FC2ブログ
カンキョウモンダイ
 今日、某社の車のCMを見て思いました。ハイブリッドで、非常に環境によい、とのこと。実際、とても良い数字が提示される。しかしセダンで、3リッターで、燃費が従来の○倍、とか、不毛に感じる。本当に環境を考えるのなら小型車だけでもういいでしょう。
 
 結局、車の会社は、利益を追求するという企業としての最優先の使命、存在意義があるのだから、自然と矛盾した響きが出てくるわけですよね。だって、車に乗らないことが一番いいわけだから。

 前々から思ってきたことだけれど、「ついにタブーを破った」というような扱われ方で、新聞そのものについて糾弾した文章をネットだったと思いますが、先日読みました。要は環境問題も重要なテーマとして当然新聞各社も扱ってきているが、新聞という日刊で紙を消費する、先端を行く資源消費の権化は始めからその言動には矛盾がある、というような文章でした。またそこには、あまり素人は知らないような、部数を維持するために新聞社、販売店らが行うあこぎな手法も紹介されていて、面白く読みました。
 電子ペーパーのようなものの実用化が見えてきている今、新聞はどこへ行くのでしょうか。

 最近、石油価格の上昇からバイオ燃料への期待が急激に高まっています。新聞を読んで、関連記事のない日はない、くらいの注目度です。消費大国アメリカもついに重い腰を上げて取り組みを始め、そのバイオ燃料を確保するために争奪戦がおきているとか。またそのためにトウモロコシなどもともと食用として重要な役割を果たしている穀物が、まったく関係のなかった分野から買い付けを受けて価格が上昇、人間が食べるだけでない、家畜の飼料などにも、深刻な影響が出始めています。
 さらに、バイオ燃料を生み出すために木を伐採したり、バイオ燃料そのものを精製するのに燃料が必要、など問題が噴出しています。

 また飛びますが、すっかりおなじみになった「再生紙」ですが、てっきり環境によい、と思ってしまいますがどっこい、その再生紙を古紙から作り出すのに、大量の燃料を使用して、却って環境に悪い、とか。

 ペットボトルの回収率は、この10年の取り組みでずいぶん良くなっているそうです。しかし、生産量・消費量そのものが倍増しているので、ゴミの量としては増えまくっているとしか思えません。なんだかなぁ。

 家電もリサイクル法だかで金をとって、立派に運用されているようですが、最近良くニュースになっています。きちんと回収・リサイクルされず、第三国へ下取りに出されていると。


 言葉の響き・音と、内容はまったく別のものになりえます。外来語が新鮮に聞こえたり便利に使えるのは、その背後にある歴史的な背景などが一切感じられない、見えないからだと思いますが、環境問題も、それを考えている、取り組んでいるんだ、というだけで満足してしまっているような気がします。「カンキョウモンダイ」という音だけで、、。

 リサイクルだとか、環境によい、だとか聞こえのよい言葉ばかり見ていると、まったく違うことが同時に進行しているものなんですね。なかなか新しい視点でものを見るのは大変なことですが、日ごろから心がけて行く必要がある、と思います。そうでないと、テレビみたいな思考停止させてくるものに飲み込まれてしまいます。
 

 人気blogランキングへ
 
スポンサーサイト



テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

【2007/08/31 02:09】 | 雑感 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
機知
 オートミールという食べ物料理?がある。以前から海外の映画などで目にしたりしたことは何度もあるが、食べたことはない。カラス麦(オーツ)をすりつぶして、牛乳とまぜ、煮たものらしい。ちょっと検索してみると、おいしいもの、という扱いを受けているわけではないことはすぐにわかるが、健康ブームの昨今、健康食品として食される方も多い様です。

 少し前の日経の「やさしい経済学」のヒュームの回で紹介されたやりとり。18世紀イングランドの文壇の権威であるジョンソン博士は、愉快な辞書(著書でしょうか?)のなかで、オーツを「イングランドでは馬にやり、スコットランドでは人を養うもの」と説明したそうな。

 小ばかにしたのですね。それに対し、スコットランド人ジェイムズ・ボズウェルは、「あぁ、だからイングランドでは名馬が育ち、スコットランドでは人材が生まれるのですね」とやり返したんだそう。
 この話がこんな風に残るからには、ジョンソン博士はぐうの音も出ないほどピシャリとやられたことは雰囲気でわかります。

 その後の文章で、松井教授は「18世紀スコットランドの知的社会を見事に言い当てている」とそのくだりを締めています。

 これがその場の会話?だとしたらなおさらなのですが、日々小さな事に腹を立てる自分にもう少し余裕がほしい、と思うわけです。もし何かいわれても、さらっと心の余裕をもって対応したいなぁ、と。

今日のジムの帰り、エレベーターで降りていると、途中で大人4人子供3人くらいの家族?とおぼしき集団が乗ってきました。おそらく飲み屋か何かの階だったと思います、お父さんらしき人は少し酒臭い感じ。その父親は小さい子供が喜ぶと思ったかエレベータの中でドンドンと跳ねる。私は当然不快に思い、一瞥くれてやりましたが特になにも言わず、そのまま一階に着いて降りました。

 関係のない他人が乗っているにも関わらず、あんなことして止まりでもしたらどうしてくれるんでしょうね。そう思うとなんか言ってやればよかったかな、なんて。
 子供が乗っていたのを利用して、「夏休みだからってはしゃいじゃだめだよ」とか。「あれ、大きい子供さんですね」「いいとも審査通って夏休み企画出れるんじゃないですか」とか。


 、、ぜんぜん機知じゃないか。お粗末さまでした。

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

【2007/08/14 01:06】 | 雑感 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
衛生管理者
 現在、日本では一事業所につき50人以上の従業員が働いている場合、全て衛生管理者を配属、任命しないといけないのはご存知でしょうか。

 500人までの場合、二人というように人数に合わせ衛生管理者も増えますが、50人の営業所が10箇所ある会社ならば、一事業所につき、なので衛生管理者は10人必要になります。おそらく任命していないと、産業医と同じで指導が入るのですよね。

 先日私の会社でも不在なことが問題となり、一番若い私が試験受けて来い!となり受けてきました。結果的には、会社の業種の問題で簡単なほうの「第二種衛生管理者」を取得すればよいことになり、勉強の結果合格しました。

 が、気になるのは試験の方法です。私は神奈川在住なので関東安全衛生技術センターで試験を受けるのですが、

http://www.cc.rim.or.jp/~kanto3/

 1都9県(東京・神奈川・千葉・群馬・山梨・埼玉・栃木・茨城・長野・新潟)がここで試験を受けなければならないのです!千葉の能満という、交通機関も通常ない(試験の日に臨時のバスが出るがすし詰め状態)ところで、、。全国のあらゆる会社が対象のこの資格、こんな融通のきかない方法でとらせようなんて納得がいかない。事実、私が行った時(七月)には、もう9月の試験の申し込みがいっぱいになっていました。月に3度も試験があるのに、です。そして出張試験があるのですがそれは年に一度だけ。申込書を見ても出張試験のあることはわかりません。民間もしくは公的機関の実施する資格取得講座(5~10万!!)に出れば、おそらくそういった情報も得ることはできましょう。しかしちゃんとした案内を見たのは、その能満のセンターに行って初めて見ました。しかもその出張試験、申し込み期間がわずか数日しかない。

 もうね、国家資格試験とは思えないマイナーさです。私は神奈川だからまだしも(それでも自宅から三時間半)新潟とか長野から来る方の苦労といったら。どうせ会社命令が多いから自己負担はないだろ、って思ってるのかもしれんが冗談じゃない。どれだけ民間に負担をかけるのだ。非常に特殊な試験ならば人数も少ないし会場が多くないとか年に数回しかないとか理解できるけれども。

 愚痴ってしまいましたがぜひ改めてほしいものです。

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

【2007/08/12 23:49】 | 仕事 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ドイツ居酒屋
 先日、新橋にあるドイツ居酒屋へ行ってきました。
 http://r.gnavi.co.jp/a722201/

 最初は有楽町ガード下にあるバーデンバーデンへ行こうとしたのですがいっぱいだったため姉妹店に案内され、5分ほど歩いて新橋寄りにある店になりました。夏休み直前の金曜ではさすがに混んでましたが、新橋の方は少しひっそりした場所にあるせいかガード下よりは入りやすい状態でした。こちらの方が建物の造り上天井も高く、開放感があってよかったです。

 定番のザワークラウトからソーセージ、スペアリブとガツガツと胃に詰め込みましたが、それが進むのもやはりビール好きには有名というこの店ならではの豊富なドイツビールのせい。私は特にビール好きというわけでもないので飲んだことのないものばかりでしたが、とりわけコストリッツァーがお気に入りに。

 ドイツでは生の定番銘柄のようですが、今まで見たことなかった(気にしたことないだけ)です。独特の甘さ(カラメル?)が際だって、ギネスよりもすっきりとして、非常に飲みやすい。とてもおいしい。今また飲みたい。

 メニューに、文豪ゲーテが愛飲した、との説明がありました。16世紀からある老舗ブランド、歴史を感じます。もっといろんな店にないかどうか、気にしてみます。もしコストリッツァー、他に飲めるお店ご存知でしたら、どなたかぜひご教示ください。
 
 そういえば煮込み系の品をひとつも頼まなかった、、。ハンバーグの原型?のとか、鍋料理とか。また行かなければなりませんです^^
 
 コストリッツァーHP貼ります。英語選択可能。
http://www.koestritzer.de/?id=1&intro=1

 
 body.jpg

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【2007/08/11 23:55】 | | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ビアガーデン
 ビアガーデンに行ってきました。品川にある京品ホテルです。

 http://www.keihin-hotel.co.jp/

 私個人はあまりこだわりはないのですが、やはり会社にはつきものです、ビール党による聖地巡礼。しかしこの夏休み直前、平日とはいえ行こうとした店ほとんどが予約席分がすでにいっぱい、と断られる。電車を乗り継ぎ馳せ参じようとするものにとっては、予約は重要。仕方なく(悪い意味ではないですw)よくうちのビール党が使う京品ホテルへ。あまり行けない特徴的なところに行きたかったんですね。

 入ってすぐに満席となり、空いていた予約席もどんどん埋まる。それにしても本当に好きなんだなぁ、私は暑くてもういやだったのですが、暑いからこそビールを消費していく同僚達。早々とカクテルなどを飲んでいたらふざけんなと一喝(笑)。

 まぁ一番大変なのは冷房もなく酔っ払いの相手をひたすら続ける店員さんでしょうね。

 次回は冷房の効いたところに行きたいなぁ。

 

テーマ:お仕事日記 - ジャンル:日記

【2007/08/09 01:17】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
どうしましょう?って
 グーグル日本法人社長の村上憲郎さんの話を先日日経で読みました。
どこに仕事場が移っても、「どうしましょう?」を部下の禁句になさっているそうです。

 要約すると、その仕事の現場を知る人間からの提案が一番なのに、現場がトップに白紙委任してしまうのはナンセンス。だから複数案を提示させて、検討したものを尊重する、と。トップは意思決定の責任だけとれば、いいと。

 んな無責任な言葉、、と思いながら、結構自分は使っているかもしれないと思い悩む。仮に上司が部下を信頼して意思を尊重してくれる人でなかったとしても、やはり「どうしましょう?」というセリフ自体が半分以上責任転嫁の文句だから、自分一人でも禁句にしていくことには意味がありそうです。
 
 先入観を排して、なるべく沢山の選択肢を頭に浮かべて比較検討する、そういうプロセスが身につきそうです。というより身に付けないといけません。

 すぐ実践しよう!みなさんも、いかがですか?

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

【2007/08/07 01:18】 | 雑感 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
ワインも減反?
 やぁ、ようやくワインの話題になりました。
 
 朝日のweb版に以下の記事が出ていました
 http://www.asahi.com/international/update/0804/TKY200708040130.html

 大勢を占めるEU圏のワインが、過剰生産気味だから抑えましょう、またそれによって補助金がカットできるから減反、減反、と。減反というと当然のごとく米がすぐに思いつくわけですが、ワインが余ってしまう時代なんですね。自由競争も大変です。まぁユーロが強すぎてさらに向かい風なんでしょうね。これがきっかけでワインだけ安くなりませんでしょうか。国内の主要インポーターは軒並み値上げに踏み切っていますから。

 記事を読むと「補糖を禁ずる」という内容にも触れています。

 以下引用 「醸造の過程で糖分を加える「補糖」の禁止を提案したことについて、ドイツが反対している。寒冷なドイツではブドウの糖度が低く、補糖した方が生産しやすいためだ。」
 ドイツだけが強く反対しているような書き方なのですが補糖って常に醸造に関わってくるのではなかったかしら、、。
 いずれにせよ、世界的な気候の急激な変動(温暖化)でワインの生産可能ラインが当然移動していくといわれる中、既存の主要生産国、ワイナリーは難しい舵取りを迫られることは必至ですよね。新しい技術の開発等にお金がかかるでしょうに、新世界に押されて売り上げが減り、仕方なく減産、では泣きっ面に蜂です。でまた失業問題、と。
 
 EU加盟国が増える中、国民投票で加盟を否決する国があるのも無理はないのかもしれません。そういえば5月の日経で、温暖化ガスの排出規制に、審議中の航空機や自動車に続き、船舶も対象にすることが報じられていました。世界の海運に影響必至。ワインを輸入したい会社はEU圏を避けて運行したいのは当たり前だ。加えて原油高。あーもうわかりませんごめんなさい。話広げすぎました。
 
 、、いや、広がらざるを得ないのがこのグローバル化した世界の必定なのでしょうか。頭を整理しながら、また日々勉強しなければ。失礼しました。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

【2007/08/05 00:31】 | | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
四つの最後の歌
 今回は、リヒャルト・シュトラウスの「四つの最後の歌」について書きます。
 私はこの曲が大好きで、中でも第二曲「9月」が何よりも好きで、この世で一番美しい歌だと思っています。もし不慮の死を遂げたらば、この曲をどうか葬送の際にかけてほしい、と大事な友人に頼んでいるくらいです。これが聴けたならば、迷わず成仏できる気がするのです(本気)。

 リヒャルト・シュトラウスと言えば、楽劇「サロメ」を始めとするオペラの傑作群、そして何より映画「2001年宇宙の旅」で有名な「ツァラツストラはかく語りき」の第一曲目でしょう(最近はこれよりもボブ・サップの入場曲として有名でしょうか。あ、サップも古い?)。
 そのシュトラウスが、晩年、床にありながら書き続けた曲の中でも、飛びぬけているのがこの四つの最後の歌、と言われています。シュトラウスの曲は、似たフレーズが繰り返し現れることも有名です。ですから、初めて聴く場合でも、シュトラウスっぽい、とすぐに気付くこともあります。

 しかし、(あくまで私にとって)四つの最後の歌は格別に、まるで別人の作曲のように響くのです。
 一番最後に書き上げたという「9月」のあの最後のホルンソロ(曲順は、シュトラウスの希望で作曲順になっていない)。シュトラウスは病弱で、何度も死に苛まれそのつどそれを音楽にぶつけ、「死と浄化」などの名曲を書いてきたが、このいよいよ死ぬか、という人の生命力、創造力はどうだろう。あまりにも美しい、悲しい様で死を肯定的に受け入れようという叙情に満ちたメロディーを、シンプルで音の少ないソロを、死の間際になって、いまさらこの希代の大作曲家が生み出すのだ。

 死ぬことは普通怖いことだとイメージされているけれども、そのエネルギーが前向きに昇華されると、人間はこんな力を与えられるのか、と感動を覚えずにはいられません。きっと、シュトラウスも若い時分に死と戦った時には、まだ生きたい、という「希望」を見出していたと思いますが、この曲を書いたときには、まったく違う達観した世界から音楽を産み落としていたのではないでしょうか。単なる音楽なんですけれども、曲を深く理解するためには、こういう視点というか、作曲者の心情や、周辺の知識はとても重要な役割を果たすと思います。

 「9月」ばかりについて書いてしまいました。がほかの三つももちろん素晴らしいです。歌詞はドイツ語ですが、もし訳も見ず、ドイツ語もわからず聴いたら、果たしてどんな感想を持つのだろう、とたまに考えます。それ位に明るさというか平穏な、安らかな気分に満ちているからです。

 ちなみに、私の「四つの最後の歌」の印象は、グンドラ・ヤノヴィッツ(S)/カラヤン指揮・ベルリンフィルの演奏によるところが非常に強いです。カラヤンはオケ曲ではアンチの方も多いですが、歌曲やオペラには非常に定評があるのですね。「カラヤンはつねに歌手のために魔法の絨毯を敷いた」とはジェシー・ノーマンの言葉(国内盤のライナーノーツから引用)。まさに言葉どおり、ベルリンフィルは完全にヤノヴィッツに寄り添い、全てが同調して一体となって聴き手に迫ります。
 



 
 歌詞は、1「春」2「9月」3「眠りにつこうとして」が日本人にもなじみの深いヘルマン・ヘッセの詩で、4曲目の「夕映えのなかで」が唯一、シュトラウスがもっとも好きだったというアイヒェンドルフの詩が使われています。

 ところで、通常この曲はこれまでも表記したように「四つの最後の歌」と書かれるのですが、この「最後」って何の最後なのか疑問があります。シュトラウスの作曲順として、最後の歌曲(もしくは単に、曲)である、という意味なのか、それとも人生の末期に書かれたという意味を持つべきものなのか、二つ思いつきます。まず、もし後者ならば「最後」ではなく「最期」であるべきなのは当然です。そして前者は、順番としては「最後」、だけれども、同時に「最期」でもあるのだから、やありこの場合も「最期」がしっくりくると思うのですがどうなのでしょうか。原語では両方含んでいそうで日本語表記の云々は不毛な気もしますが、、。「四つの最後の歌」と「四つの最期の歌」。若干印象違ってきますね。


 あまりにも有名な曲の、あまりにも有名な演奏を私がいまさら取り上げるのも何なのですが、私の人生に深く根をおろしつつあるこの偉大な音楽に、やはり触れずにはおれませんでした。ご存じない、という方はぜひ、お手にとってみてください。


テーマ:日記 - ジャンル:日記

【2007/08/03 23:56】 | 音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
方言
 今日、仕事は休みをいただきました。買い物を済ませ、なかなか行けない銀行に行きました。通帳を更新しようとしたら、「ATMでできます」ですって。ぜんぜん知らなかった。少し前までは必ず店頭での作業だった気がするのだけれど。届出印の印影のコピー問題から通帳に貼らなくなって、それが功を奏すというかATMでも発行できるようになったのでしょうか。

 その後、ジムへ行き、運動。木曜だというのに人が多いこと。夏休みで多いのかと思いましたがどうやら皆さん学校の帰り、仕事の帰りにさっと運動してさっと帰宅している様子。ははぁ、こうやってできるだけ毎日運動しているのかと。偉いなぁ。

 がっちり8時まで汗を流してから、最後英会話へ。ロンドンっ子のキャサリンの発音にも慣れてきたのに、来週で最後のレッスン。次に進んでよし、とのことでひとつクラスが上になります。非常に不安。

 ところでここでスラングやら方言などのスタンダードではない言葉?についての話になりました。日本でも訛り、は沢山あるけれども、九州地方や沖縄は、各単語のみならず全体的に理解できなかったりします(すみません私が関東人なのでこの視点です)。英語でもあるの、と聞いたら、一時アメリカのケンタッキーにいた頃、周りの人全員が何を言っているのかわからなかったそう(!)。元彼の地元であったらしいのですが、大変な思いをしたみたいです。
 日々英語をマスターしようとがんばっているわけですがせっかく話せるようになってもネイティブが困る様な英語があるのかと思うと先が、、思いやられます。。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【2007/08/03 02:03】 | 勉学 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
無線
 先日、会社の先輩が富士山に登って来ました。もう幾度となく登っている常連さんなのですが、私は今回参加せず、無線機で交信して、電波で頂上までひとっとびというわけです。

 先方は頂上にいて、私は家の近くに富士山を直接見渡せる開けたところがあるのでそこまで歩いて行って、合図があるのを(携帯での連絡なんですこれがw)待って交信開始。富士山はこの日厚い雲と霧に覆われていたらしく、ご来光もまともに見れなかったそう。そのおかげか電波も予想よりも届きが悪い。今回初挑戦だった40代の先輩の様子など聞いて、五分ほどで交信を終了。

 携帯で合図するくらいならそのまま話せば、というのはごもっともですね。その先輩はあえてこの時代に未だドコモのムーバをねばっこく使っているのですが。その理由は、こういった山岳地帯で一番電波がつながりやすいからなんだそうです。アンテナが立っているところはもちろんですが、非常に弱いところでも直進性が強い電波帯のため威力を発揮するんだとか。実際auは頂上ではまったく繋がらなかったそう。

 しかし、まぁいわゆるアマチュア無線機で、付属の単なるアンテナで、大体直線で50キロほどだけれども簡単に交信できるのですね。小学生のころに資格を取って近所の友達連中と夜中まで遊んでいたのはとても楽しかったけれど、こんな使い方をするとは。携帯をはじめとするインフラは、とても便利ですがいつダウンするかわかりません。某社の光回線は簡単にしかも大規模にストップしてくれますよね。まったくたまりません。
 
先日の中越地震もそうですが、いざ、という時に単体で直接連絡が取れて、しかも不特定多数に発信できる無線は、この高度な時代にあって基本的に存在意義は狭くなるけれども、一部分で非常に重要なものとなるのだなぁと改めて思いました。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【2007/08/01 01:54】 | 未分類 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |