FC2ブログ
歴史的録音
あぁ、またやってしまいました。忙しさに感けて、また放置されたブログ、、。

 先日、ひょんなことから仕事上で知り合った、某銀行の役員の方。最初は仕事の話をしていたのですが、私が以前は音楽の仕事をしていました、と言ってからが大変、その方は絵に描いた様な昭和クラシック大好き親父だったのです。もう同席していた先方の営業員なんていないも同然で音楽の話に。

 とても楽しく、ヨーロッパの音楽周遊の話など、沢山の興味深い話を聞かせていただきました。その話の途中で植村攻さんを知っているか、と聞かれました。正直知らなかったのですが、20世紀の中期に海外で仕事をされ、その傍らコンサートに行きまくったという当時の日本人としてはかなり希少な存在の方なんです。

 本をプレゼントする、と仰るので、恐縮して当然自分で買います!いただくなんて、、と話したのですが、翌週、本当に営業さんを使いに差し向けられ、受け取ってしまいました。

 正直この手の本は、あまり読んでこなかったのです。よほどの実用性がないと、読む気になれないし、また実際の鑑賞にそこまで役立たないと思っていたからです。しかし、読んでみるとこれが面白い。非常に古い録音しか残っていない指揮者の名前は知っていたけれども、実際にそんな録音を聞くにはなれなかった。音悪いんだもん。という感じ。でもこの本を読んで一気に印象が変わった。聴いてみたい!と。

 何よりもこの植村さんの記憶力に脱帽する。色々の当時の資料等、もちろん検証された上で書いているのでしょうが、それでも尚、驚愕に値する。指揮者の立ち居振る舞い、まさしく一挙手一投足を生々しくよみがえらせる。さまざまな表現を見るに付け、あぁ、このワーグナーはどんなにすばらしいのだろう、と想像して、普通のCD屋では置かないような、歴史的録音に手が伸びるのだ。思い出して聴く人にはよいけれど、初めて触れる方としてはなかなか聴きづらい。でも本に沿って確認していくのは、とても楽しい。


 とここまで書いて思ったこと。伝説、って非常に簡単に使われます。最近。奇跡の~とかも。しかし、記録媒体の進歩が激しく、もはや重要な出来事はカメラに収められる時代になってしまって、もはや「伝説」なんかなくなっている。どうにか追体験ができる程度の、限界だらけの音源や映像を見て「こんなもんか」とあっさり流される。自分も含めて、未熟な判断しかできない者が簡単に映像やCDを手に入れて、簡単に評価して、簡単に良し悪しを決めてしまう。もちろん、どんな人にとってもその時点でできる限界は常に限界として存在して、それ以上の判断・評価を下すことはできないのだけれど、「好き」か「嫌い」かだけで取捨してしまっては、自分の批評能力や、聴く力は伸びないではないか。自分が理解できない何か、をせめて存在だけでも感じ取って、嫌いだけれどこれはすごい、引き続き追求してみよう、と余地を残すべきだと思う。

 だから、植村さんのような話が、とても大切なんだと思う。それ自体(この場合音楽・音源そのもの)ではなく、それがどのような捉え方、聴き方をされたのか、背景にあるもの、そういったいわゆるその場の空気というものを、少しでも感じるべきだと思う。そうでもしなければ、無理解なまま放り投げてしまうことしかできない。

 世界で最初に発明されたもの、車や飛行機、機関車らを見ればよくわかる。どうにか残った写真を見ると、なんともみすぼらしいではないか。でも、それを見て馬鹿にするだろうか。子供でもそんなことはしない。まぁかと言って偉大だ!と大げさに思うことも少ないけれど。

 音楽にあっても、少し聴いてノイズが多いだとかスピードが変だとか音程が変だとか、それだけで捨ててしまってはもったいない。今の巨匠達の演奏はそれらの演奏の積み重ねや発展したものなのだから。
 
 まさしく伝説、として聞き伝わったものは非常に強力な力を持って、イメージにこびりつく。この伝説、もっと大切にしないと文化って衰退しそうだ。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

スポンサーサイト



テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

【2007/12/31 01:07】 | 音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
来日ラッシュ
 モットーが中途半端というだけあってか、さっそく更新が途絶えた我がブログ。アランを引き合いに出して大風呂敷を広げたことの恥もいざ知らず。恐る恐るカウンターを見てみると、毎日数人の方が(まぁ偶然でしょうけど)訪れてくださっている。意を新たに頑張ります。

 先日、コンサートに行って参りました。ひとつはクリスティアン・ツィメルマンとギドン・クレーメルのデュオ、今ひとつはドレスデン国立歌劇場のオペラ。どちらもミーハーととられかねない程超・有名ですね。

 今日はまず前者の感想から。このコンビは、言うまでもなくヨーロッパツアーにおいて絶賛を博し、単に客寄せにビッグネームが並んだだけではないことは知っていました。が片や厳格な演奏活動で知られるツィメルマンと、型破りな芸風のクレーメル、どんな演奏になるんだろうと変な話だけれど心配すらしていたのです。水と油の様なイメージ。

 実際の演奏に触れると、そんな心配はどこかに消え、ただただ惹きこまれました、、。息がぴったり、といいたいところが微妙にそうではない。クレーメルは飛び出して行きそうだけれどツィメルマンは飛び出しては行こうとしない。二人で押し問答をしているようだった。
 前半のブラームスは、とてもクラシカルな演奏だったと思う。三番のラストは、息を飲むアッチェレランド。少し速過ぎた気もするけれど、とても自然に持って行った。この二番、三番の二曲は、もう一度聴いてみたいです。自分の咀嚼力の低い耳が恨めしい、、。

 後半のフランクのソナタは、もちろん期待していたけれども、とても個性的な演奏でした。いわゆるフランクらしい、ロマンチックな色気はどこにもなかった。CDで聴くよりもはるかに繊細なクレーメルの、弾けてしまいそうな弦。前半から気になっていた、ダブルストップの時(もしくは音程差のある移弦に見えた)に音が消えノイズが何度も出ること。後半になっても特に改善されなかったところを見ると、あれはトラブルでもノイズでもなんでもないのかもしれない。あの張り詰めたぎりぎりの音を出すために、必要悪となったものだったとも今になっては思います。


 アンコールのラグ・ギドン・タイムが素敵でした。現代作曲家カンツェーリがクレーメルにプレゼンとしたとか。ワルツが始まりそうで始まらない、もしくはワルツから音を抜き取った残りのような、とにかく演奏するなら心臓が止まりそうなコワい曲。飛び石を飛ぶように音と音の間が空いているのです。息合わせるの大変だろうなぁ。曲間には親の仇のように咳払いをする咳払い大好き日本人も、この曲の持つ緊張感にいやでも引き込まれます。音なさ過ぎて、どんな小さな咳も出来ない!とばかりに。音の余韻と、無音の音楽を堪能できる曲でした。

 最近は仕事が多くてなかなかコンサートこれませんでしたが、やっぱり、生ですねぇ。
 次回はなるべく空けずにオペラ報告します(笑)


 
ラグ・ギドン・タイム収録のCD

 
新定番と呼び声高いツィメルマンのラフマニノフ




 人気ブログランキング【ブログの殿堂】


 

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

【2007/12/09 23:50】 | 音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |