだこりゃ、なニュースを見ました。以下、MSNから引用します。
 
 神奈川県警は19日、実際の違反より点数の低い違反で交通反則切符を切ったとして、虚偽有印公文書作成、同行使容疑で、神奈川署地域課の男性巡査(26)を書類送検し、減給10分の1(1カ月)の懲戒処分とした。

 調べでは、巡査は昨年10月6日昼、横浜市神奈川区西大口の県道で、東京都豊島区の男性会社員(57)が左折禁止場所を左折したのを取り締まる際、「免許停止になり、会社を解雇される」と懇願され、違反点数が低い携帯電話使用禁止違反で反則切符を切った疑い。左折禁止違反は2点、携帯電話禁止違反は1点で、男性はあと2点で免停だった。

 2日後、男性が神奈川署に申し出た。男性は「温情には感謝しているが、良くないと思い直した」と話しているという。県警は11月に左折禁止違反で反則切符を切り直した。


 リンク http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/080319/crm0803191644021-n1.htm

 自分で懇願しておいてこの仕打ち。罠にはめたんではないかと勘ぐりたくもなる。ニュースでは簡潔な表現だけれど当然必死に食い下がったことは想像に難くない。自分の父親ほどの年齢の人が必死に頭を下げ、再就職も難しいだろう雰囲気も手伝って、やってはいけないことかもしれないが見逃してあげようか、などと思うのは私は自然なことだと思う。きっと悩んだ末、見逃すのではなく、一点のみ減点の違反に切り替えたのだ。だって見逃せば、虚偽有印公文書作成なんてリスクもないわけだし。やはり反省もしてほしい意味もあって、もちろん簡単に見逃してもらえると思われても困るというのもあっただろう、それで切り替えたのではないか。
 なぜ、突然正義漢ぶるというか、まともなことを言い出すのか。最初から素直に受けていれば、という無念が残るだけだ。(この男性には悪意がないと仮定して)悪意がない人で結果的に間違ったことをする人ほど迷惑なものはない。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】
 

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

【2008/03/20 23:23】 | ニュース | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
注射の針
 注射の針の痛みを軽減していくことは、何年も前から取り組みがあるようですが、遂に実践段階に入ってきたようです。

 http://www.be.asahi.com/be_s/s01.html

 このマイクロニードルは、かなり前に聞いた単語ですが、どうやらこの研究が進んでできたものみたいですね。非常に小さい針自体が、薬の役割を持ち最終的には針が溶けてなくなるってすごいですね。なんにせよ針なんだから痛いだろう、と思うのが心情。しかしこのマイクロニードル、神経に届かない長さらしいので痛まないのだとか。

 記事にも触れられていますが自分で注射を打つ必要のある糖尿病の方等への朗報でありましょうが、気軽に注射が打てるとは、知らず知らずに注射を打ち込むことができるようになるということで、やはり良からぬことに利用されるのが目に見えています。
 近年の技術の進歩は、小型化、デジタル化といずれも素人の手には負えない領域で、もはや原理もよくわからないまま使っている人も多いでしょう。自己防衛には、情報の格差を地道に減らしていくしかないように思います。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

【2008/03/16 23:45】 | ニュース | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
アーティストって
 最近、「アーティスト症候群」という本を新聞の書評で見た。
 
 

 なぜ、これに反応したかというと、もう何年も前から気になっていたことがあったからだ。

 自分が小さい頃は、歌手は「歌手」だった。そのうち、たまに「ミュージシャン」という言葉を見るようになり(厳密に、ミュージシャンという言葉は歌手と同義に使われていたのか疑問。楽器弾きに対してだけ使われていたのかもしれないが自信がない)、そしていつの間にか「アーティスト」と呼ばれていた。
 アーティスト、って単純に芸術家だろう。どうでもいい音楽を垂れ流して、流行に乗らなきゃ売れることもない似非音楽を作る連中が芸術家って自分で思ってるのだろうか、。相当イタい。広義にはもちろん「芸術家」の類ではあろう。しかしそれは小学校の先生が詩を書く時間に「よくできたね!誰が特別でもない、みんな特別で、詩人なんだよ!」というのと大差ない。

  芸術家とは、自分が感じることを、先人がどのように表現してきたかを理解して、では今、自分はどのように表現すべきか、何をすべきか、を模索して提示できる人のことだと思っている。同じことしかできないのは機械の反復であって創造ではない。ポピュラー音楽の世界にあって、ビートルズ(だけじゃないけど)がすでに出て似たような曲があふれかえる現状、エポックメイキングなものは生まれるのだろうか。

 ところで上記の本はまだ読んでいない。たらたらと書いてきたが本の内容とは一切関係なく、また想像して書いたわけでもなく、こういうことが書いてあって欲しいと願って書いたものでもないです。

 そういえば、自分が小さい頃は、CDが発売されたりすると「NOW ON SALE」と良くCMで使われたが、いつの間にか「IN STORES NOW」になっていた。まぁCMですから色んなところに気を使って当たり前だけど。ファッションに手伝ってもらわないと聴けない音楽ってダサすぎる。

 人気ブログランキング【ブログの殿堂】

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

【2008/03/15 23:34】 | 音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
サンスターCM:ルー大柴

 今日、山の手線に乗ると、ルー大柴の広告車両ジャック開催中だった。最近、新聞などでチョコマカと目に入っていたルー語を交えた広告。 、、思い出そうとしたら出てこない。微妙なインパクトなんだなぁ。例を挙げようと思ったのに、、。以下の文章はファンの方には申し訳のないものです。


 http://www.sunstar.com/7.0_press/2008details/2008_0212.html

 謳い文句は、「口内衛生をトゥゲャザーしようぜ!」である。自信満々の笑顔が鼻に付く。結果的にサンスターのCMで、意味合いとしては頭に残っているので、目的はある程度私自身の体験をもって達成されているらしいことは実感した。

 しかし、ルー大柴の口臭がそもそも非常に臭そうなイメージしかないのだが。商品を使っても焼け石に水並みの。衛生的にはなりたいがトゥギャザーはしたくない。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

【2008/03/13 23:32】 | ニュース | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
松本人志の放送室
 土曜深夜のラジオ、松本人志の放送室がCD化ですって。先週だったかな?放送中に高須さんが案内をしていたのでおぉ、と思った。厳選した内容なのかと思ったら、どうも頭から順に一回を一枚に入れているらしい
 http://www.tfm.co.jp/hoso/

 今回は第一巻で、十巻をそろえると、豪華特典があるらしい(当初の応募抽選から変わったようです。当然でしょう)。一巻が5775円なので約6万円、発売のペースにもよるけど、好きならやっぱり高音質で欲しいところ(変なダウンロードとかじゃなく^^ )。

 自分は、相当ひねくれているので、ちょっと正面を見ないというか、外れたところをわざと見てしまう癖があるんです。映画でも、主人公がシリアスに対話していると、「ここがウリ!」って力の入れ具合がわかると、とたんに白けて主人公周りの調度品とか、後ろに立っている重要度の低い人物の芝居をしっかりやっとんのかいなと見てしまう。
 だから、この芸能界の、メディアの中の割と先の方にいるこの人が、そんな銭ゲバ競争からやや外れて好き勝手にしゃべっているこのラジオがとても好きです。だって、誰が好き好んでアメリカの原爆に対する対応にキレる松っちゃんの話を長いこと聞こうっていうの。神経質な彼が、割と常識だったりするのに知らないだけで、慣れないデジタル家電にキレる様が妙にほほえましかったりする、こんな会話が流れ続ける放送室がおもしろい。ガッチガチに構成されたゴールデンのテレビ番組とは完全に対極の、瞬間の視聴率なんてどうでもよいとでも言うような会話。ラジオとは得てしてこういうゆるい時間の流れるものなのかもしれないけど、やっぱり面白い視点で話すところ、たまに笑えないけど、たまに大爆笑を誘う二人の会話が良い。

 

 完全限定生産らしいのでお早めに。



人気ブログランキング【ブログの殿堂】

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

【2008/03/09 01:40】 | ニュース | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
進歩?退歩?
 小田急線内で、朝日新聞の広告を見た。家で読んでいるのだけど、先に電車で紙面組みを変更することを知った。内容は大体以下の通り。文字を大きくして、読みやすく。読みやすさの目安として、ページあたり15段→12段へ変更。それによって、より読みやすい新聞に変わるのだとか。

 http://www.asahi.com/life/update/0217/TKY200802160252.html

 しかし、売り文句はこうだ。「文字を大きく 情報たっぷり」
 最近は春からの紙面のお知らせが一面に出ており、上記のキャッチコピーが印字されている。はて、「文字を大きく」して、「情報たっぷり」とはこれいかに。明らかに情報量は減るだろう。ページ数を増やす、とあるなら別だけど、そんな案内はない。一段11文字を、13文字にするといっても、単純計算で上端から下端までの一列が11×15段=165字から13×12段=156字になるわけで、幅は変えないとのことで約5.7%、ページあたり情報量は減るわけだ。今まで40ページとして、2枚と少し分、文字が減る。
 
 文字が減るとは、記事が減るということだ。その分、浮くモノがあるということで、流行りの実質値上げとしか思えない。



 一方で、昨今の新聞を取り巻く環境は悪化するばかりだ。若者の新聞購読率は1%という。確かに、似たニュースはほとんどネットで見られる。ためしに新聞で見た記事を検索すると、関連記事がわんさと出ることもある。いつだかのテレビで見たが「ネットで見れるのになぜ新聞がいるか」ということを新聞を読まない若い人が言うのはもっともだ。

 しかし、だ。そのネットで見られるニュースを、君が判断して必要な分を本当に選択しているのか。できているのか。これは想像だが、トップニュースをみて、気になる記事をクリックして、あとは芸能ニュースとかを見ているだけではないのか。独禁法改正案が云々、などと容易に表に出ない記事をいちいち検索して探しているというのか。
 少なくとも、それを生業にしているプロの編集者が、恐らくはその社のポリシーに照らして必要な情報を取捨選択しているのが、私も含め大多数の人のそれと比べて劣っているとは思えない。たまに突っ込みを入れたくなる記事もあるけれど、少なくとも頭を使わず(使えず)ネットで十分とのたまう連中とは大分差があるんじゃないか。
 もちろん、情報の選択が出来る人は、ネットほど便利なものはあるまい。特にトレーダー屋さんなんかは情報の選び方、買う先も違うだろう。

 だから、何事にも上達、深化するにはある種の強制が必要だと思う。自分ではそもそも現状以上のことができないのだから、理解できないまま取り組む部分が多数あるのは当たり前なのだし。よくわからなくても、今使えなくても、後でようやく実を結ぶことは本当に沢山ある。楽器でも、スポーツでも、基礎をおろそかにする者に先はない。練達の域に達しても、基礎練習は欠かせないものなのは枚挙に暇がない。後でやっぱり辞めた、とはいつでもできるのだから、少なくとも今は準備だと思って勉強しよう。

 と、自分にも言い聞かせて。放浪は続く。 

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

【2008/03/09 01:05】 | 雑感 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
キャラクター考補足。

 昨日書いた内容についてですが、若干の補足をしてみようかと思いました。
http://kogumamonolog.blog107.fc2.com/blog-entry-54.html
 
 遷都1300年のキャラクター(早く名前決めて欲しい^^)は、愛称を募集中なのですが、数千件の応募がすでにあったとか。それを根拠に、非常に盛り上がりを感じており、奈良のイベントとしてはこれまでなかった感たっぷりらしいのですよ。当然、反響が多いという意味であるので、キャラクターの使用方針が変わるはずもないらしい。
 
 しかし、ああいったマスコットとは、まず愛らしい(可愛い)という前提が一般的な感覚としてある。そしてキャラクター自身が、個性を持ち、イベントに誘導するというか、つながるように仕向けるわけでしょう。もちろん、どんなキャラクターにもアンチはいるはずです。
 が、それは大抵可愛くないから、というものではないでしょう。ムカつく、とかブリっ子すんなとかイライラするとか横っ腹蹴りたくなるとかどちらかというとその可愛さ自体を批判の対象にしている気がするのですよ。可愛いから、なんじゃないかと。

 その点遷都の方(短縮^^)は賛否のそれぞれが全く異質だ。もちろん、キャラクターが必ず大多数に好かれなければいけない理由などないわけで(本来目指すはずだが)、そういう風に成り立ってしまったキャラはそれはそれでキャラになる。外側にいるギャラリーとしてはおもしろいばかりだが、地元で一緒になって応援したり、ボランティア的な活動をする人たちの心情はフクザツではないか。だから白紙撤回運動なるものが地域で発生するのであろう。

 特に目立って好かれも、嫌われもしないキャラクターなどゴマンとあるので、そういう意味では話題なる分いくらかマシなのだろうけど、デザインを著名な人に依頼して審査をして選んで、繰り返すが500万を払うものなんだろうか。


 人気ブログランキング【ブログの殿堂】

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

【2008/03/04 23:30】 | 雑感 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
インサイダー
 インサイダー取引の疑いで現役公認会計士が調査されているとの報道がありました。

 http://www.nikkei.co.jp/news/main/im20080303AS2D0300503032008.html

 このニュース、ビクっとした人が多いのではないでしょうか。証券取引等監視委員会の思う壺というか効果絶大なんじゃないかと。
 知人女性の名義で口座を開き更に別の人の口座を経由して資金を入金し、インサイダーが発覚しないように工作していたらしいのです。金融商品といえば株をちょこっとやる位の横好きには、これだけやっていれば大丈夫(バレない)なんではないかと想像するのですがダメなんですね^^

 以前に不動産業界で働く友人にインサイダーは徹底的に調べられるから気をつけた方がいい、と真面目に言われて(当時彼の勤めていた会社が上場直前だったという時期であった)そうなんかなぁと思ったものだが、、。

 株も下がりっぱなしだし手仕舞いしようかなぁなんて思った次第。

 閑話休題。

 今日素晴らしいキャラクターに出会いました。その名も とつか再開発くん !!とっても気になります。職員の皆さんが一生懸命考えた感じがたまりません(違ったらゴメンナサイ)。

とつか再開発くん


 一方で平城遷都1300年記念事業で話題沸騰のこれ http://www.1300.jp/ に出てくる名称募集中のキャラ。いやぁ、ありえない。第一に可愛くない。まぁ必ず可愛い必要はないわけだが百歩譲っても変だ。仏さまはいくらでもありそうな顔で、それに鹿の角を生やしたシンプルなもの。なぜか著名な「彫刻家」の作品らしいが、これに500万円が著作権料として払われたと聞くとなんともバチがあたりそうだ。そりゃぁ、賛否両論が巻き起こりますよ。遷都1300年も泣く。さらに許せないのがひこにゃんがライバル云々だと。おとといきやがれってんです。


 人気ブログランキング【ブログの殿堂】
  

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

【2008/03/04 00:16】 | ニュース | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |