FC2ブログ
マキアージュのCM音楽
 女性の心をガッチリ掴む為にも、新しい季節の化粧品のCMの存在感は群を抜いているようにいつも思う。男性である私としても、美しい女性がとりわけ美しく映そうと金をかけたCMなわけでそれを見せられて悪い気など起こりようもないのだけれど、一部シャンプー系のCMは納得がいかない。「髪の部分ならこんなに変われるんだよ頑張ろうよ」みたいな。

 特に最近気になったのはマキアージュのCM。今は蛯原友里さん、伊東美咲さんが出ているもの。エビちゃんは特に化粧が特に濃いイメージが強いので、このCM位素肌感があるとぐっとくるものがある。綺麗なんだからもっと勝負すればいいのに。

 しかしそれ以上に気になったのが音楽。聴いたその場で「ヴィヴァルディだ」と思ったもののはて、それ以上なんだかわからない。四季の冬のような感じもするが、似ている曲が多いことでも知られるヴィヴァルディ、すぐにあきらめて検索へ。
 すると出るわ出るわ。皆さん気になっていたのですねぇ。やはりヴィヴァルディで,フルート協奏曲作品10-2『la notte 夜』だそうで。あれ、これ結構ポピュラーだなぁ。CDを漁ってみる。あった。
 この曲は二種類あって、簡単にいって片方は編成が小さく、もう一方は少し大きい編成で演奏されるらしい。CMの方は弦楽合奏を伴う恐らくRV.439。私が持っていたのは弦楽合奏を伴わない室内協奏曲(フルート・2ヴァイオリン・ファゴット・通奏低音)のもの。RV.104。


 この曲を改めて聴くと、CMの妙技がわかる。CMでは明らかに弦楽合奏で演奏されているので前者なのだけれど、CMに合わせて(?)ゲネラル・パウゼ(全休止)がある。モデルさんに目を奪われていると、はたと音楽が止まる。見入っていた自分が一瞬放り出されて、我に返る。とまたその不安を解消するように高揚感のあるフレーズが始まりCMは終わる。
 ゲネラル・パウゼはクラシック音楽において非常に効果的な作曲テクニックの一つである。楽器ごとにある休止とは全く異なり、全員が一斉に演奏を止める。そしてそれは曲の終わりではなく、楽章の終わりでもなく(たまにある)、すぐに次の音が用意される。場面の転換としてだけではなく、無音という音の心理的に存在感のあるものなのだ。

 本来の曲にはないこのパウゼが挿入され、劇的な効果をあげていると思う。しかも、単に編集をしたように聴こえないのだ。パウゼに入る音はフレーズとして終わっていて、しっかりと残響を残しているので、このために録音をしたのではなかろうか。そしてオリジナルでいうとその30秒程飛んだ後のフレーズがパウゼを破ってこの不思議な世界の迫力を印象付けて終わる。うーんうまい。
 
 これがきっかけで何度もこの夜を聴いてしまった。私が持っているのはIGA(イル・ジャルディーノ・アルモニコ)の定番の演奏。小編成なのでそこまでのゴージャス感はないが曲の持つ妖しい雰囲気はたっぷり。表情が豊かに演奏できるフルートに比べ音程のいじれないリコーダーは、そのたどたどしさも相まってこれまた妖艶。
 
ラ・フォリアなど名曲揃い

 IGAの「バロックの過激派」の別名に恥じない力強い演奏。アクセントは弓で首でも切るつもりかと言いたい位のインパクト。前述の検索をしたときに、yahooの知恵袋で○○のCDはCMのものほど疾走感がなくやや不満がある、だから質問者さんはこれより早い演奏を探すと良い云々と答える人がいたけれど、IGAは疾走感ありすぎるので逆にご注意ください。というか同じ曲にすら聴こえないかも(笑)

人気ブログランキング【ブログの殿堂】
スポンサーサイト



テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

【2008/02/23 16:06】 | 音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ついにPCでAMラジオも録音!
 ここ数年の間にも、本当に色んなソフトや機器、グッズが開発されて、特にUSBを利用したものの展開の早さには目を見張るものがあります。

 が、まったく手を出す気になれなかった、ありそうでなかったAMラジオ録音機器が遂に登場したんですねぇ!
 
 
妙なアナログ感も○

 今日の日経で紹介されていました。良く見るとUSB小物で圧倒的な存在感を放つサンコーさんの商品でした。さすがの一言。

 今まではノイズが半端ではなくて、録音どころの話じゃなかったんだけれど、文章を読むとどうもケーブルを長くしたんだから聞こえるでしょ、録音もできるでしょ、みたいなノリ。なんだこのアナログ感。唯一気になるのは電源が入っていないとだめ(休止状態とかもだめ)な所。あれ、でもこれならUSB出力を備えたHDDやフラッシュで一時録音可能なラジオを開発すればいいのでは、、?

 即買いの逸品です!!!

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

テーマ:みんなに知ってもらいたい - ジャンル:日記

【2008/02/17 01:52】 | ニュース | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
薄い携帯
 最近、新聞でもテレビでも携帯電話の春モデルの広告が盛んです。
 今日は、新聞でドコモとauが大きなサイズのものを見ました。どちらも“薄さ”が前面に押し出されていたように思います。

 店頭で触ってみましたが、正直もう使いづらい域に達している気がするのですが私だけでしょうか。グラムで最薄を競っているのを見ると、なんだか馬鹿馬鹿しく見える。新たな機能が埋め込まれる度に少し厚くなったりして、そしてまた薄くする意義を見出して。一体どんな機能がある時に薄さを賞賛してコレだ!と一品をチョイスさせる気なんだろう。機能を省いて薄い、機能を少し盛り込んだから厚い、なんてどの位の消費者が気にしながら買い物をするというのか。

 そろそろ傑作と呼ばれる携帯が出てきてもいいのでは。中身だけは新規に更新していって、不朽の名機みたいのが欲しい。いつ買っても、同じ使い方。少しづつ新しい機能が増えていくだけ。何度買っても、同じ使い方。

 ソフトをダウンロードさせることで、似たような機能は持ちつつあるのかもしれないけど。

 
人気ブログランキング【ブログの殿堂】

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

【2008/02/17 01:36】 | 雑感 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
千人の交響曲
 エリアフ・インバルがついに都響(東京都交響楽団)の主席指揮者に就任する。すでに永い付き合いがあるわけだけれど、ガリー・ベルティーニの死去は大きなオーケストラにとってもインバルにとっても大きな転機であったに違いない。

 どちらも「希代のマーラー指揮者」としての名声を確立ししのぎを削っていた(と思う)。ベルティー二の私にとっての最後のマーラーは、みなとみらいホールでの第九番でした。初めての生で聴く九番。そして結果的にベルティーニが聴けた最後の演奏。また非常に個人的なこととしては、大病をしてから、普段はさほどクラシックを聴かないのになぜかマーラーに目覚めた父を、いつかこのチクルスに誘おうと思ってありがちな照れ臭い親子の間を無視してようやく話をつけた時にはこの九番になってしまっていた。九番は死のイメージがとりわけ強く、勢い良く誘ったものの、曲が曲だということに気が付いたがもう遅かった。
 この演奏にはいたく感動したようで、楽器のことや色々な質問を受けて、興味が沸いた様子でよかった。あ、今も父は健在です。

 強烈に思い出のこびりついた都響のマーラーに、今度は決してベルティーニと意見が交わらなかったというインバルが挑む。
 そして、その就任披露演奏に選んだのは八番「千人の交響曲」。もうこれだけでぞくぞくしてくる。しかも四月の28日、29日、30日と三連続公演。その規模の大きさから、難度が高く演奏機会の少ないこの八番を、インバル/都響ここにあり!と日本中の人に聴き溜めさせんとばかりのプログラムだ。通常出演者が同じで同一演目を、同じ地域で聴けてしまうのは非常にまれでありましょう。私の知り合いも全部行くと豪語しています。チケットとれたのかな^^

 http://www.tmso.or.jp/j/concert_ticket/detail/index.php?id=3179

 私の行く29日火曜(祝日)の公演はチェックした限り売り切れの様子。良い席は発売直後になくなっていたので、相当の人気を伺わせる。今年のベストコンサートに間違いなく一つはカウントされるのではないでしょうか。非常に待ち遠しい限りであります。。

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

【2008/02/12 01:16】 | 音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
伊良部先生シリーズ

 仕事でお付き合いのある方から、奥田英朗の「空中ブランコ」を薦められた。直木賞をとっていて自分も名前だけは知っていたが、まったく読もうとはしていなかった本。おもしろいですよ、といわれて、ふぅーん。で終わっていたのだけれど、先日本屋に次の本を探している時に目に入り読むことにした。

 空中ブランコはトンデモ精神科医の伊良部先生が登場する第二作。一作目の「イン・ザ・プール」をとりあえず読む。おもしろい。きっともう有名だし私が解説するのも野暮だけれど。声に出して笑いそうになる本ってなかなか出合わない。どちらかと言うとにやりとさせられるウィットに富んだ笑いの経験が本では多かったのでとても新鮮。
 
 
イン・ザ・プール

 
空中ブランコ

 無茶苦茶な言動で患者を引っ張りまわすのだけれど、結局それが患者の快方へ向かう。しかもそれは患者自身が解決のきっかけをつかみ実践していくタイプのもので、心の病の世界においての文字通り、「治すのは医者ではなく患者」を地で行く。なんだかんだといい話だなぁと感じさせ、「伊良部先生、全部計算なんでしょ?」と何度も聞きたくなる。しかし、作者の巧妙なところは、伊良部先生は常に計算ではなく真面目に生きているだけなのだと振舞わせることだ。ここで患者を本気にさせるために悪役芝居を続けるヒーローにするとまったくつまらないものになっているんだろうなぁ。

 そういえば、サラリーマンNEOにこういう設定のコントあったなぁ。生瀬勝久さんと原史奈さんのコンビで、生瀬さんがやっぱり無茶苦茶なことを言って、セクシー看護士の原さんがサポート。原さんはグラビアやってた頃に比べると少しふくよかになったけれど、あのくらいが一番素敵に見えるなぁ。まぁもっともこちらは何も解決せずに、患者は不満が残り、二人は自己満足するパターンなんだけど。参考にしているとしか思えない、、。

 自分の中の伊良部先生は、完全に俳優の六角精児さんなんです。六角さんをもっと太らせて、ぶよぶよにさせた感じ。あのいやらしい感じが出せるのはこの人しかいないのでは。映画では松尾スズキさんが主演されたみたいです。確かに強烈なアクが予想できます。そのうち見よう。

 
 六角さんに喚起されて。
 本を読む人が少なくなっているとか言う昨今だけれど、本ほど自己満足度の高い充足感を得られるツールもないと思うのだけどなぁ。誰かが決めた素材と色と、配置と世界を提示されるのではなく、与えられた文字だけでその世界が徐々に水から氷へビデオを逆再生するように構築されて、自分だけの小説世界ができあがる。またその想像が、これから文字によって引き起こされる起承転結を、サポートし始める。小説世界の中の出来事がよりリアルに描かれる。文字→イメージの一方通行ではなく文字→イメージ→文字のループが展開される。欠けることで補完されるものって、脳をものすごく刺激しているのだと実感する。ラジオも同じ。

 そう脳を使った人と使わない人って、絶対人生に違いがあると思う。『持続勃起症』が面白いのだってこのせいです。


人気ブログランキング【ブログの殿堂】

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

【2008/02/09 23:52】 | | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ゴルフ。
 最近、フォルクスワーゲンの車に惹かれています。特に小型車好きなのですが、最近とみに目が行く。ポロやゴルフやら。
  http://www.volkswagen.co.jp/index2.html

 で、新聞で昨日?広告を見た。GTIエンジンだかが高馬力を維持しながら燃費効率が非常に高いのだとか。排気量が低いのに馬力が2サイズ上のエンジンと同じか同等以上なのだから、実際驚くべきことなのだろう。
 
 感心しながら見ていると、肝心の表示がどこにもない。リッターあたりの走行キロ数だ。環境にいい、いいとアピールしておいて、それはないんじゃないか。HPに確認しに行くと、小型の代表ポロで、13~14キロとなっている。確かに、走らないわなぁ。半分の値段のマーチが約20キロですから、実際に走ると7~8割てとこで、ようやく走る方の部類の世界。でもここを意識して敢えて燃費表示をしないのでは、非常にあざとさが感じられる。

 もし、同じ事を逆に言うと「この車は他社小型車より3割もムダを出しますが他社には真似できない燃費効率の良いムダの出し方をします。すごいでしょう!」って感じか。意味ないね。

あ、ついでに。プリウスを売って英雄視されているようなトヨタ、本当に環境のことを考えてるならなんで糞ムダの多いピックアップ生産やめないかね。金もうけたいなら儲けたい、ってだけはっきり言えばいいのに。環境云々なんて二枚舌使わないでさ。


人気ブログランキング【ブログの殿堂】
【2008/02/05 00:41】 | 雑感 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |